研究者
J-GLOBAL ID:201801003564747944   更新日: 2020年04月02日

藤山 あやか

Toyama Ayaka
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (3件): ピアノ ,  幼児教育 ,  音楽教育
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2021 多文化共生社会の実現に向けた器楽教育に関する日独比較研究
  • 2018 - 2019 教員養成における実践的音楽教育活動の具現化に向けた取り組み
論文 (7件):
  • 藤山あやか. ドイツの音楽教育における多文化共生に向けた取組み -ハンブルク州 Jedem Kind ein Instrument プロジェクトの事例から-. 滋賀文教短期大学紀要. 2020. 22. 29-38
  • 平井敏孝 伊藤孝子 藤山あやか. 保育者・教員養成段階におけるキャリア形成支援 -インターンシップの効果的な実施方法を探る-. 滋賀文教短期大学紀要. 2020. 22. 17-28
  • 藤山あやか. 短期大学における音楽アウトリーチ活動の可能性 -日独親善交流音楽会での実践を通して-. 滋賀文教短期大学紀要. 2019. 21. 65-75
  • 藤山あやか. 音楽科教育における鑑賞教材を通した授業づくりについて -主体的学びの実現に向けた指導法の提案-. 滋賀文教短期大学紀要第20号別冊「子ども学科研究実践等報告集」. 2018. 20. 172-182
  • 藤山あやか. ドイツの音楽科教育および「ムジークシューレ」について-シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州・アーレンスブルクの事例から-. 滋賀文教短期大学紀要. 2018. 20. 35-41
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • ドイツの音楽教育における多文化共生に向けた取り組み -ハンブルク州 JeKi プロジェクトの事例から-
    (全国大学音楽教育学会令和元年度中・四国地区学会研究会 2019)
  • 既存のスタンダードなあそび歌分析 -乳幼児の発達に着目して-
    (全国大学音楽教育学会令和元年度中・四国地区学会研究会 2019)
  • ドイツ・ハンブルク州における器楽教育の実際について -JeKiプロジェクトの事例から
    (全国大学音楽教育学会第35回全国大会〈札幌大会〉 2019)
  • ドイツにおける初等音楽教育の実際~Jekiプロジェクトの事例を中心に~
    (全国大学音楽教育学会中・四国地区学会研究発表 2018)
  • アクティブラーニングを用いた授業実践~ドラムジカを中心に~
    (全国大学音楽教育学会中・四国地区学会研究発表 2017)
Works (4件):
  • 国際親善交流音楽会
    Matthias Erben, Martijn dendievel, 市川克明, 伊藤千佳, 藤山あやか 2020 -
  • 京都交響楽団・弦楽メンバーによる演奏会「弦楽四重奏とピアノアンサンブル」
    藤山あやか 2020 -
  • 日独親善交流音楽会
    藤山あやか 2018 -
  • Woodwind quintet "Fianxhetto"
    藤山あやか 2018 -
学歴 (3件):
  • 2020 - 東京学芸大学 大学院連合学校教育学研究科 芸術系教育講座
  • 2015 - 2017 愛媛大学 教育学部 教育学研究科教科教育専攻音楽教育専修
  • 2011 - 2015 愛媛大学 教育学部 芸術文化課程音楽文化コース
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (愛媛大学)
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 滋賀文教短期大学 講師
  • 2017/04 - 2018/03 滋賀文教短期大学 助教
所属学会 (3件):
全国大学音楽教育学会 ,  日本乳幼児教育学会 ,  日本保育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る