研究者
J-GLOBAL ID:201801004544905515   更新日: 2019年10月06日

新島 裕基

ニイジマ ユウキ | 新島 裕基
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 経営学 ,  商学
研究キーワード (2件): マーケティング ,  商業論、流通論
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 小売マーケティング
  • 商業まちづくり
  • 流通政策
論文 (10件):
  • 新島 裕基. 「地域商店街活性化法の事業評価に関する分析視角-事例研究に向けた予備的考察」. 専修大学商学研究所『専修ビジネス・レビュー』. 2015. 10. 1. >49-60
  • 「特定商業集積整備法を活用した商業集積の開発および運営の実態:「ア・ミュー」、「アスカ」、「フォンジェ」、「コモタウン」」. 山口大学経済学会『山口大学経済学会DISCUSSION PAPER SERIES』. 2015. 31. >11-16,34-39
  • 新島 裕基. 「地域内連携に基づく商店街活動の実態とその効果-地域商店街活性化法の認定事例を対象として」. 専修大学商学研究所『専修大学商学研究所報』. 2015. 47. 3. >1-39
  • 「地域商業・商店街の収益事業と社会的活動の両立をめぐる一考察-地域課題の解決に向けた商店街活動の実態とその効果」. 日本商業学会『日本商業学会全国研究大会報告論集』. 2016. >38-46
  • 新島 裕基. 「地域課題の解決に向けた地域商業と外部組織との連携-ソーシャル・キャピタルの観点から」. 専修大学商学研究所『専修大学商学研究所報』. 2016. 48. 1. >1-35
もっと見る
書籍 (2件):
  • 「地域商業と外部主体の連携による商業まちづくりに関する研究-コミュニティ・ガバナンスの観点から-」
    専修大学出版局 2018
  • 「小売業起点のまちづくり」
    碩学舎 2018
講演・口頭発表等 (4件):
  • 「特定商業集積整備法を活用した商業集積の開発および運営の実態」
    (日本商業学会九州部会 2015)
  • 「地域商業・商店街の収益事業と社会的活動の両立をめぐる一考察-地域課題の解決に向けた商店街活動の実態とその効果-」
    (日本商業学会第66回全国研究大会 2016)
  • 「小規模多機能自治による商業まちづくりの展開-住民自治組織と全日食との連携によるミニスーパーの出店を事例として」
    (日本商業学会第6回全国研究報告会 2016)
  • 食品スーパーにおける地域密着型の競争戦略:高知県内のローカル小売チェーンに着目して
    (日本商業学会第68回全国研究大会 2018)
学歴 (1件):
  • - 2017 専修大学 商学研究科
学位 (1件):
  • 博士(商学) (専修大学)
所属学会 (2件):
日本商業学会 ,  日本マーケティング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る