研究者
J-GLOBAL ID:201801004387448105   更新日: 2021年09月08日

渡邉 観世子

Watanabe Miyoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (8件): 歩行補助具 ,  姿勢制御 ,  運動イメージ ,  運動学習 ,  杖 ,  リハビリテーション ,  ウィメンズヘルス ,  若返り
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2022 学習理論に基づくBLSシミュレータの効果的な練習方法
  • 2018 - 2019 ウィメンズヘルス理学療法の実態調査および養成課程での教育内容のありかた
  • 2017 - 2019 杖歩行における運動イメージの特性と運動機能との関連
  • 2015 - 2017 杖操作に伴う荷重および距離知覚の変化特性
論文 (15件):
  • Miyoko Watanabe, Masahiro Ishizaka, Akihiro Yakabi, Masafumi Itokazu, Akira Kubo, Tomohiko Urano. Rejuvenation of standing and gait balance in community-dwelling older individuals: A comparative study between 2006 and 2019. Geriatrics & Gerontology International. 2021
  • Akihiro Ito, Masahiro Ishizaka, Kaoru Kobayashi, Yohei Sawaya, Tsuyoshi Hara, Yoshihisa Nagasaka, Akihiro Yakabi, Miyoko Watanabe, Akira Kubo. Changes in the screening efficacy of lower calf circumference, SARC-F score, and SARC-CalF score following update from AWGS 2014 to 2019 sarcopenia diagnostic criteria in community-dwelling older adults. Journal of Physical Therapy Science. 2021. 33. 3. 241-245
  • 渡邉観世子, 石坂正大, 原毅, 小林薰, 沢谷洋平, 伊藤晃洋, 屋嘉比章紘, 本澤薫, 長坂嘉久, 久保晃. 地域在住高齢者の社会的フレイルの有無と身体機能の特徴. 国際医療福祉大学学会誌. 2021. 26. 1. 80-88
  • Effects of active and passive light-touch support on postural stability during tandem standing. 2020. 32. 1. 55-58
  • 黒澤 和生, 金子 純一朗, 藤本 幹, 窪田 聡, 久保 晃, 渡邉 観世子, 谷口 敬道, 関 優樹, 西田 裕介, 牧原 由紀子, et al. PT・OT指定規則改正に伴うカリキュラム変更の概要と本学の取り組み. 国際医療福祉大学学会誌. 2019. 24. 2. 8-15
もっと見る
MISC (49件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 理学療法臨床実習とケーススタディ
    医学書院 2020 ISBN:9784260042680
  • 予防と産業の理学療法
    南江堂 2020 ISBN:9784524246939
  • 保健医療福祉のための臨床推論 : チーム医療・チームケアのための実学
    朝倉書店 2016 ISBN:9784254335057
  • 理学療法リスク管理・ビューポイント
    文光堂 2007 ISBN:9784830643415
講演・口頭発表等 (62件):
  • 妊娠後期の体型が上肢リーチ動作の運動イメージに与える影響
    (第26回日本基礎理学療法学術大会 2021)
  • ウィメンズヘルス理学療法における臨床の実態と学部教育との一致と乖離
    (第9回日本運動器理学療法学会学術大会 2021)
  • 栃木県大田原市における高齢者の身体機能の若返り変化
    (第40回関東甲信越ブロック理学療法士学会 2021)
  • 低負荷レジスタンストレーニングにおける弾性着衣による局所圧迫と筋腫脹の関係 -下肢リンパ浮腫症例に対する適正な運動処方に向けて-
    (第116回理学療法科学学会学術大会 2021)
  • 妊婦ジャケット着用時の運動イメージの特徴
    (第115回理学療法科学学会学術大会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2013 首都大学東京 ヘルスプロモーションサイエンス系
  • 2001 - 2004 国際医療福祉大学 保健医療学専攻
  • 1997 - 2001 国際医療福祉大学 理学療法学科
学位 (1件):
  • 博士(健康科学) (首都大学東京)
経歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 国際医療福祉大学 保健医療学部 理学療法学科 准教授
  • 2017/04 - 2018/03 国際医療福祉大学 保健医療学部 理学療法学科 講師
  • 2012/04 - 2017/03 国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 理学療法学科 講師
  • 2007/04 - 2012/03 国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 理学療法学科 助教
  • 2006/04 - 2007/03 国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 理学療法学科 助手
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る