研究者
J-GLOBAL ID:201801004259394639   更新日: 2021年07月13日

橋口 隆生

ハシグチ タカオ | Takao Hashiguchi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): ウイルス学 ,  構造生物化学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (8件): 膜融合 ,  創薬 ,  抗体 ,  受容体 ,  糖蛋白質 ,  感染症 ,  構造生物学 ,  ウイルス学
論文 (40件):
  • Yu Kaku, Takeo Kuwata, Hasan Md Zahid, Takao Hashiguchi, Takeshi Noda, Noriko Kuramoto, Shashwata Biswas, Kaho Matsumoto, Mikiko Shimizu, Yoko Kawanami, et al. Resistance of SARS-CoV-2 variants to neutralization by antibodies induced in convalescent patients with COVID-19. Cell reports. 2021. 109385-109385
  • Yuta Shirogane, Ryuichi Takemoto, Tateki Suzuki, Tomonori Kameda, Kinichi Nakashima, Takao Hashiguchi, Yusuke Yanagi. CADM1 and CADM2 Trigger Neuropathogenic Measles Virus-Mediated Membrane Fusion by Acting in cis. Journal of virology. 2021. 95. 14. e0052821
  • Yuriko Tomita, Shutoku Matsuyama, Hideo Fukuhara, Katsumi Maenaka, Hiroaki Kataoka, Takao Hashiguchi, Makoto Takeda. The Physiological TMPRSS2 Inhibitor HAI-2 Alleviates SARS-CoV-2 Infection. JOURNAL OF VIROLOGY. 2021. 95. 12
  • Satoshi Ikegame, Takao Hashiguchi, Chuan-Tien Hung, Kristina Dobrindt, Kristen J. Brennand, Makoto Takeda, Benhur Lee. Fitness selection of hyperfusogenic measles virus F proteins associated with neuropathogenic phenotypes. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2021. 118. 18
  • Hirofumi Ohashi, Koichi Watashi, Wakana Saso, Kaho Shionoya, Shoya Iwanami, Takatsugu Hirokawa, Tsuyoshi Shirai, Shigehiko Kanaya, Yusuke Ito, Kwang Su Kim, et al. Potential anti-COVID-19 agents, cepharanthine and nelfinavir, and their usage for combination treatment. ISCIENCE. 2021. 24. 4
もっと見る
MISC (13件):
  • 橋口隆生. 構造情報を活用したウイルス細胞侵入阻害機構の解明と創薬研究. 日本細菌学雑誌(Web). 2020. 75. 1
  • 橋口隆生. ウイルスの細胞侵入機構を標的とした創薬モダリティ. 構造活性フォーラム講演要旨集. 2019. 2019
  • 橋口隆生. 構造情報を活用したおたふくかぜ・はしかウイルス感染阻害メカニズムの解明と創薬展開. 日本生化学会大会(Web). 2019. 92nd
  • 橋口隆生. おたふくかぜはどのように感染発症するのでしょうか,なぜワクチンが有効なのでしょうか. 外来小児科. 2018. 21. 2. 317
  • Takashi Tadokoro, Lubna Mst Jahan, Atsutoshi Imai, Natsumi Sugimura, Koki Yoshida, Mizuki Saito, Yuri Ito, Surui Chen, Takao Hashiguchi, Yusuke Yanagi, et al. Development of single chain Fv of neutralizing antibody to measles virus targeting the receptor binding site of hemagglutinin. PROTEIN SCIENCE. 2016. 25. 72-72
もっと見る
書籍 (16件):
  • ウイルス生物物理学:創薬モダリティへの貢献
    2021
  • ウイルス受容体の発見が臨床にもたらすこと ムンプスウイルスレセプター
    臨床とウイルス 2019
  • 最先端微生物学研究に基づいた疾病対策の試み X線結晶構造に基づくパラミクソウイルスの細胞侵入阻害機構と創薬への展開
    獣医畜産新報 2018
  • RNAウイルスの細胞侵入機構の構造基盤の解明
    感染・炎症・免疫 2017
  • マイナス鎖RNAウイルスの細胞侵入と抗体による中和の研究
    ウイルス 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 構造情報を活用したウイルス細胞侵入阻害機構の解明と創薬研究
    (日本細菌学雑誌(Web) 2020)
  • Structure-guided and computer-aided drug development to ameliorate persistent measles virus infection in the central nervous system
    (Japan-UK Workshop on Infectious Disease Research(AMED-英国大使館主催) 2019)
  • 小児ウイルス感染症とその感染阻害機構
    (第5回 外力支援型バイオアッセイ技術コンソーシアム 技術セミナー・技術交流会(産総研) 2019)
  • 構造情報を活用したおたふくかぜ・はしかウイルス感染阻害メカニズムの解明と創薬展開
    (日本生化学会大会(Web) 2019)
  • ウイルスの細胞侵入機構を標的とした創薬モダリティ
    (構造活性フォーラム講演要旨集 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2008 九州大学 病態医学専攻 博士課程
  • 2003 - 2005 九州大学 医科学 修士課程
  • 1999 - 2003 九州大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2020/09 - 現在 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 教授
  • 2016/04 - 2020/08 九州大学 大学院医学研究院ウイルス学 准教授
  • 2013/04 - 2016/03 九州大学 大学院医学研究院ウイルス学 助教
  • 2012/04 - 2013/03 米国スクリプス研究所 Dept of Immunology and Microbiology ポスドク(上原記念生命科学財団 リサーチフェロー)
  • 2010/04 - 2012/04 米国スクリプス研究所 Dept of Immunology and Microbiology ポスドク(日本学術振興会 海外特別研究員)
全件表示
受賞 (3件):
  • 2017/12 - 第1回 日本医療研究開発大賞 AMED理事長賞
  • 2016/10 - 平成28年度 日本ウイルス学会杉浦奨励賞
  • 2016/04 - 平成28年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
所属学会 (2件):
日本蛋白質科学会 ,  日本ウイルス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る