研究者
J-GLOBAL ID:201801004322793239   更新日: 2023年08月29日

持田(齋藤) 淳美

モチダ(サイトウ) アツミ | Mochida(Saito) Atsumi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 栄養学、健康科学 ,  薬理学 ,  精神神経科学 ,  神経科学一般
研究キーワード (7件): 睡眠時無呼吸症候群 ,  健康科学 ,  栄養学 ,  ストレス科学 ,  行動薬理学 ,  神経精神薬理学 ,  KATPチャネル
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2023 - 2026 ストレス性精神疾患発症予防に向けた低酸素シグナルのストレス応答に及ぼす影響の解明
  • 2022 - 2025 妊娠期の低酸素状態が子の情動的ストレス応答に及ぼす影響と抑肝散の治療効果
  • 2020 - 2023 カリウムのストレスにおける役割の解明とメンタルヘルスケアへの応用
論文 (30件):
  • Akira Umeda, Hisato Shimada, Tateki Yamane, Taichi Mochizuki, Yasushi Inoue, Kenji Tsushima, Kazuya Miyagawa, Atsumi Mochida, Hiroshi Takeda, Yasumasa Okada, et al. Real-world effects of once-daily inhaled steroid (fluticasone furoate) combined with long-acting beta-2 agonist (vilanterol) and long-acting muscarinic antagonist (umeclidinium) on lung function tests of asthma patients in Japan. Frontiers in physiology. 2023. 14. 1131949-1131949
  • Kohei Takahashi, Minoru Tsuji, Osamu Nakagawasai, Soh Katsuyama, Lihua Hong, Kazuya Miyagawa, Kazuhiro Kurokawa, Atsumi Mochida-Saito, Hiroshi Takeda, Takeshi Tadano. Donepezil prevents olfactory dysfunction and α-synuclein aggregation in the olfactory bulb by enhancing autophagy in zinc sulfate-treated mice. Behavioural brain research. 2022. 438. 114175-114175
  • Kohei Takahashi, Lihua Hong, Kazuhiro Kurokawa, Kazuya Miyagawa, Atsumi Mochida-Saito, Hiroshi Takeda, Minoru Tsuji. Brexpiprazole prevents colitis-induced depressive-like behavior through myelination in the prefrontal cortex. Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry. 2022. 121. 110666-110666
  • Kohei Takahashi, Kazuhiro Kurokawa, Lihua Hong, Kazuya Miyagawa, Atsumi Mochida-Saito, Hiroshi Takeda, Minoru Tsuji. Correlation between the reduction in hippocampal SirT2 expression and depressive-like behaviors and neurological abnormalities in olfactory bulbectomized mice. Neuroscience research. 2022. 182. 76-80
  • Hiroko Miyagishi, Minoru Tsuji, Kazuya Miyagawa, Kazuhiro Kurokawa, Atsumi Mochida-Saito, Kohei Takahashi, Yasuhiro Kosuge, Kumiko Ishige, Hiroshi Takeda. Possible role of transcriptional regulation of 5-HT1A receptor in the midbrain on unadaptation to stress in mice. Brain research. 2022. 1783. 147859-147859
もっと見る
MISC (5件):
講演・口頭発表等 (134件):
  • 塞栓性脳梗塞後に併発するうつ病モデル動物の作製
    (第39回日本ストレス学会学術総会 2023)
  • ATP感受性カリウムチャネルの調節が情動およびストレス応答に及ぼす影響
    (第39回日本ストレス学会学術総会 2023)
  • 潰瘍性大腸炎に併発する不安神経症モデル動物の妥当性に関する検討
    (第39回日本ストレス学会学術総会 2023)
  • 5-HT1A受容体の刺激はストレス非適応モデルマウスにおいてGSK3を介してオリゴデンドロサイト転写因子を誘導する
    (第39回日本ストレス学会学術総会 2023)
  • 妊娠期におけるストレス曝露が誘発する子の情動障害に対する抑肝散母子同服の効果
    (第39回日本ストレス学会学術総会 2023)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2014 - 2018 国際医療福祉大学大学院 薬学研究科 医療・生命薬学専攻
  • 2005 - 2009 国際医療福祉大学 薬学部 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (国際医療福祉大学)
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 国際医療福祉大学 薬学部 助教
  • 2013/04 - 2018/03 国際医療福祉大学 薬学部 助手
委員歴 (1件):
  • 2023/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
受賞 (2件):
  • 2022/11 - 日本ストレス学会 第38回日本ストレス学会学術総会優秀賞 脳内ドパミン神経系の機能調節における Kir6.2 遺伝子の関与
  • 2015/11 - 日本ストレス学会 日本ストレス学会奨励賞(高田賞) ストレス性精神疾患モデルとしてのATP感受性K+チャネルKir6.2欠損マウスの有用性
所属学会 (3件):
日本ストレス学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る