研究者
J-GLOBAL ID:201801003460830351   更新日: 2022年04月14日

国府島 庸之

Kohjima Motoyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (2件): 急性肝障害 ,  非アルコール性脂肪性肝炎
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 細胞間相互作用に着目したNASHの発症・進展機構の解明と医学応用
  • 2017 - 2020 肝細胞癌における糖・脂質代謝の変化とその発癌・悪性化への関与に関する検討
  • 2018 - 2019 閉経後女性のNASH発癌抑止を目指して
  • 2016 - 2019 末梢血単核球を用いた急性肝障害における免疫システム異常の評価
  • 2018 - 2018 ニコチンが非アルコール性脂肪肝炎の発症と進展、発癌に与える影響
全件表示
論文 (109件):
  • Imoto K, Tanaka M, Goya T, Aoyagi T, Takahashi M, Kurokawa M, Tashiro S, Kato M, Kohjima M, Ogawa Y. Corticosteroid suppresses urea-cycle-related gene expressions in ornithine transcarbamylase deficiency. BMC Gastroenterol. 2022. 22. 1. 144-144
  • Goya T, Imoto K, Tashiro S, Aoyagi T, Takahashi M, Kurokawa M, Suzuki H, Tanaka M, Kato M, Kohjima M, et al. The efficacy of tofogliflozin on metabolic dysfunction-associated fatty liver disease. Gastroenterol Insights. 2022. 13. 1. 20-26
  • Goya T, Kurashige T, Kurokawa M, Tanaka M, Aoyagi T, Takahashi M, Imoto K, Tashiro S, Suzuki H, Kato M, et al. The combination of nucleotide analog therapy and steroid pulse therapy for acute HBV infection effectively promotes HBV clearance. Gastroenterol Insights. 2022. 13. 1. 1-8
  • Tashiro S, Tanaka M, Goya T, Aoyagi T, Kurokawa M, Imoto K, Kuwano A, Takahashi M, Suzuki H, Kohjima M, et al. Pirfenidone attenuates acetaminophen-induced liver injury via suppressing c-Jun N-terminal kinase phosphorylation. Toxicol Appl Pharmacol. 2022. 434. 115817-115817
  • Tocan V, Hayase J, Kamakura S, Kohda A, Ohga S, Kohjima M, Sumimoto H. Hepatocyte polarity establishment and apical lumen formation are organized by Par3, Cdc42, and aPKC in conjunction with Lgl. J Biol Chem. 2021. 297. 6. 101354-101354
もっと見る
MISC (13件):
  • 国府島庸之, 伊藤美智子, 小川佳宏. NASH動物モデル. 2019
  • 国府島庸之. 海外文献紹介-プロラクチンはCD36経路を介して肝脂肪化を改善する-. 2018
  • 国府島庸之, 小川佳宏. 非アルコール性脂肪性肝疾患 (NAFLD). 2018
  • 国府島庸之, 加藤正樹. C型肝炎ウイルス排除は糖質代謝、脂質代謝にどう影響するか. 2018
  • Enjoji M, Kohjima M, Ohe K, Yao K. How and why do lipid droplets accumulate in gastric epithelial neoplasm?. 2017
もっと見る
書籍 (3件):
  • C型肝炎ウイルス排除は糖質代謝、脂質代謝にどう影響するか
    日本内科学会 2017
  • 糖尿病合併症
    最新医学社 2017
  • 薬剤耐性変異がIFN-free DAAs治療効果に及ぼす影響
    メディカルレビュー社 2017
講演・口頭発表等 (82件):
  • 代謝異常と肝疾患 〜アルコール性肝障害と非アルコール性脂肪性肝疾患〜
    (Japanese Practice of Preventive Medicine 2022)
  • NASHの発症・進展における炎症細胞社会の時空間的変化の解明
    (新学術領域 予防を科学する炎症細胞社会学 公開シンポジウム 2022)
  • 肝非実質細胞に注目した閉経後NASHの発症・増悪メカニズムの解析
    (第44回日本肝臓学会西部会 2021)
  • 病理学的に特徴的所見を呈したAbemaciclibによる薬物性肝障害の2例
    (第44回日本肝臓学会西部会 2021)
  • 一細胞遺伝子発現解析を用いたNASH病態進展における非実質細胞の量的・質的変化の解明
    (第57回日本肝臓学会総会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2004 九州大学
  • 1991 - 1997 九州大学
経歴 (10件):
  • 2020/04 - 現在 九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学 准教授
  • 2016/04 - 2020/03 九州大学病院 肝臓膵臓胆道内科 助教
  • 2013/07 - 2016/03 国立病院機構 九州医療センター 消化器内科 医長
  • 2010/04 - 2013/06 国立病院機構 九州医療センター 消化器内科 医師
  • 2006/07 - 2010/03 Baylor College of Medicine Postdoctoral associate
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018/04 - 2028/05 九州大学 免疫チェックポイント阻害剤適正化使用委員会
  • 2020/04 - 2028/03 九州大学 肝臓移植委員会 委員
  • 2016/04 - 2020/03 九州大学 腎臓移植小委員会 委員
  • 2017/04 - 2017/09 九州大学 医療安全管理部員
  • 2016/10 - 2017/09 九州大学 リスクマネージャー
受賞 (7件):
  • 2018/10 - 大和証券ヘルス財団調査研究助成
  • 2018/04 - 喫煙科学研究財団 喫煙科学研究財団研究助成
  • 2017/04 - ギリアド株式会社 ギリアド研究助成プログラム
  • 2016/06 - 武田科学振興財団 武田科学振興財団 医学系研究奨励助成
  • 2012/04 - 国際科学技術振興財団 国際科学技術振興財団 消化器領域研究助成
全件表示
所属学会 (4件):
日本肝臓学会 ,  日本内科学会 ,  日本消化器病学会 ,  European association for the study of the liver
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る