研究者
J-GLOBAL ID:201801003603328300   更新日: 2022年03月23日

邉見 由美

HENMI Yumi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (2件): 巣穴 ,  共生
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2021 日本海における巣穴形成ベントスとその共生生物相の解明
  • 2018 - 2019 テッポウエビ類の巣穴に住み込む無脊椎動物相の解明および共生性甲殻類による巣穴利用生態
  • 2018 - 2019 ハゼとテッポウエビの相利共生の進化過程:スジハゼ類による条件的共生の生態解明からのアプローチ
  • 2014 - 2015 クボハゼとチクゼンハゼの生息環境保全に向けた甲殻類の巣穴利用生態の解明
  • 2014 - 2015 黒潮流域における希少ハゼ類の共生生態学
全件表示
論文 (26件):
  • Edouard Lavergne, Manabu Kume, Hyojin Ahn, Yumi Henmi, Yuki Terashima, Feng Ye, Satoshi Kameyama, Yoshiaki Kai, Kohmei Kadowaki, Shiho Kobayashi, et al. Effects of forest cover on richness of threatened fish species in Japan. Conservation Biology. 2021
  • 邉見由美, 渡辺 萌. 若狭湾から得られた日本海初記録となるタネハゼCallogobius tanegashimae. 2021. 68. 183-188
  • Kristian Q. Aldea, Yumi Henmi. New record of the symbiotic alpheid shrimp Stenalpheops anacanthus Miya, 1997 from the middle of the Sea of Japan. Kuroshio Science. 2021. 15. 10-13
  • Ryutaro Goto, Yumi Henmi, Yuto Shiozaki, Gyo Itani. Giant spoon worms pumped out of their deep burrows: Field collection of the main bodies of Ikeda taenioides (Annelida: Thalassematidae: Bonelliinae) in 88 years. Plankton and Benthos Research. 2021. 16. 3. 155-164
  • Kristian Q. Aldea, Yumi Henmi, Gyo Itani. Ontogenetic changes in cheliped and uropod morphology of the symbiotic shrimp Stenalpheops anacanthus Miya, 1997 (Decapoda: Caridea: Alpheidae): implications for the taxonomy of the genus. Journal of Crustacean Biology. 2021. 41. 2. ruab029
もっと見る
MISC (20件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • Interdisciplinary Studies for Integrated Coastal Zone Management in the Region along the Kuroshio
    2022
  • 海岸動物の生態学入門 ベントスの多様性に学ぶ
    海文堂出版 2020
講演・口頭発表等 (4件):
  • ハゼとヤビーポンプ〜エビの巣穴を間借りするハゼの話〜
    (2018年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会・合同大会 オンライン大会 2020)
  • 若狭湾から採集されたスナモグリ科の未記載種
    (日本甲殻類学会第57回大会)
  • Patterns of shrimp burrow use and host specificity in esturine gobioid fish species
    (The 3rd Asian Marine Biology Symposium 2017)
  • PO-51 自然体験3種の授業形態が児童に及ぼす意識変化 : 小学校内の植物園を活用して(ポスター発表)
    (日本理科教育学会全国大会要項 2014)
学歴 (3件):
  • 2015 - 2018 高知大学大学院
  • 2013 - 2015 高知大学大学院
  • 2009 - 2013 高知大学 学校教育教員養成課程
学位 (1件):
  • 博士(学術) (高知大学)
経歴 (6件):
  • 2021/05 - 現在 京都大学 フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所
  • 2019/11 - 2021/04 京都大学 フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所 特定研究員
  • 2018/12 - 2019/10 京都大学 学際融合教育研究推進センター 特定研究員
  • 2018/08 - 2018/11 京都大学 フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所 特定研究員
  • 2018/04 - 2018/07 京都大学 フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所 博士研究員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2020/09 - 日本ベントス学会奨励賞
  • 2019/10 - 日本甲殻類学会 口頭発表優秀賞 若狭湾から採集されたスナモグリ科の未記載種
  • 2017/09 - 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会大会 口頭発表優秀賞
  • 2017/05 - 日本生態学会中国四国地区会 ポスター発表最優秀賞
  • 2016/05 - 日本生態学会中国四国地区会 ポスター発表優秀賞
所属学会 (7件):
日本理科教育学会 ,  The Crustacean Society ,  日本甲殻類学会 ,  日本ベントス学会 ,  日本生態学会 ,  日本魚類学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る