研究者
J-GLOBAL ID:201801004324982845   更新日: 2020年08月24日

草木迫 浩大

クサキサコ コウダイ | Kusakisako Kodai
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 獣医学 ,  寄生虫学
論文 (8件):
もっと見る
MISC (14件):
  • 田仲 哲也, 井戸 明子, 草木迫 浩大, 諸熊 遥樹, 正谷 達謄, Hernandez Emmanuel, Talactac Melbourne, 好井 健太朗. マダニ胚由来細胞における遺伝子発現ベクターの探索並びに構築. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [1P-1317]
  • 草木迫 浩大, 正谷 達謄, 宮田 健, Galay Remil, 白藤 梨可, 宮, 前田 大輝, Talactac Melbourne, Hernandez Emmanuel, 辻 尚利, 望月 雅美, 藤崎 幸蔵, 田仲 哲也. マダニペルオキシレドキシンの特性解明(ペルオキシレドキシンの性状解析並びに吸血・産卵に果たす役割について). 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2017. 160回. 202-202
  • 井戸 明子, 正谷 達謄, 好井 健太朗, Galay Remil L., 草木迫 浩大, Talactac Melbourne R., Hernandez Emmanuel P., 望月 雅美, 田仲 哲也. マダニ胚由来細胞における遺伝子発現ベクターの検証. 衛生動物. 2017. 68. 2. 75-75
  • 田仲哲也, 草木迫浩大, 宮田健. マダニの酸化ストレス制御分子を標的とした抗マダニワクチンの開発. 食肉に関する助成研究調査成果報告書. 2016. 34. 253-257
  • 草木迫 浩大, Talactac Melbourne, Hernandez Emmanuel, 前田 大輝, 好井 健太朗, 望月 雅美, 田仲 哲也. マダニISE6細胞を用いた過酸化水素発生の可視化についての検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2016. 159回. 339-339
もっと見る
書籍 (3件):
  • マダニペルオキシレドキシンの役割 -特に吸血における抗酸化機構と宿主の免疫応答について-
    日本獣医寄生虫学会誌 2017
  • Ticks’ Antioxidant Complex: A Defense Stronghold and a Potential Target for Their Control,Advances in Medicine and Biology Volume 116. (Editors: Leon V. Berhardt)
    Nova Science Publishers, Inc. New York 2017
  • マダニの酸化ストレス制御分子を標的とした抗マダニワクチンの開発
    伊藤記念財団 2016
学歴 (2件):
  • 2014 - 2018 山口大学 大学院獣医学研究院 獣医学専攻
  • 2007 - 2014 鹿児島大学 農学部 獣医学科
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 北里大学 助教
  • 2018/04 - 2020/03 北海道大学 日本学術振興会特別研究員 (PD)
  • 2016/04 - 2018/03 山口大学 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
受賞 (2件):
  • 2017/09 - 9th Tick and Tick-borne Pathogen Conference Young Scientist Award
  • 2017/03 - 日本獣医寄生虫学会 第8回日本獣医寄生虫学奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る