研究者
J-GLOBAL ID:201801004970222069   更新日: 2020年03月31日

榊原 厚一

サカキバラ コウイチ | Sakakibara Koichi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://gwhydro.amebaownd.com/https://gwhydro.amebaownd.com/
研究分野 (3件): 環境動態解析 ,  地理学 ,  大気水圏科学
研究キーワード (8件): 山岳科学 ,  水文学 ,  地表水-地下水相互作用 ,  水の年代 ,  降雨流出プロセス ,  同位体 ,  トレーサー ,  地下水
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 水の滞留時間に着目した高山域の雪氷融解に伴う水資源涵養過程の解明
  • 2018 - 2020 諏訪湖流域における地下水の滞留時間推定と水資源の持続性評価
  • 2019 - 2020 福島第一原子力発電所事故の影響を受けた山地森林における環境水の滞留時間マッピング
  • 2018 - 2019 中部山岳地域における降水中硝酸態窒素の起源と水資源への影響評価
  • 2018 - 2019 北アルプス山麓地域における地下水滞留時間の季節変化とその要因の解明
全件表示
論文 (10件):
MISC (1件):
講演・口頭発表等 (22件):
  • 洪水ハイドログラフにおける異なる滞留時間からなる水の寄与とその変動
    (2018年度日本水文科学会学術大会 2018)
  • 中央アルプスの標高勾配に対するオオシラビソとダケカンバの異なった葉の適応戦略
    (日本山の科学会2018年秋季研究大会 2018)
  • 山地森林流域における地下水流動プロセスと微生物群叢の関係
    (日本地下水学会 2018年春季講演会 2018)
  • Application of tritium-tracer and stable isotopes in the Chikuma River basin, Japan
    (Japan Geoscience Union (JpGU) Meeting 2018 2018)
  • Spatial distribution of residence time and total number of prokaryotes in spring water in headwater catchments underlain by different lithology
    (Japan Geoscience Union (JpGU) Meeting 2018 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2018 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 持続環境学専攻 (博士後期)
  • - 2015 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 (博士前期)
  • - 2012 筑波大学 生命環境学群 地球学類
学位 (1件):
  • 博士(環境学)
経歴 (2件):
  • 2018/03 - 信州大学 理学部 理学科 物質循環学コース 助教
  • 2015 - 2018 筑波大学、日本学術振興会特別研究員DC1
所属学会 (5件):
欧州地球科学連合 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本山の科学会 ,  日本地下水学会 ,  日本水文科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る