研究者
J-GLOBAL ID:201801003282063040   更新日: 2019年10月23日

小長井 一男

コナガイ カズオ | Konagai Kazuo
所属機関・部署:
職名: 学術代表
研究分野 (2件): 地盤工学 ,  構造工学・地震工学・維持管理工学
研究キーワード (4件): 斜面災害 ,  防災工学 ,  地盤工学 ,  地震工学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2024 スリランカにおける降雨による高速長距離土砂流動災害の早期警戒技術の開発
  • 2016 - 2019 地震後に変形が加速する伏在不安定斜面の抽出と崩壊時リスク評価
  • 2014 - 2017 地震が引き起こす深層,浅層地盤内の変形,応力変化の抽出と国土保全への反映
  • 2011 - 2014 地震断層沿いに生じる地盤のラグランジアン変位の抽出と防災対策・国土保全への反映
  • 2008 - 2011 地震後長期に継続する地形変化の科学的調査と復興戦略への反映
全件表示
論文 (149件):
  • 佐藤 京, 小長井 一男, 池田 隆明, 西 弘明. 凍結した表層地盤が群杭と地盤の相互作用に与える影響の評価手法. 土木学会論文集A1(構造・地震工学). 2019. 75. 4. I_426-I_432
  • Alessandra Mayumi NAKATA, Kazuo KONAGAI. Overall features of multiple landslides along Trishuli River triggered by the 2015 Gorkha Earthquake, Nepal. JSCE Journal of Earthquake Engineering, Ser A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE)). 2019. 75. 4. I_554-I_561
  • Kazuo KONAGAI, Alessandra Mayumi NAKATA. Runouts of landslide masses detached in the 2018 Hokkaido Eastern Iburi Earthquake. JSCE Journal of Disaster Fact Sheets. 2019
  • Large ground deformations caused by the 2018 Hokkaido Eastern Iburi Earthquake. JSCE Journal of Disaster FactSheets. 2018
  • Sassa Kyoji, Konagai Kazuo. Establishment of ICL-Japan for the Kyoto 2020 commitment. LANDSLIDES. 2018. 15. 11. 2109-2111
もっと見る
書籍 (10件):
  • Mechanics of Granular Materials
    Balkema 1999 ISBN:90 5410 461 9
  • Real time control of shaking table for the simulation of structure-base interaction during earthquakes : report of research project 1998 Grant-in-Aid for Exploratory Research, no. 09875109, the Ministry of Education, Science, Sports and Culture
    [s.n.] 1999
  • Shaking table test allowing interpretation of damage to structure in terms of energy influx and efflux through soil-structure interface
    [小長井一男] 2000
  • A workshop on seismic fault-induced failures : possible remedies for damage to urban facilities : Jan. 11-12, 2001, auditorium, RCAST, Univ. of Tokyo : JSPS research project 2000
    [s.n.] 2001
  • 地盤と構造物の地震工学
    東京大学出版会 2002 ISBN:4130611224
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1973 - 1975 東京大学 工学部 土木工学科
  • 1975 - 1979 東京大学 工学系研究科 土木工学専門課程
経歴 (6件):
  • 1979/04 - 1981/02 長岡技術科学大学 助手
  • 1981/02 - 1987/03 長岡技術科学大学 助教授
  • 1987/04 - 1997/03 東京大学 助教授
  • 1997/04 - 2013/03 東京大学 教授
  • 2013/04 - 2018/03 横浜国立大学 教授
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2008/07 - 2009/03 国連開発機構 Supervisor of CICETE and the United Nations Development Programme (UNDP), Project Number: CPR/09/211
  • 2007/07 - 2008/03 文部科学省 2008年5月中国四川地震調査団団長
  • 2007/07 - 2007/07 土木学会 2007年7月16日中越沖地震被害調査団(第1次)団長
  • 2005/10 - 2005/11 土木学会 2005年10月8日パキスタン地震被害調査団(第1次)団長
  • 2004/10 - 2004/11 土木学会 2004年10月23日中越地震被害調査団(第1次)団長
全件表示
受賞 (5件):
  • 2019/06 - 土木学会 土木学会功績賞
  • 2017/12 - 土木学会地震工学委員会 論文賞
  • 2016/11 - 浙江省岩土力学与工程学会 科学技術賞
  • 2013/06 - 地盤工学会 地盤工学会論文賞(英文論文部門)
  • 1994/05 - 土木学会 土木学会論文賞 LAT(レーザー援用トモグラフィー)による粒状体構造変化の可視化
所属学会 (5件):
日本地震工学会 ,  日本活断層学会 ,  ダム工学会 ,  地盤工学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る