研究者
J-GLOBAL ID:201801004926936720   更新日: 2020年10月12日

内山 圭司

ウチヤマ ケイジ | KEIJI UCHIYAMA
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 病態医化学 ,  ウイルス学 ,  細胞生物学
研究キーワード (4件): 細胞内小器官 ,  小胞輸送 ,  プリオン ,  神経変性疾患
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2017 - 2020 プリオン感染によるソーティリン発現量低下機構の解明と治療法開発への応用
  • 2017 - 2019 細胞内小胞輸送活性化による老化脳タンパク質分解促進機構の解明と治療への応用
  • 2014 - 2017 新規プリオン結合因子ソーティリンによるプリオン病治療基盤技術の開発
  • 2013 - 2016 プリオン感染によるポストゴルジ小胞輸送障害および神経細胞死誘導機構の解明
  • 2015 - 2016 神経変性疾患における小胞輸送障害に着目した病態機序の解明
全件表示
論文 (37件):
もっと見る
MISC (24件):
もっと見る
特許 (1件):
  • 分離型混合培養装置
書籍 (5件):
  • Prions: Current Progress in Advanced Research (Second Edition)
    Caister Academic Press 2019
  • Prions - Some Physiological and Pathophysiological Aspects
    IntechOpen 2018
  • Prions: Current progress in advanced research
    Caister Academic Press 2013
  • 生物工学実験書
    日本生物工学会 2002
  • Microbiology of Composting
    Springer-Verlag 2002
講演・口頭発表等 (55件):
  • Analysis of intracellular secretion processes by Citrine fusion IgG aiming to establish high producer CHO cells.
    (The 31st Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2018 Tsukuba) 2018)
  • High susceptibility of Sortilin-deficient cells to prion infection.
    (第65回日本ウイルス学会学術集会 2017)
  • Identification and investigation of a novel anti-prion compound.
    (第65回日本ウイルス学会学術集会 2017)
  • 高生産株の構築を目指した抗体生産CHO細胞内の分泌過程解
    (第69回日本生物工学会大会 2017)
  • Prion propagation through sortilin degradation.
    (第60回日本神経化学会大会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1997 大阪大学大学院 醗酵工学専攻博士課程
  • 1992 - 1994 大阪大学大学院 醗酵工学専攻修士課程
  • 1987 - 1992 大阪大学 醗酵工学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (8件):
  • 2016/04 - 現在 徳島大学先端酵素学研究所 神経変性病態分野 准教授
  • 2011/04/01 - 2016/03/31 徳島大学疾患酵素学研究センター 神経変性疾患研究部門 准教授
  • 2007/04/01 - 2011/03 徳島大学疾患酵素学研究センター シグナル伝達と糖尿病研究部門 准教授
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 三菱化学生命科学研究所 主任研究員 研究部門 細胞構造・病態グループ 主任研究員
  • 2003/10 - 2004/03 University of Cambridge Cambridge Institute for Medical Research Senior Research Associate
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/11/12 - The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology Best Oral Presentation Awards Analysis of intracellular recombinant IgG secretion in engineered CHO cells
  • 2015/09/05 - Asia Pacific Society of Prion Research (APSPR) Asia Pacific Prion Symposium 2015, The Best Poster Award Mechanism of Sortilin-Mediated PrP degradation
  • 2014/01/28 - 財団法人 三木康楽会 康楽賞 プリオン病における神経細胞死誘導機構の解明と治療への応用
所属学会 (5件):
アジア太平洋プリオン研究会 ,  日本ウイルス学会 ,  日本生化学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る