研究者
J-GLOBAL ID:201801003584604228   更新日: 2022年07月30日

齋藤 輝

サイトウ アキラ | Saito Akira
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): スポーツ科学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2022 - 2023 末梢神経刺激トレーニングが筋機能を向上させる神経機序
  • 2021 - 2023 ストレッチングと電気刺激を組み合わせた身体コンディショニング
  • 2021 - 2022 中枢神経回路の疲労回復を促進する技術
  • 2018 - 2021 筋持久力の向上を目的とした直流刺激法の開発
  • 2017 - 2020 力調節機能を規定する神経機序の課題依存性
全件表示
論文 (38件):
  • Daijiro Abe, Kiyotaka Motoyama, Takehiro Tashiro, Akira Saito, Masahiro Horiuchi. Effects of exercise habituation and aging on the intersegmental coordination of lower limbs during walking with sinusoidal speed change. Journal of physiological anthropology. 2022. 41. 1. 24-24
  • Takaki Yamagishi, Akira Saito, Yasuo Kawakami. Determinants of whole-body maximal aerobic performance in young male and female athletes: The roles of lower extremity muscle size, strength and power. PloS one. 2022. 17. 1. e0262507
  • Maya Hioki, Nana Kanehira, Teruhiko Koike, Akira Saito, Kiyoshi Shimaoka, Hisataka Sakakibara, Yoshiharu Oshida, Hiroshi Akima. Relationship between adiponectin and intramuscular fat content determined by ultrasonography in older adults. PloS one. 2022. 17. 1. e0262271
  • Akira Saito, Kento Nakagawa, Yohei Masugi, Kimitaka Nakazawa. Intra-limb modulations of posterior root-muscle reflexes evoked from the lower-limb muscles during isometric voluntary contractions. Experimental Brain Research. 2021
  • Hikaru Yokoyama, Atsushi Sasaki, Naotsugu Kaneko, Akira Saito, Kimitaka Nakazawa. Robust Identification of Motor Unit Discharges From High-Density Surface EMG in Dynamic Muscle Contractions of the Tibialis Anterior. IEEE Access. 2021. 9. 123901-123911
もっと見る
MISC (24件):
  • Maya Hioki, Nana Kanehira, Teruhiko Koike, Akira Saito, Kiyoshi Shimaoka, Hisataka Sakakibara, Yoshiharu Oshida, Hiroshi Akima. Adiponectin Is Inversely Associated With Estimated Intramuscular Fat Index In Middle-aged And Elderly Adults. MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE. 2017. 49. 5. 238-238
  • Hiroshi Akima, Akito Yoshiko, Aya Tomita, Ryosuke Ando, Akira Saito, Madoka Ogawa, Shohei Kondo, Noriko I. Tanaka. Relationship Between Quadriceps Femoris Echo Intensity And Functional And Morphological Characteristics In Older Men And Women. MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE. 2017. 49. 5. 239-240
  • 大塚俊, 齋藤輝, 前大純朗, 江間諒一, 田中史子, 柴田重信, 川上泰雄. 加齢が大腿部・腰部の個々の筋量・筋力に及ぼす影響とその性差. Journal of Training Science for Exercise and Sport. 2017. 28. 3
  • 前大純朗, 齋藤輝, 大塚俊, 単西瑶, 金久博昭, 川上泰雄. 大腿四頭筋の伸張性運動で生じる筋損傷の好発部位とその課題依存性. Journal of Training Science for Exercise and Sport. 2017. 28. 3
  • 齋藤輝, 齋藤輝, 前大純朗, 前大純朗, 池田尚樹, 大塚俊, 河越勇紀, 西田和正, 塩谷彦人, 山岸卓樹, et al. エリートアスリートの随意最大筋力に影響する因子. 日本トレーニング科学会大会プログラム・抄録集. 2017. 30th
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2010 - 2015 名古屋大学大学院 教育科学専攻
  • 2006 - 2010 三重大学 学校教育教員養成課程 保健体育コース
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 九州産業大学 健康・スポーツ科学センター 助教
  • 2017/04 - 2020/03 日本学術振興会特別研究員PD 東京大学 博士研究員
  • 2016/04 - 2020/03 日本大学 経済学部 非常勤講師
  • 2015/04 - 2017/03 早稲田大学 スポーツ科学研究センター 研究助手
  • 2013/04 - 2015/03 日本学術振興会特別研究員DC 名古屋大学
受賞 (4件):
  • 2019/09 - 日本体力医学会 国際学術交流奨励賞
  • 2018/09 - 日本体力医学会 国際学術交流奨励賞
  • 2017/10 - 日本トレーニング科学会 トレーニング科学会奨励賞
  • 2016/10 - 日本トレーニング科学会 トレーニング科学会大賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る