研究者
J-GLOBAL ID:201801004091149773   更新日: 2021年11月12日

小林 司

Tsukasa Kobayashi
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 食品科学 ,  薬理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 胎仔心筋細胞増殖機構Hipp-Yap経路に着目した心不全治療応用への基盤研究
  • 2020 - 2021 早産児の黄疸重症化を引き起こす肝機能代謝異常の解析
論文 (5件):
MISC (30件):
  • 小林司, 武半優子, 太田有紀, 大滝正訓, 元圭史, 中村悠城, 渡辺実, 木田圭亮, 飯利太朗, 松本直樹. 出生前デキサメタゾンが胎仔ラット肝臓並びに正常肝RLN-B2細胞の増殖と成熟因子に及ぼす影響. 聖マリアンナ医科大学雑誌. 2021. 49. 1. 17-17
  • Yuko Takeba, Tsukasa Kobayashi, Masanori Ootaki, Yuki Ohta, Kiesuke Kida, Minoru Watanabe, Taroh Iiri, Naoki Matsumoto. Prenatal glucocorticoid administration accelerates glomeruli and renal tubules development in the fetal rats. Proceedings for Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society. 2021. 94. 0. 2-P2
  • Tsukasa Kobayashi, Yuko Takeba, Yuki Ohta, Masanori Ootaki, Keisuke Kida, Minoru Watanabe, Taroh Iiri, Naoki Matsumoto. Expression of the growth-related factors in the liver of fetal rats. Proceedings for Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society. 2021. 94. 0. 3-P2
  • Yuki Ohta, Tsukasa Kobayashi, Yuko Takeba, Masanori Ootaki, Keisuke Kida, Minoru Watanabe, Taroh Iiri, Mitsuko Takenaga, Naoki Matsumoto. Effect of adipose tissue-derived stem/stromal cells on muscle atrophy. Proceedings for Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society. 2021. 94. 0. 3-P2
  • 小林司, 武半優子, 太田有紀, 大滝正訓, 渡辺実, 桜井研三, 元圭史, 中村悠城, 木田圭亮, 飯利太朗, et al. 出生前グルココルチコイド投与におけるラット胎仔肝臓の成熟並びに細胞増殖への影響. 臨床薬理. 2020. 51. Supplement. S297-S297
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 早産児の黄疸重症化を引き起こす肝機能代謝異常の解析
    (聖マリアンナ医科大学医学会第80回学術集会(オンライン))
  • 腫瘍循環器外来開設から3年間で見えてきた新たな役割と課題
    (第5回日本臨床薬理学会 関東・甲信越地方会 2021)
  • 座骨神経障害誘発萎縮筋組織に対する脂肪組織由来幹細胞の効果
    (第20回日本再生医療学会総会 2021)
  • 下肢筋委縮モデルに対する脂肪組織由来幹細胞エクソソーム投与の効果
    (第19回日本再生医療学会総会 2020)
  • 下肢筋萎縮モデルに対する脂肪組織由来幹細胞の効果
    (第18回日本再生医療学会総会 2019)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2021/06 - 聖マリアンナ医科大学医学会 ベストプレゼンテーター賞 出生前デキサメタゾンが胎仔ラット肝臓並びに正常肝RLN-B2細胞の増殖と成熟因子に及ぼす影響
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る