研究者
J-GLOBAL ID:201801004207467646   更新日: 2020年11月12日

西海 望

Nishiumi Nozomi
所属機関・部署:
職名: 日本学術振興会特別研究員(PD)
研究分野 (2件): 生態学、環境学 ,  ロボティクス、知能機械システム
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2022 捕食者の餌追跡運動における戦術性の解明
  • 2020 - 2021 猛禽類の餌追跡ナビゲーション能力の野外検証
  • 2020 - 2021 ミクロ研究とマクロ研究を繋ぐ双方向的な基礎生物学研究の基盤形成:動物行動学を軸とするアプローチ
  • 2019 - 2021 飛行型捕食動物の目標追跡ナビゲーションにおける戦術性の検証と最適な追跡航法の導出
  • 2018 - 2021 捕食者による Parallel Navigation 型獲物追跡運動の機能検証
全件表示
論文 (6件):
もっと見る
MISC (7件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • Geometrical model explains multiple preferred escape trajectories of fish
    (The 2020 Animal Behavior Society Virtual Meeting 2020)
  • A waiting game in predator and prey: preemptive actions are vulnerable against opponent’s counteractions
    (The 2020 Animal Behavior Society Virtual Meeting 2020)
  • Tactics research in predators and prey by quantitative and kinematic measurement
    (第43回日本神経科学大会 2020)
  • 捕食者と被食者の戦い:敵対的相互作用条件下での適応的な意思決定
    (京都大学野生動物研究センター(WRC)セミナー 2020)
  • Pursuit tactics of predatory bats: predictive shooting of echolocation sonar beam and appropriate combination of two types of flight maneuvers
    (SWARM 2019: The 3rd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
受賞 (4件):
  • 2020/07 - Journal of Experimental Biology Outside JEB "A game of patience between predator and prey: waiting for opponent’s action determines successful capture or escape"
  • 2020/06 - Canadian Journal of Zoology Editors' Choice "A game of patience between predator and prey: waiting for opponent’s action determines successful capture or escape"
  • 2015/11 - Journal of Ethology 2015 Editor's Choice Award "Distance-dependent switching of anti-predator behavior of frogs from immobility to fleeing"
  • 2015/06 - 日本学生支援機構 平成26年度特に優れた研究業績による奨学金返還免除(半額免除)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る