研究者
J-GLOBAL ID:201801005041682930   更新日: 2020年10月01日

友重 秀介

トモシゲ シュウスケ | Tomoshige Shusuke
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.agri.tohoku.ac.jp/ishikawa-lab/index.html
研究分野 (2件): 薬系化学、創薬科学 ,  ケミカルバイオロジー
研究キーワード (5件): 神経変性疾患 ,  PROTAC ,  ユビキチンリガーゼ ,  タンパク質ータンパク質間相互作用 ,  プロテインノックダウン
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 特殊なユビキチン化を誘導する小分子の創製
  • 2020 - 2021 細胞周期制御タンパク質を利用する化学的タンパク質分解手法の開発
  • 2019 - 2019 プロテインノックダウン創薬を加速させる分子設計指針の提案
  • 2016 - 2017 薬剤耐性菌に有効な多機能型抗生物質の創製
  • 2014 - 2015 低分子化合物による標的タンパク質分解誘導手法の拡張-膜タンパク質分解誘導への展開と新規がん治療戦略の提案-
論文 (20件):
  • Shusuke Tomoshige, Minoru Ishikawa. Recent Progress in PROTACs and Other Chemical Protein Degradation Technologies for the Treatment of Neurodegenerative Disorders. Angewandte Chemie International Edition. 2020
  • Minoru Ishikawa, Shusuke Tomoshige, Yosuke Demizu, Mikihiko Naito. Selective Degradation of Target Proteins by Chimeric Small-Molecular Drugs, PROTACs and SNIPERs. Pharmaceuticals. 2020. 13. 4. 74
  • Mai Kamata, Toshifumi Takeuchi, Ei Hayashi, Kazane Nishioka, Mizuki Oshima, Masashi Iwamoto, Kota Nishiuchi, Shogo Kamo, Shusuke Tomoshige, Koichi Watashi, et al. Synthesis of nucleotide analogues, EFdA, EdA and EdAP, and the effect of EdAP on hepatitis B virus replication. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2020. 84. 2. 217-227
  • Mai Onuki, Motohiro Ota, Shoya Otokozawa, Shogo Kamo, Shusuke Tomoshige, Kazunori Tsubaki, Kouji Kuramochi. Dimerizations of 2-Bromo-3-methyl-1,4-naphthoquinone and 2-Methyl-1,4-naphthoquinone in Tetara-n-butylammonium Bromide. Tetrahedron. 2020. 76. article:130899
  • Yunosuke Ishii, Motohiro Ota, Shogo Kamo, Shusuke Tomoshige, Kazunori Tsubaki, Kouji Kuramochi. Synthesis and Structural Revision of an Indanone Isolated from Triphyophyllum peltatum. Tetrahedron Letters. 2020. 61. article:151494
もっと見る
MISC (4件):
  • 友重秀介, 石川稔. 神経変性疾患治療に向けたタンパク質分解アプローチ. 実験医学. 2020. 38. 14(9月号). 2326-2330
  • 友重 秀介. ペプチドグリカン部分構造の化学合成とケミカルバイオロジーへの利用. 有機合成化学協会誌. 2019. 77. 3. 264-266
  • 石川 稔, 友重 秀介, 野村 さやか, 山下 博子, 大金 賢司. 神経変性疾患原因タンパク質のケミカルノックダウン. MEDCHEM NEWS. 2018. 28. 2. 88-92
  • Michiaki Hiramatsu, Yuki Ichikawa, Shusuke Tomoshige, Makoto Makishima, Atsuya Muranaka, Masanobu Uchiyama, Takao Yamaguchi, Yuichi Hashimoto, Minoru Ishikawa. Cover Picture: Improvement in Aqueous Solubility of Retinoic Acid Receptor (RAR) Agonists by Bending the Molecular Structure (Chem. Asian J. 15/2016). Chemistry - An Asian Journal. 2016. 11. 15. 2086
学歴 (2件):
  • 2011 - 2016 東京大学 薬科学専攻
  • 2006 - 2011 千葉大学 共生応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(薬科学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2019/09 - 現在 東北大学 大学院生命科学研究科 助教
  • 2018/04 - 2019/08 東京理科大学 理工学部応用生物科学科 助教
  • 2016/04 - 2018/03 ノートルダム大学 化学・生化学科 博士研究員
受賞 (2件):
  • 2017/10 - 日本薬学会 医薬化学部会 メディシナルケミストリーシンポジウム優秀賞
  • 2016/03 - 日本薬学会 学生優秀発表賞(口頭の部)
所属学会 (4件):
有機合成化学協会 ,  日本ケミカルバイオロジー学会 ,  日本薬学会 ,  日本化学会 生体機能関連化学部会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る