研究者
J-GLOBAL ID:201801004318024824   更新日: 2022年01月24日

久永 拓郎

Takurou Hisanaga
研究分野 (1件): 消化器内科学
論文 (16件):
もっと見る
MISC (50件):
  • 日高 勲, 大野 高嗣, 藤永 亜季, 増井 美由紀, 久永 拓郎, 佐伯 一成, 松本 俊彦, 丸本 芳雄, 石川 剛, 高見 太郎, et al. 臨床検査技師を含む多職種連携による院内肝炎ウイルス検査陽性者受診勧奨の取り組み. 肝臓. 2021. 62. 8. 448-455
  • 久永 拓郎, 西本 新, 桂 春作, 白澤 文吾. 「臨床実習の到達目標」のオンライン自己評価の動向. 医学教育. 2021. 52. Suppl. 168-168
  • 西本 新, 久永 拓郎, 桂 春作, 藤宮 龍也, 白澤 文吾. 新入生を対象とした最近3年間の「医学入門」の現状と今後の課題. 医学教育. 2020. 51. Suppl. 140-140
  • 久永 拓郎, 西本 新, 桂 春作, 白澤 文吾, 藤宮 龍也. 「臨床実習の到達目標」のオンライン自己評価入力の導入. 医学教育. 2020. 51. Suppl. 201-201
  • 久永 拓郎, 日高 勲, 坂井田 功. 急性肝不全の病態と治療 急性肝不全・LOHFに対する肝移植例における移植前ステロイド投与の安全性に関する検討. 日本消化器病学会雑誌. 2020. 117. 臨増総会. A156-A156
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • HBVキャリア急性増悪による急性肝不全に対する核酸アナログへのステロイド併用の有効性・安全性に関する検討
    (第56回日本肝臓学会総会 2020)
  • 急性肝不全・LOHFに対する肝移植例における移植前ステロイド投与の安全性に関する検討
    (第106回日本消化器病学会総会)
  • 「臨床実習の到達目標」のオンライン自己評価入力の導入
    (第52回日本医学教育学会大会)
  • 当院における非ウイルス性肝硬変患者の特徴と臨床経過
    (第26回 日本門脈圧亢進症学会総会 2019)
  • 行動医学教育の充実化に向けて ~行動医学テュートリアルの導入~
    (第51回日本医学教育学会大会 2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る