研究者
J-GLOBAL ID:201801003109559951   更新日: 2018年12月25日

三宅 真紀

MAKI MIYAKE
所属機関・部署:
論文 (56件):
  • 三宅真紀. 語彙多様性指標からみる新約聖書ギリシャ語校訂本の分類-決定木モデルによる文学類型および著者の判別を中心として-. 統計数理研究所共同研究レポート, 405:実践計量文体学:ジャンル,トピック,キーワード. 2018. 35-54
  • 三宅真紀. 異読距離から測る人工写本の系統樹推定-校合様式の違いによる推定結果の比較-. 統計数理研究所共同研究レポート, 386:テクストマイニングとデジタルヒューマニティーズ. 2017. 31-44
  • 三宅真紀. 新約聖書写本の類似性に関する予備研究-基準本の違いによる異読の計量分析-. 言語文化研究プロジェクト:電子化言語資料分析研究 2015-2016(大阪大学大学院言語文化研究科). 2016. 55-70
  • 三宅真紀. ネットワークによるディケンズ・レキシコンの視覚化-辺媒介性に基づくグラフクラスラリング手法の適用-. 言語文化研究プロジェクト:電子化言語資料分析研究 2014-2015(大阪大学大学院言語文化研究科). 2015. 29-40
  • Hiroyuki Akama, Maki Miyake, Jaeyoung Jung, Brian Murphy. Using Graph Components Derived from an Associative Concept Dictionary to Predict fMRI Neural Activation Patterns that Represent the Meaning of Nouns. 2015. 10. 4
もっと見る
書籍 (2件):
  • 『コーパスとテキストマイニング』金明哲・石田基広(編)
    共立出版 2012
  • 『言語研究と量的アプローチ』石川有香他全6名
    金星堂 2016
講演・口頭発表等 (36件):
  • 因子分析による共観福音書問題の解析
    (文理シナジー学会・コルプス情報学研究会第一回研究会 2000)
  • 使用単語の因子得点に基づく福音書ジャンルの特徴考察
    (文理シナジー学会平成16年度大会 2004)
  • The Frame Problem in Text Analysis
    (The 26th Annual Meeting of the Cognitive Science Society 2004)
  • Statistical Natural Language Processing Method for Variant Texts Segmentation
    (The 27th Annual Meeting of the Cognitive Science, Convention Centre of Stresa 2005)
  • The Computed Synoptic Table: Tele-Synopsis for Biblical Research
    (The Association for Computers and the Humanities/Association for Literary and Linguistic Computing 2005)
もっと見る
受賞 (4件):
  • 2014/05 - 大阪大学 大阪大学総長奨励賞研究部門
  • 2012/07 - 大阪大学 大阪大学総長奨励賞研究部門
  • 2007/11 - PACLIC21 (Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation) Best Paper Award Hierarchical Structure in Semantic Networks of Japanese Word Associations
  • 2007/06 - Alliance of Digital Humanities Organizations Conference Bursary Award A Network Structure of the Synoptic Gospels Employing Clustering Coefficients
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る