研究者
J-GLOBAL ID:201801003296096285   更新日: 2020年12月09日

村上 敬一

KEIICHI MURAKAMI
研究分野 (1件): 日本語学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2022 『瀬戸内海言語図巻』の追跡調査による音声言語地図の作成と言語変容の研究
  • 2016 - 2019 コホート系列法による若年層方言の動態研究
  • 2011 - 2014 本四架橋全通と市町村合併にともなう環瀬戸内海方言の変容
  • 2009 - 2012 宮崎県の方言動態および方言使用と話者心理に関する研究
  • 2008 - 2011 九州新幹線開通と市町村合併にともなう九州方言の変容
全件表示
論文 (32件):
  • 村上 敬一. 日本短期研修を通じた日本語習得と日本語に対する意識 : 台湾の日本語学習者を例として. 徳島大学総合科学部言語文化研究. 2013. Vol.21. 107-119
  • 村上 敬一. 地域方言の変容と多層化に関する事例研究 その2. 文林. 2010. Vol.44. 1-17
  • 村上 敬一. 地域方言の変容と多層化に関する事例研究 その1. 文林. 2009. Vol.43. 1-16
  • 村上 敬一. 九州地方における大陸文化の受容と残像. 第5回応用日本語学術研究会論文集『中・日・韓三国における人文科学研究とその応用. 2009. 15-28
  • 村上 敬一. 香川県東讃地域における高校生の方言意識. 文林. 2008. Vol.42. 59-74
もっと見る
MISC (13件):
  • 村上 敬一. 2007?2009年度 日本語教育能力試験 合格するための問題集. 2009. 106-113
  • 村上 敬一. 芸予接境域における高校生の言語意識 -瀬戸田高校・弓削高校全校方言調査より-. しまなみ架橋による地域方言の変化. 2005. 43-58
  • 村上 敬一. 東西日本アスペクト・テンス分布図. H16年度 科研費報告書 CD-ROM版. 2005
  • 村上 敬一. 西日本の可能表現に関する調査報告書. 2004
  • 村上 敬一. 対人的言語行動からみた関西方言の現在と他方言との比較. コミュニケーションの地域性と関西方言の影響力についての広域的研究. 2003. 84-92
もっと見る
書籍 (17件):
  • 鉄道沿線と関西弁
    2018
  • 新日本言語地図
    朝倉書店 2016
  • はじめて学ぶ方言学 ことばの多様性をとらえる28章
    2016
  • 県別方言感情表現辞典
    2015
  • 県別罵詈雑言辞典
    東京堂出版 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 災害時における地域方言をめぐって
    (韓国日本語学会第37回春季学術研究会 2018)
  • 災害時を想定した実践方言研究の試み
    (第1回実践方言研究会 2017)
  • イノベーションの観点から見た日本の言語教育
    (2017全球化創新経営管理国際研討会 2017)
  • コホート系列法による地域方言研究と社会活動の実践
    (育達科技大学2017年應用日語學術研討會 2017)
  • 地域方言を題材とした高大連携による教育活動の実践
    (日本方言研究会第104回研究発表会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1998 - 大阪大学大学院文学研究科日本学専攻単位取得退学
経歴 (5件):
  • 2017/04/01 - 徳島大学大学院社会産業理工学研究部教授
  • 2013/04/01 - 徳島大学総合科学部准教授
  • 2003/10 - 神戸松蔭女子学院大学文学部 准教授(助教授)
  • 1999/04 - 神戸松蔭女子学院大学文学部 専任講師
  • 1998/04 - 東京都立大学人文学部助手
受賞 (1件):
  • 2015/09/28 - 総合科学部 共通教育賞 2015年度前期「共通教育賞」
所属学会 (6件):
韓国日本語学会 ,  九州方言研究会 ,  変異理論研究会 ,  社会言語科学会 ,  日本方言研究会 ,  日本語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る