研究者
J-GLOBAL ID:201801003358542732   更新日: 2022年01月31日

山田 剛史

Yamada Tsuyoshi | Yamada Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: 非常勤講師
研究分野 (1件): 整形外科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2020 抗がん剤の骨内局所投与による骨転移がんの局所制御
論文 (87件):
  • Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Jun Oyama, Nobuhiro Sugimura, Takashi Akada, Takaaki Sugino, Motonori Hashimoto, Shingo Morishita, Takuya Takahashi, Takayuki Motoyoshi, et al. Detecting ossification of the posterior longitudinal ligament on plain radiographs using a deep convolutional neural network: A pilot study. The spine journal : official journal of the North American Spine Society. 2022
  • Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Kazuyuki Otani, Shigeo Shindo, Kouichi Mizuno, Kazuo Kusano, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, et al. Pelvic incidence is a risk factor for lower instrumented vertebra failure in adult spinal deformity patients who underwent corrective fusion terminating at the L5 vertebra. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2021
  • Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Shuta Ushio, Shingo Morishita, Satoru Egawa, et al. Anterior Cervical Corpectomy with Fusion versus Anterior Hybrid Fusion Surgery for Patients with Severe Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Involving Three or More Levels: A Retrospective Comparative Study. Journal of clinical medicine. 2021. 10. 22
  • Tsuyoshi Yamada, Toshifumi Kudo, Atsuyuki Kawabata, Toshitaka Yoshii. Upper limb gangrene due to a subclavian arterial thrombosis associated with thoracic outlet syndrome following cervical spondylotic amyotrophy. Journal of Surgical Case Reports. 2021. 2021. 11
  • Tatsuya Yamamoto, Eijiro Okada, Takehiro Michikawa, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Yamada, Kei Watanabe, Keiichi Katsumi, Akihiko Hiyama, Masahiko Watanabe, Yukihiro Nakagawa, et al. The impact of diabetes mellitus on spinal fracture with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis: A multicenter retrospective study. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2021
もっと見る
MISC (192件):
  • 牛尾 修太, 中井 修, 進藤 重雄, 大谷 和之, 山田 剛史, 大川 淳. 椎間孔内黄色靱帯骨化による神経根症状を呈し手術治療を要した1例 画像上の自然経過を含めて. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2021. 33. 3. 319-319
  • 山田 剛史, 牛尾 修太, 大谷 和之, 進藤 重雄, 大川 淳, 中井 修. メタボリックシンドローム,胸椎黄色靱帯骨化症,腰椎不安定症を合併したびまん性特発性骨増殖症患者の治療経験. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2021. 33. 3. 321-321
  • 新田 智久, 大谷 和之, 進藤 重雄, 草野 和生, 三宅 論彦, 山田 剛史, 牛尾 修太, 林 直輝, 岡田 浩典, 中井 修, et al. 重度の不安定性のため複数回の再手術を要したびまん性特発性骨増殖症(DISH)に合併したReverse Chance骨折の1例. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2021. 33. 3. 411-411
  • 大谷 和之, 進藤 重雄, 草野 和生, 三宅 論彦, 山田 剛史, 牛尾 修太, 中井 修, 大川 淳. 脊椎固定術後の後彎変形に対するPSOによるサルベージ手術. Journal of Spine Research. 2021. 12. 3. 73-73
  • 草野 和生, 進藤 重雄, 大谷 和之, 三宅 論彦, 山田 剛史, 牛尾 修太, 中井 修, 大川 淳. 成人脊柱変形矯正手術後の中期成績と脊柱アライメント 術後5年Follow up症例の検討. Journal of Spine Research. 2021. 12. 3. 95-95
もっと見る
書籍 (1件):
  • 別冊整形外科No.68 整形外科領域における移植医療
    株式会社南江堂 2015 ISBN:9784524277681
講演・口頭発表等 (105件):
  • 環軸椎亜脱臼に対する手術成績と関連する因子についての検討
    (第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019)
  • 多椎間連続型胸椎黄色靱帯骨化により胸髄症をきたした若年女性の治療経験
    (第68回 東日本整形災害外科学会 2019)
  • 近位型頸椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の成績と関連する因子
    (第92回 日本整形外科学会学術総会 2019)
  • 近位型頸椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の成績と因子
    (第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019)
  • 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対する3 column osteotomyとLLIF併用後方矯正固定術の比較研究
    (第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 東京医科歯科大学
  • 東京医科歯科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (9件):
  • 2020/05/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 整形外科学分野 非常勤講師
  • 2019/05/01 - 2020/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 整形外科学分野 非常勤講師
  • 2018/05/01 - 2019/04/30 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 整形外科学分野 非常勤講師
  • 2017/05/01 - 2018/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 非常勤講師
  • 2016/07/01 - 2017/03/31 東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る