研究者
J-GLOBAL ID:201801004917277889   更新日: 2021年10月19日

鈴木 郁夫

Suzuki Ikuo | Suzuki Ikuo K
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (4件): ゲノム生物学 ,  神経科学一般 ,  進化生物学 ,  発生生物学
研究キーワード (16件): 発生進化 ,  遺伝子重複 ,  外套 ,  爬虫類 ,  鳥類 ,  胚性幹細胞 ,  多能性幹細胞 ,  ヒト固有遺伝子 ,  神経新生 ,  NOTCH2NL ,  NOTCH ,  細胞系譜 ,  進化 ,  発生 ,  神経幹細胞 ,  大脳皮質
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2024 ヒト大脳皮質の進化を駆動する分子発生生物学的メカニズムの探索
  • 2019 - 2023 早期ライフステージにおけるヒト固有大脳皮質発生プログラムの解明
  • 2020 - 2022 ヒト固有NOTCH2NL遺伝子による脳発達の揺らぎと脳進化方向性の研究
  • 2019 - 2021 ヒト大脳皮質の進化を駆動した分子発生生物学的メカニズムの探索
  • 2019 - 2021 ヒト固有遺伝子による脳進化メカニズムの探索
全件表示
論文 (16件):
  • Ida E. Sønderby, Dennis van der Meer, Clara Moreau, Tobias Kaufmann, G. Bragi Walters, Maria Ellegaard, Abdel Abdellaoui, David Ames, Katrin Amunts, Micael Andersson, et al. 1q21.1 distal copy number variants are associated with cerebral and cognitive alterations in humans. Translational Psychiatry. 2021. 11. 1
  • Emilia Bergoglio, Ikuo K. Suzuki, Kazuya Togashi, Masato Tsuji, Shunsuke Takeuchi, Hiroyuki Koizumi, Kazuo Emoto. Spatial and temporal diversity of DCLK1 isoforms in developing mouse brain. Neuroscience Research. 2021
  • Elisa De Franco, Maria Lytrivi, Hazem Ibrahim, Hossam Montaser, Matthew N. Wakeling, Federica Fantuzzi, Kashyap Patel, Céline Demarez, Ying Cai, Mariana Igoillo-Esteve, et al. YIPF5 mutations cause neonatal diabetes and microcephaly through endoplasmic reticulum stress. Journal of Clinical Investigation. 2020. 130. 12. 6338-6353
  • Louis-Jan Pilaz, Kaumudi Joshi, Jing Liu, Yuji Tsunekawa, Fernando C. Alsina, Sahil Sethi, Ikuo K. Suzuki, Pierre Vanderhaeghen, Franck Polleux, Debra L. Silver. Subcellular mRNA localization and local translation of Arhgap11a in radial glial cells regulates cortical development. bioRxiv. 2020
  • Roxane Van Heurck, Marta Wojno, Ikuo K. Suzuki, Fausto D. Velez-Bravo, Jérôme Bonnefont, Emir Erkol, Dan Truc Nguyen, Adèle Herpoel, Angéline Bilheu, Catherine Ledent, et al. CROCCP2 acts as a human-specific modifier of cilia dynamics and mTOR signalling to promote expansion of cortical progenitor. bioRxiv. 2020
もっと見る
MISC (2件):
  • 鈴木 郁夫, Pierre Vanderhaeghen. ヒトに固有なNOTCH2NLB遺伝子はNotchシグナルの制御を介して大脳皮質のニューロンを増加させる. ライフサイエンス 新着論文レビュー
  • 鈴木郁夫, 平田たつみ. 大脳新皮質における神経新生プログラムの哺乳類と鳥類との進化的な保存性. ライフサイエンス 新着論文レビュー
講演・口頭発表等 (35件):
  • 遺伝子獲得によるヒト大脳皮質の進化
    (第44回日本神経科学大会 2021)
  • 脳発達から人間性の起原を探る脳発達から人間性の起原を探る
    (進化学夏の学校 2020)
  • Evolving brains with new genes; Human-specific gene NOTCH2NL expands neuronal number in the cerebral cortex
    (第13回国際ゲノム会議 2019)
  • Human-specific NOTCH2NL genes expand human cortical neurogenesis through regulation of Delta/Notch interactions
    (Gordon Research Conferences 2018, “Notch Signaling in Development, Regeneration and Disease” 2018)
  • Human-specific NOTCH2 paralogs expand human cortical neurogenesis through regulation of Delta/Notch interactions
    (Journées Thématiques de la Société des Neurosciences 2018 “Advances in neurodevelopmental and neurodegenerative disorders” 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2010 総合研究大学院大学 遺伝学専攻 (5年一貫博士課程)
  • 2001 - 2005 京都大学 理学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (総合研究大学院大学)
経歴 (6件):
  • 2019/01 - 現在 東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 准教授
  • 2019/01 - 2019/06 VIB KU Leuven, Center for Brain & Disease Research (CBD) Pierre Vanderhaeghen group 客員研究員
  • 2018/10 - 2018/12 東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 客員共同研究員
  • 2018/03 - 2018/12 VIB KU Leuven, Center for Brain & Disease Research (CBD) Pierre Vanderhaeghen group 博士研究員
  • 2012/02 - 2018/02 University of Brussels (ULB) IRIBHM Pierre Vanderhaeghen group 博士研究員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2019/06 - 日本神経科学学会 第19回日本神経科学学会奨励賞 Molecular drivers of human cerebral cortical evolution
  • 2019/05 - 日本分子生物学会 第9回富澤基金・若手研究助成
  • 2019/01 - 東京大学 2018年度東京大学卓越研究員
  • 2014/10 - F.R.S.-FNRS (le Fonds de la Recherche Scientifique) Postdoctoral longterm fellowship (CR)
  • 2012/07 - European Molecular Biology Organization (EMBO) Long-Term Fellowships
所属学会 (4件):
日本動物学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る