研究者
J-GLOBAL ID:201801004322793239   更新日: 2021年10月19日

持田(齋藤) 淳美

モチダ(サイトウ) アツミ | Mochida(Saito) Atsumi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 栄養学、健康科学 ,  薬理学 ,  精神神経科学 ,  神経科学一般
研究キーワード (6件): 健康科学 ,  栄養学 ,  ストレス科学 ,  行動薬理学 ,  神経精神薬理学 ,  KATPチャネル
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2022 カリウムのストレスにおける役割の解明とメンタルヘルスケアへの応用
論文 (21件):
  • Kohei Takahashi, Kazuhiro Kurokawa, Lihua Hong, Kazuya Miyagawa, Atsumi Mochida-Saito, Hiroshi Takeda, Minoru Tsuji. Disturbance of prefrontal cortical myelination in olfactory bulbectomized mice is associated with depressive-like behavior. Neurochemistry international. 2021. 148. 105112-105112
  • Hiroyuki Akai, Kazuya Miyagawa, Kohei Takahashi, Atsumi Mochida-Saito, Kazuhiro Kurokawa, Hiroshi Takeda, Minoru Tsuji, Haruto Sugawara, Koichiro Yasaka, Akira Kunimatsu, et al. Effects of Gadolinium Deposition in the Brain on Motor or Behavioral Function: A Mouse Model. Radiology. 2021. 210892-210892
  • Akira Umeda, Masahiro Ishizaka, Akane Ikeda, Kazuya Miyagawa, Atsumi Mochida, Hiroshi Takeda, Kotaro Takeda, Isato Fukushi, Yasumasa Okada, David Gozal. Recent Insights into the Measurement of Carbon Dioxide Concentrations for Clinical Practice in Respiratory Medicine. Sensors (Basel, Switzerland). 2021. 21. 16
  • Kohei Takahashi, Minoru Tsuji, Osamu Nakagawasai, Soh Katsuyama, Kazuya Miyagawa, Kazuhiro Kurokawa, Atsumi Mochida-Saito, Masahiro Iwasa, Hiroyuki Iwasa, Hiroshi Takeda, et al. Activation of cholinergic system partially rescues olfactory dysfunction-induced learning and memory deficit in mice. Behavioural brain research. 2021. 408. 113283-113283
  • Kohei Takahashi, Osamu Nakagawasai, Takeharu Nakajima, Myu Okubo, Yuki Nishimura, Wakana Sakuma, Ryota Yamagata, Wataru Nemoto, Kazuya Miyagawa, Kazuhiro Kurokawa, et al. Dopamine D2 receptor supersensitivity in the hypothalamus of olfactory bulbectomized mice. Brain research. 2020. 1746. 147015-147015
もっと見る
MISC (3件):
講演・口頭発表等 (106件):
  • ストレス適応の概念に基づいた精神疾患の病態および治療に関する基礎研究
    (第12回日本安全性薬理研究会学術大会 2021)
  • 自動ホールボード試験を用いたストレスレジリエンスの評価
    (日本薬理学会年会要旨集 2021)
  • ストレスへの不適応に起因するミエリン障害に対するフレジノキサンの保護効果
    (日本薬理学会年会要旨集 2021)
  • 呼吸器系生活習慣病およびそのストレスに関する包括的検討(2)
    (国際医療福祉大学学会誌 2020)
  • HDAC阻害薬のストレス適応形成促進作用の責任分子の探索
    (国際医療福祉大学学会誌 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2014 - 2018 国際医療福祉大学大学院 医療・生命薬学専攻
  • 2005 - 2009 国際医療福祉大学 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (国際医療福祉大学)
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 国際医療福祉大学 薬学部 助教
  • 2013/04 - 2018/03 国際医療福祉大学 薬学部 助手
受賞 (1件):
  • 2015/11 - 日本ストレス学会 日本ストレス学会奨励賞(高田賞) ストレス性精神疾患モデルとしてのATP感受性K+チャネルKir6.2欠損マウスの有用性
所属学会 (3件):
日本ストレス学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る