研究者
J-GLOBAL ID:201801003906909453   更新日: 2022年09月17日

宇田川 敦史

ウダガワ アツシ | Udagawa Atsushi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://au-lab.com
研究分野 (4件): 社会学 ,  科学社会学、科学技術史 ,  教育学 ,  デザイン学
研究キーワード (6件): メディア論 ,  メディア技術史 ,  メディア・リテラシー ,  メディア・デザイン ,  デジタル・メディア ,  プラットフォーム
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 メディア・インフラに対する批判的理解の育成を促すリテラシー研究の体系的構築
論文 (5件):
  • 宇田川 敦史. 検索エンジンのメディア・インフラ・リテラシー-アルゴリズムの介在に気づくワークショップ-. 教育メディア研究. 2021. 27. 2. 121-132
  • 水越 伸, 宇田川 敦史, 勝野 正博, 神谷 説子. メディア・インフラのリテラシー -その理論構築と学習プログラムの開発-. 東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究. 2020. 98. 1-30
  • Atsushi Udagawa. Historical Media Discourses of Search Engine Rankings in Japan. Journal of Socio-Informatics. 2019. 12. 1. 1-13
  • 宇田川 敦史. 検索エンジン・ランキングのメディア史--パソコン雑誌における検索エンジン表象の分析. マス・コミュニケーション研究. 2019. 94. 131-149
  • 宇田川 敦史. ランキングのメディア論-検索エンジン・ランキングの歴史社会的構成-. 東京大学大学院学際情報学府 修士学位論文. 2018
MISC (8件):
  • 宇田川 敦史. レビュースコアの「アルゴリズム」はなぜ非公開なのか?. 講談社 現代新書Web. 2022
  • 宇田川 敦史. 「グーグルの収入源はあなたのプライバシー」便利な検索が無料で使える本当の理由. プレジデントオンライン. 2021
  • 宇田川 敦史. 検索エンジンもSNSも...ネットに埋め込まれた「ランキング」の功罪. 講談社 現代新書Web. 2021
  • 宇田川 敦史. Appleが「利用者のプライバシー保護」を強化する「戦略的理由」. 講談社 現代新書Web. 2021
  • 宇田川 敦史. タダほど高いものはない?ネットサービス無料の「気持ち悪い」カラクリ. 講談社 現代新書Web. 2020
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (1件):
  • ソーシャルメディア・スタディーズ
    北樹出版 2021 ISBN:9784779306617
講演・口頭発表等 (12件):
  • 「検索エンジン最適化(SEO)」の言説史
    (武蔵社会学会 2022年度年次大会 2022)
  • 『ポストメディア・セオリーズ』書評会(評者)
    (伊藤守編著『ポストメディア・セオリーズ:メディア研究の新展開』書評会 2021)
  • Google Search Engine as “AI”: Historical Discourses about Search Engine Optimization (SEO) in Japan
    (AI and Society: New Media Literacy and Politics Webinar 2021)
  • 検索エンジン・ランキングのメディア論
    (Beyond AIグローバル・フォーラム BAIRAL第1回研究会 2020)
  • メディア・インフラを異化するためのワークショップ実践: 検索エンジンのメディア・リテラシー育成
    (2019年度日本教育メディア学会第26回年次大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2018 - 現在 東京大学 博士課程
  • 2016 - 2018 東京大学 修士課程
  • 1997 - 2001 京都大学 基礎科学科人間情報論専攻
学位 (1件):
  • 修士(学際情報学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2022/04 - 現在 武蔵大学 社会学部 メディア社会学科 准教授
  • 2021/04 - 現在 早稲田大学 教育学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 東京藝術大学 音楽学部 非常勤講師
  • 2009/09 - 2022/03 楽天株式会社
  • 2020/04 - 2021/03 明治学院大学 文学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2021/07 - 現在 日本メディア学会 ネットワーク社会研究部会幹事
  • 2019/07 - 2021/06 日本マス・コミュニケーション学会 事務局幹事
  • 2019/07 - 2021/06 日本マス・コミュニケーション学会 広報委員
受賞 (3件):
  • 2020/06 - 講談社 研究者のための現代新書新人賞 優秀賞
  • 2019/03 - 公益財団法人 電気通信普及財団 第34回電気通信普及財団賞 テレコム社会科学学生賞
  • 2018/03 - 東京大学 大学院学際情報学府 優秀修士論文 専攻長賞
所属学会 (3件):
日本教育メディア学会 ,  社会情報学会 ,  日本メディア学会 (旧 日本マス・コミュニケーション学会)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る