研究者
J-GLOBAL ID:201801004645337780   更新日: 2020年06月09日

福西 広晃

Hiroaki Fukunishi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 生命、健康、医療情報学
研究キーワード (1件): データサイエンス
論文 (5件):
  • F.Shima, Y.Yoshikawa, M.Ye, M.Araki, S.Matsumoto, J.Liao, L.Hu, T.Sugimoto, Y.Ijiri, A.Takeda, Y.Nishiyama, C.Sato, S.Muraoka, A.Tamura, T.Osoda, K.Tsuda, T.Miyakawa, H.Fukunishi, J.Shimada, T.Kumasaka, M.Yamamoto, T.Kataoka. In silico discovery of small-molecule Ras inhibitors that display antitumor activity by blocking the Ras-effector interaction. Proceedings of the National Academy of Sciences. 2013. 110. 20. 8182-8187
  • H.Fukunishi, S.Nakamura, S.Fujieda. Influence of conformation on the absorption spectra of flexible organic dyes used in dye-sensitized solar cells. Computational and Theoretical chemistry. 2013. 1014. 29-39
  • H.Fukunishi, J.Shimada, K.Shiraishi. Antigen-Antibody Interactions and Structural Flexibility of a Femtomolar-Affinity Antibody. Biochemistry. 2012. 51. 12. 2597-2605
  • R.Teramoto, H.Fukunishi. Supervised Scoring Models with Docked Ligand Conformations for Structure-Based Virtual Screening. Journal of Chemical Information and Modeling. 2008. 48. 4. 747-754
  • H.Fukunishi, O.Watanabe, S.Takada. On the Hamiltonian replica exchange method for efficient sampling of biomolecular systems: Application to protein structure prediction. The Journal of Chemical Physics. 2002. 106. 9056-9067
特許 (8件):
書籍 (3件):
  • 高精度な酵素反応シミュレーション: シトクロムP450の事例
    CMC出版, 微生物を活用した新世代の有用物質生産技術, 95-105頁 2012
  • コンセンサススコアリングを用いたタンパク質-リガンドのドッキング(インシリコ創薬効率化に向けた高精度スコアリング法の紹介)
    メディカルドゥ, 遺伝子医学MOOK 14 実践:インシリコ創薬の最前線 次世代創薬テクノロジー, メディカルドゥ, 遺伝子医学MOOK 14 実践:インシリコ創薬の最前線 次世代創薬テクノロジー , 95-105項 2009
  • ドッキングシミュレーションによる創薬スクリーニング
    NEC技法, Vol.56(No.10),38-42頁 2003
学歴 (1件):
  • 2008 - 2011 筑波大学大学院 数理物質科学研究科 博士課程
経歴 (2件):
  • 2017/09 - 現在 東京工科大学
  • 2002/04 - 2017/08 日本電気株式会社
所属学会 (2件):
情報処理学会 ,  日本公衆衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る