研究者
J-GLOBAL ID:201801003906909453   更新日: 2020年09月13日

宇田川 敦史

ウダガワ アツシ | Udagawa Atsushi
所属機関・部署:
職名: 博士課程
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): https://au-lab.com
研究分野 (3件): 教育学 ,  科学社会学、科学技術史 ,  社会学
研究キーワード (6件): メディア史 ,  メディア論 ,  デジタル・メディア ,  メディア・リテラシー ,  ランキング ,  プラットフォーム
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 メディア・インフラに対する批判的理解の育成を促すリテラシー研究の体系的構築
論文 (4件):
  • 水越 伸, 宇田川 敦史, 勝野 正博, 神谷 説子. メディア・インフラのリテラシー -その理論構築と学習プログラムの開発-. 東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究. 2020. 98. 1-30
  • Atsushi Udagawa. Historical Media Discourses of Search Engine Rankings in Japan. Journal of Socio-Informatics. 2019. 12. 1. 1-13
  • 宇田川 敦史. 検索エンジン・ランキングのメディア史--パソコン雑誌における検索エンジン表象の分析. マス・コミュニケーション研究. 2019. 94. 131-149
  • 宇田川 敦史. ランキングのメディア論-検索エンジン・ランキングの歴史社会的構成-. 東京大学大学院学際情報学府 修士学位論文. 2018
MISC (3件):
  • 宇田川 敦史. シェアは92.2%!Google検索が世界一になった理由とは??:日常化したメディアとしてのプラットフォーム. 現代新書Web. 2020
  • 宇田川 敦史. Technology & Media #2: テクノロジーへの恐れ. 5: Designing Media Ecology. 2018. 9. 138-139
  • 宇田川 敦史. Technology & Media #1: テクノロジーの忘却. 5: Designing Media Ecology. 2018. 9. 131-132
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (8件):
  • メディア・インフラを異化するためのワークショップ実践: 検索エンジンのメディア・リテラシー育成
    (2019年度日本教育メディア学会第26回年次大会 2019)
  • The Media Landscape Workshop: Imagining an Alternative Universe
    (International Seminar "Toolbox of Infra-Literacy" 2019)
  • ワークショップ「風景写真とデジタル・プラットフォーム」報告
    (インフラリテラシー・プロジェクト 2018年度末セミナー 2019)
  • おとなこそ知っておきたいデジタルメディア・リテラシー
    (東京都世田谷区立明正小学校PTA研修 2018)
  • 検索エンジン・ランキングのメディア史
    (日本マス・コミュニケーション学会2018年度春季研究発表会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2018 - 現在 東京大学 博士課程
  • 2016 - 2018 東京大学 修士課程
  • 1997 - 2001 京都大学 基礎科学科人間情報論専攻
学位 (1件):
  • 修士(学際情報学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 明治学院大学 文学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 東京藝術大学 音楽学部 非常勤講師
  • 2018/10 - 現在 東京大学 大学院情報学環 リサーチ・アシスタント
  • 2009/09 - 現在 楽天株式会社 トラベル事業 Webマーケティングスペシャリスト
  • 2001/04 - 2009/08 日本IBM株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業 ITエンジニア/ITコンサルタント
委員歴 (2件):
  • 2019/07 - 現在 日本マス・コミュニケーション学会 事務局幹事
  • 2019/07 - 現在 日本マス・コミュニケーション学会 広報委員
受賞 (3件):
  • 2020/06 - 講談社 研究者のための現代新書新人賞 優秀賞
  • 2019/03 - 公益財団法人 電気通信普及財団 第34回電気通信普及財団賞 テレコム社会科学学生賞
  • 2018/03 - 東京大学 大学院学際情報学府 優秀修士論文 専攻長賞
所属学会 (3件):
日本教育メディア学会 ,  社会情報学会 ,  日本マス・コミュニケーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る