研究者
J-GLOBAL ID:201801004848260391   更新日: 2021年11月01日

足立 達朗

Adachi Tatsuro
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (7件): 地質学 ,  地殻進化 ,  南極 ,  変成作用 ,  火成作用 ,  地質年代学 ,  文化財科学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2024 考古地磁気年代推定法の東アジアへの展開:過去3500年間の新たな連続指標の確立
  • 2020 - 2023 日韓弥生・古墳時代石硯・研石の再検討
  • 2018 - 2022 主要重鉱物のマルチ同位体初生値を用いた砕屑性岩の高精度分類とその地質学的応用展開
  • 2019 - 2021 黒曜石原産地のオープンデータ化によるLA-ICP-MSを用いた産地判別法の新展開
  • 2018 - 2021 古人骨歯牙の超高精度同位体分析に基づく人の移動と親族・婚姻関係の解明
全件表示
論文 (55件):
もっと見る
MISC (24件):
  • 足立達朗. 中山平次郎収集の元寇防塁構築石材の岩石学的分析. 九州大学箱崎キャンパス発掘調査報告3 箱崎遺跡. 2020
  • 足立達朗, 田尻義了, 中野伸彦, 小山内康人. 九州大学筑紫キャンパス遺跡から出土した弥生時代石斧資料の地球科学的分析. 九州大学筑紫キャンパス遺跡群(御共田遺跡)総括報告書1. 2020
  • 足立達朗. 箱崎遺跡出土碇石の岩石学的分析. 九州大学箱崎キャンパス発掘調査報告3 箱崎遺跡. 2020
  • 足立達朗, 田尻義了, 中村安宏. 玉名市・大原遺跡および塚原遺跡から出土した「今山系」石斧の地球科学的分析. 玉名市文化財調査報告 第44集 大原遺跡. 2019
  • YONEMOTO, S., Adachi, T., Funahashi, K., Nakano, N., Osanai, Y. The Strontium analysis on the human skeletal remains from the Emeelt Tolgoi Site and Bor Ovoo site in Bayanhongor, Mongolia. 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (121件):
  • ミャンマー・モゴック北方に見出されるUHT変成岩
    (日本鉱物科学会2021年年会 2021)
  • 東南極セール・ロンダーネ山地メーニパに産する泥質片岩中の灰礬柘榴石,チタン石および燐灰石ウラン-鉛年代
    (日本鉱物科学会2021年年会 2021)
  • はんれい岩-閃緑岩-トーナル岩複合岩体:アジア大陸東縁,前期白亜紀沈み込み帯の地殻形成,北部九州の例
    (日本鉱物科学会2021年年会 2021)
  • 東南極セール・ロンダーネ山地,メーニパ地域で認められる変成条件のギャップ
    (日本地質学会第128年学術大会 2021)
  • 後退変成期における二段階の流体流入:東南極セール・ロンダーネ山地パーレバンデの例
    (日本地質学会第128年学術大会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2010 総合研究大学院大学 極域科学専攻
  • 2004 - 2006 早稲田大学 地球・環境資源理工学専攻
  • 2000 - 2004 早稲田大学 理学科地球科学専修
学位 (2件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
  • 修士(理学) (早稲田大学)
経歴 (2件):
  • 2014/05 - 現在 九州大学 大学院比較社会文化研究院 助教
  • 2010/04 - 2014/04 九州大学 大学院比較社会文化研究院 学術研究員
所属学会 (5件):
日本鉱物科学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本地質学会 ,  日本文化財科学会 ,  九州考古学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る