研究者
J-GLOBAL ID:201801005168359640   更新日: 2020年10月07日

豕瀬 諒

Inose Ryo
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (5件): 薬剤疫学 ,  抗がん剤 ,  有害事象 ,  副作用 ,  データベース
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2022 大規模レセプトデータを用いた関節リウマチ治療に伴う悪性腫瘍リスクの明確化
  • 2019 - 2020 ドラッグリポジショニングによる抗がん剤誘発性口内炎治療薬の開発
  • 2017 - 2019 抗リウマチ薬による二次発がんリスクの検討 -有害事象自発報告データベースを用いて-
  • 2016 - 2017 Cetuximabによる低マグネシウム血症発現に及ぼす影響因子の基礎的・臨床的検討
論文 (16件):
  • Inose R, Hashimoto N, Hosomi K, Yokoyama S, Takada M. Association between malignancy and methotrexate and biological disease-modifying antirheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis. Int J Clin Pharamacol Ther. 2020. 58. 3. 131-138
  • Masaya Takahashi, Katsuyuki Takahashi, Ryo Inose, Takashi Sugimoto, Hideo Koh, Masayuki Hino, Katsuya Nagayama. Safety profile of the concomitant use of foscarnet and aerosolized pentamidine in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation recipients. Transplant infectious disease : an official journal of the Transplantation Society. 2020. 22. 1. e13239
  • 豕瀬諒, 髙谷瑞穂, 村木 優一. JADERにおける医師および薬剤師による有害事象報告の比較. 日本医薬品情報学会. 2020. in press
  • Ryota Goto, Ryo Inose, Yoshiki Kusama, Ayako Kawabe, Saki Ishii, Ai Ebisui, Masahiro Ishikane, Tetsuya Yagi, Norio Ohmagari, Yuichi Muraki. Trends of the use of anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in Japan based on sales data from 2006 to 2015. Biol. Pharm. Bull. 2020. in press
  • Ayako Kawabe, Yuichi Muraki, Ryo Inose, Yoshiki Kusama, Ryota Goto, Ai Ebisui, Saki Ishii, Masahiro Ishikane, Hiroki Ohge, Norio Ohmagari. Trends of Antifungal Use Based on Sales Data in Japan from 2006 to 2015. Biological & pharmaceutical bulletin. 2020. 43. 8. 1248-1252
もっと見る
MISC (4件):
  • 朴 ピナウル, 細見 光一, 豕瀬 諒, 藤本 麻依, 高田 充隆. 日米の有害事象自発報告データベースを用いた定型及び非定型抗精神病薬による有害事象の解析. 日本薬剤師会学術大会講演要旨集. 2013. 46回. 391-391
  • 細見 光一, 豕瀬 諒, 朴 ピナウル, 高田 充隆. 関節リウマチ治療における生物学的製剤による安全性シグナル指標RORの解析. 日本薬学会年会要旨集. 2012. 132年会. 4. 248-248
  • 朴 ピナウル, 細見 光一, 豕瀬 諒, 高田 充隆. P-0642 FDA有害事象自発報告データベースを用いた抗精神病薬による有害事象シグナルの解析(一般演題 ポスター発表,薬剤疫学・医療経済,Enjoy Pharmacists' Lifestyles). 日本医療薬学会年会講演要旨集. 2011. 21. 0
  • 豕瀬 諒, 細見 光一, 朴 ピナウル, 高田 充隆. P-0643 FDA有害事象自発報告データベースを用いた分子標的抗がん剤による肝炎関連有害事象シグナルの解析(一般演題 ポスター発表,薬剤疫学・医療経済,Enjoy Pharmacists' Lifestyles). 日本医療薬学会年会講演要旨集. 2011. 21. 0
講演・口頭発表等 (15件):
  • Risk of malignant lymphoma in patients with rheumatoid arthritis treated with biological disease-modifying antirheumatic drugs and methotrexate
    (ISPE’s 12th Asian Conference on Pharmacoepidemiology and 25th Japanese Conference on Pharamacoepidemiology joint meeting 2019)
  • 造血幹細胞移植後患者に対するホスカルネットによる腎機能障害発現に及ぼす影響因子の解析
    (日本臨床腫瘍薬学会学術大会 2019)
  • 多発性骨髄腫の初期治療に対するボルテゾミブ+デキサメタゾン療法の腫瘍崩壊症候群発現のリスク因子の検討
    (第40回日本病院薬剤師会近畿学術大会 2019)
  • 膵臓がんに対するゲムシタビン+アルブミン懸濁型パクリタキセル療法の治療強度低下に関する影響因子の検討
    (日本薬学会年会要旨集 2018)
  • 食道がんdocetaxel+cisplatin+5-fluorouracil(DCF)療法に対するPegfilgrastimの有効性の検討
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 学士
受賞 (2件):
  • 2018/08 - Japan Team Oncology Program MD Anderson Cancer Center Japanese Medical Exchange Program 2018 MDアンダーソンがんセンターでチーム医療を学ぶ5週間留学研修プログラム
  • 2015/03 - 日本臨床腫瘍薬学会学術大会 初心者優秀演題賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る