研究者
J-GLOBAL ID:201801004903298263   更新日: 2020年04月21日

木戸 啓絵

Kido Hiroe
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (1件): 子ども学、保育学
論文 (7件):
  • 木戸啓絵. 幼児教育と持続可能な社会の構築:二人称的アプローチを手がかりに. ホリスティック教育/ケア研究. 2020. 23. 55-67
  • 幼小接続期と幼児教育の意義-森のようちえんの保護者および保育者の意識調査より-. 青山学院大学教育学会紀要「教育研究」. 2017. 第61号. 69-85
  • 「森のようちえん」における他機関との連携の実態 -三重県の事例から-. 岐阜聖徳学園大学短期大学部紀要. 2016. 第28号. 45-58
  • ドイツにおける就学前施設の設立認可過程:森の幼稚園を事例として. 青山学院大学教育学会紀要「教育研究」. 2015. 第59号. 119-132
  • ドイツのシュタイナー幼稚園における〈森の幼稚園教育〉の導入. 青山学院大学教育学会紀要「教育研究」 198頁. 2013. 第57号. 21-37
もっと見る
書籍 (7件):
  • 「ドイツのオルタナティブ教育と係争問題--オーデンヴァルト校の閉校をめぐって」永田佳之(編著)『変容する世界と日本のオルタナティブ教育--生を優先する多様性の方へ』
    世織書房 2019
  • 「Colum 9 気候変動教育に関わる森の幼稚園での取り組み~ブルーベリープロジェクト~」『気候変動の時代を生きる:: 持続可能な未来へ導く教育フロンティア』
    山川出版 2019
  • 「ドイツの「森の幼稚園」における気候変動教育:その理念等をめぐって」 『気候変動の時代を生きる:: 持続可能な未来へ導く教育フロンティア』
    2019
  • 第1章 第8節 幼稚園教育要領等の5領域に合わせた先行研究 領域「人間関係」 『森と自然を活用した保育・幼児教育ガイドブック』
    風鳴舎 2018
  • 第1章 第6節 「諸外国の研究成果」 『森と自然を活用した保育・幼児教育ガイドブック』
    風鳴舎 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • 保育者の「実践知」をいかに語るか ~「自然保育」における実践と理論の架橋をめぐって~
    (日本自然保育学会 2019)
  • 乳幼児期の遊びと学び:二人称的アプローチを手がかりとして
    (日本ホリスティック教育/ケア学会 第3回研究大会 2019)
  • 持続可能な社会の基盤となる幼児教育のあり方
    (日本国際理解教育学会 2019)
  • 諸外国の研究動向
    (フォーラム森の幼稚園(1)-今、考えるべきこと- 2019)
  • "Japan - Bildungsförderung im Waldkindergarten"
    (Internationaler Kongress der Natur- und Waldkindergaerten. Immer Draussen Der Erfolg geht weiter! 2018)
もっと見る
Works (5件):
  • 園内研究・研修報告文書平成29年度 こばと西幼稚園 園内研究・研修の実績内容報告」に対する評価
    2018 -
  • 報告文書森の幼稚園国際フォーラムに参加して
    2014 -
  • 報告文書逆カルチャーショック
    2014 -
  • 翻訳 Vierundzwanzig Augen
    2013 -
  • 報告文書スリランカのスタディツアーに参加して
    2013 -
学歴 (2件):
  • 2009 - 2017 青山学院大学大学院 教育人間科学研究科 教育学専攻
  • 2005 - 2009 青山学院大学大学院 文学研究科 教育学専攻
学位 (1件):
  • 修士 (青山学院大学大学院)
経歴 (1件):
  • 2014/09/01 - 現在 岐阜聖徳学園大学短期大学部 幼児教育学科第三部 専任講師
所属学会 (3件):
日本保育学会 ,  日本環境教育学会 ,  日本国際理解教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る