研究者
J-GLOBAL ID:201801004559302914   更新日: 2020年09月01日

伊藤 真奈

Mana Ito
研究分野 (3件): 水圏生産科学 ,  環境影響評価 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (3件): 海洋環境 ,  水産 ,  環境浄化
論文 (31件):
  • Hano Takeshi, Ito Katsutoshi, Ohkubo Nobuyuki, Sakaji Hideo, Watanabe Akio, Takashima Kei, Sato Taku, Sugaya Takuma, Matsuki Kosuke, Onduka Toshimitsu, et al. Occurrence of neonicotinoids and fipronil in estuaries and their potential risks to aquatic invertebrates. ENVIRONMENTAL POLLUTION. 2019. 252. 205-215
  • Mochida Kazuhiko, Ito Katsutoshi, Ito Mana, Hano Takeshi, Ohkubo Nobuyuki. Toxicity of the biocide polycarbamate, used for aquaculture nets, to some marine fish species. COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY C-TOXICOLOGY & PHARMACOLOGY. 2018. 214. 61-67
  • Takeshi Hano, Mana Ito, Katsutoshi Ito, Motoharu Uchida. Sample treatment optimization for fish stool metabolomics. Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences. 2018. 1092. 258-267
  • Anna Z. Urbisz, Łukasz Chajec, Mana Ito, Katsutoshi Ito. The ovary organization in the marine limnodriloidin Thalassodrilides cf. briani (Annelida: Clitellata: Naididae) resembles the ovary of freshwater tubificins. Zoology. 2018. 128. 16-26
  • 伊藤 真奈, 大高 明史, 鳥居 高明, 伊藤 克敏. 我が国における水生貧毛類研究の現状と今後の展望. 日本ベントス学会誌. 2018. 73. 1. 11-11
もっと見る
MISC (3件):
  • 伊藤 克敏, 羽野 健志, 伊藤 真奈. 大阪湾圏域の底質環境修復に向けた海産ミミズが有する有害化学物質削減能力の解明(その2). 瀬戸内海 = Scientific forum of the Seto Inland Sea. 2015. 69. 59-61
  • 羽野 健志, 河野 久美子, 伊藤 克敏, 伊藤 真奈, 持田 和彦, 大久保 信幸. 3P-055 魚類肝臓メタボローム解析によるタウリンのカドミウム毒性軽減作用の解明(オミクス解析,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2014. 66
  • 田中 冬彦, 杉本 秀樹, 板垣 智恵, 加藤 奈都美, 野崎 真奈. 夏ソバの生育・収量に及ぼす播種量の影響 : 散播の場合(日本作物学会四国支部第40回講演会講演要旨). 日本作物学会四国支部会報. 2003. 40. 12-13
学位 (1件):
  • 農学(博士) (愛媛大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 水産研究・教育機構 瀬戸内海区水産研究所 環境保全研究センター 研究員
  • 2014/04 - 2018/03 水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所 環境保全研究センター 任期付研究員
  • 2011/04 - 2014/03 水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所 環境保全研究センター 研究等支援職員
  • 2010/07 - 2011/03 水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所 化学環境部 研究等支援職員
  • 2009/05 - 2010/03 農業環境技術研究所 生物生態機能領域 契約研究員
所属学会 (4件):
日本土壌動物学会 ,  日本微生物生態学会 ,  日本環境毒性学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る