研究者
J-GLOBAL ID:201801004107887281   更新日: 2021年01月10日

矢野 良太

ヤノ リョウタ | Yano Ryota
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 経営学
研究キーワード (5件): 労働CSR ,  観光経営学 ,  CSR ,  人的資源管理 ,  経営学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 労働CSRによる人的資源管理の変化の探究
  • 2020 - 2021 犬山市における「グローカル人材」の活躍促進に関する事例調査
論文 (5件):
  • 矢野 良太. 労働CSRが人的資源管理に与える影響 : 労働CSR概念の探究に向けた試論的研究. 社会環境論究 : 人・社会・自然. 2018. 10. 97-117
  • 矢野 良太. 労働CSRが組織コミットメントに与える影響に関する理論的研究. 経営学論集. 2016. 86. [01]-1-[01]-7
  • 矢野 良太. 人的資源管理に労働CSRを統合する方法の考察 -コーポレート・レピュテーションの醸成に着目して-. 日本労務学会誌. 2016. 17. 1. 4-18
  • 矢野 良太. 労働CSRと企業の財務業績の関係 : 労働CSR実践理論への予備的考察. 関西大学大学院人間科学 : 社会学・心理学研究. 2013. 78. 21-36
  • 矢野 良太. 企業における労働CSRの必要性の検討. 関西大学大学院人間科学 : 社会学・心理学研究. 2012. 77. 53-70
MISC (2件):
  • 矢野 良太. 労働CSRによる人的資源管理の変化を明らかにするための課題の一考察. 経済経営論集. 2020. 28. 1. 43-51
  • 矢野 良太. インターネットの普及が人的資源管理に与える影響に関する考察 : クチコミに注目して. 関西大学大学院人間科学 : 社会学・心理学研究. 2014. 81
講演・口頭発表等 (5件):
  • 労働CSR序説 -持続可能な働き方を目指して-
    (2019年名古屋経済大学オープンカレッジ 2019)
  • 労働CSRが組織コミットメントに与える影響に関する理論的研究
    (日本経営学会 第89回大会 2015)
  • 労働CSRによるコーポレート・レピュテーション醸成の実践理論
    (日本労務学会 第43回全国大会 2013)
  • 日本における労働CSR
    (院生合同学術研究大会 2010)
  • 労働CSRの向かうべき方向性
    (院生合同学術研究大会 2009)
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 名古屋経済大学 経営学部 准教授
  • 2014/04 - 2016/09 関西大学 経済学部 非常勤講師
委員歴 (1件):
  • 2012/09 - 2013/07 日本労務学会 第43回全国大会プログラム委員会 幹事
所属学会 (3件):
社会環境学会 ,  日本労務学会 ,  日本経営学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る