研究者
J-GLOBAL ID:201801004848260391   更新日: 2024年05月13日

足立 達朗

Adachi Tatsuro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (7件): 地質学 ,  地殻進化 ,  南極 ,  変成作用 ,  火成作用 ,  地質年代学 ,  文化財科学
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2022 - 2026 国際的黒曜石研究拠点(ハブ)の構築:黒曜石原産地判別法の国際標準の導入と新展開
  • 2021 - 2024 磁気学的・鉱物学的手法による土器焼成環境の解明 -鉄・酸素の挙動から-
  • 2023 - 2024 瑞穂遺跡第11次調査出土粘土等分析
  • 2022 - 2024 令和4年度田本第1号窯跡出土須恵器等の胎土分析
  • 2020 - 2024 考古地磁気年代推定法の東アジアへの展開:過去3500年間の新たな連続指標の確立
全件表示
論文 (63件):
  • Yoshikuni HIROI, Tomokazu HOKADA, Tatsuro ADACHI, Atsushi KAMEI, Kazuyuki SHIRAISHI, Yoichi MOTOYOSHI. Chlorine-rich potassic-ferro-pargasite with Cl-poor cummingtonite in mafic granulite from Austhovde, Lützow-Holm Complex, East Antarctica. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences. 2024
  • Tatsuro Adachi, Tetsuo Kawakami, Fumiko Higashino, Masaoki Uno. Metamorphic rocks with different pressure-temperature-time paths bounded by a ductile shear zone at Oyayubi ridge, Brattnipene, Sør Rondane Mountains, East Antarctica. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences. 2023
  • Yoshikuni HIROI, Tomokazu HOKADA, Tatsuro ADACHI, Kazuyuki SHIRAISHI, Yoichi MOTOYOSHI, Edward S. GREW. Nanogranitoid inclusions with grandidierite in mafic granulite from Austhovde, Lützow-Holm Complex, East Antarctica. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences. 2023. 118
  • Fumiko Higashino, Tetsuo Kawakami, Tatsuro Adachi, Masaoki Uno. Multiple post-peak fluid infiltrations in southern Perlebandet, Sør Rondane Mountains, East Antarctica. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences. 2023
  • Tomokazu HOKADA, Tatsuro ADACHI, Yasuhito OSANAI, Nobuhiko NAKANO, Sotaro BABA, Tsuyoshi TOYOSHIMA. Formation of corundum in direct contact with quartz and biotite in clockwise <i>P-T</i> trajectory from the Sør Rondane Mountains, East Antarctica. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences. 2022. 117. 1. n/a-n/a
もっと見る
MISC (34件):
  • 足立達朗, 田尻義了. 瑞穂遺跡第11次出土甕棺および粘土の化学組成の比較. 2024
  • 足立達朗. HZK1905および1805調査地点出土の石積み遺構構築石材の岩石学的分析. 2021
  • 足立達朗. 中山平次郎収集の元寇防塁構築石材の岩石学的分析. 九州大学箱崎キャンパス発掘調査報告3 箱崎遺跡. 2020
  • 足立達朗, 田尻義了, 中野伸彦, 小山内康人. 九州大学筑紫キャンパス遺跡から出土した弥生時代石斧資料の地球科学的分析. 九州大学筑紫キャンパス遺跡群(御共田遺跡)総括報告書1. 2020
  • 足立達朗. 箱崎遺跡出土碇石の岩石学的分析. 九州大学箱崎キャンパス発掘調査報告3 箱崎遺跡. 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (133件):
  • Petrography of V and Zn-rich gahnite-sillimanite-muscovite gneiss from Menipa, Sør Rondane Mountains, East Antarctica.
    (The 14th Symposium on Polar Science 2023)
  • 東南極セール・ロンダーネ山地,メーニパに産する異なるP-T-t履歴を示す変成岩類.
    (日本地質学会第130年学術大会 2023)
  • 東南極セール・ロンダーネ山地,メーニパ地域に産するバナジウムと亜鉛に富む亜鉛スピネル-珪線石-白雲母片麻岩の記載岩石学的特 徴
    (日本鉱物科学会2023年年会講演要旨 2023)
  • Multiple fluid infiltration during post-peak metamorphism in southern Perlebandet, Sør Rondane Mountains, East Antarctica .
    (The 13th Symposium on Polar Science 2022)
  • 東南極セール・ロンダーネ山地,ブラットニーパネに産する変成岩類のin-situ年代測定に基づくP-T-t履歴解析
    (日本地質学会第129年学術大会 2022)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2010 総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻
  • 2004 - 2006 早稲田大学 大学院理工学研究科 地球・環境資源理工学専攻
  • 2000 - 2004 早稲田大学 教育学部 理学科地球科学専修
学位 (2件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
  • 修士(理学) (早稲田大学)
経歴 (2件):
  • 2014/05 - 現在 九州大学 大学院比較社会文化研究院 助教
  • 2010/04 - 2014/04 九州大学 大学院比較社会文化研究院 学術研究員
所属学会 (5件):
日本鉱物科学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本地質学会 ,  日本文化財科学会 ,  九州考古学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る