研究者
J-GLOBAL ID:201801005184743639   更新日: 2020年05月13日

猪股 雄介

Inomata Yusuke
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学
研究キーワード (4件): NH3-SCR ,  クラスター ,  環境触媒 ,  金属酸化物
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2022 バナジウムータングステン複合酸化物の合成と脱硝触媒への展開
MISC (5件):
  • 神山 曜帆, Zhang Zhenxing, 石川 理史, 猪股 雄介, 村山 徹, 上田 渉. W4V3O19複合酸化物のイオン交換によるミクロ細孔性質制御およびそのNH3-SCR触媒活性. 石油学会 年会・秋季大会講演要旨集. 2019. 2019. 0. 174-174
  • 猪股 雄介, 清永 英嗣, 盛田 啓一郎, 吉田 和広, 窪田 博愛, 鳥屋尾 隆, 清水 研一, 春田 正毅, 村山 徹. 4価バナジウムを含んだバルク酸化バナジウム触媒の低温(150oC以下)におけるNH3-SCR活性. 石油学会 年会・秋季大会講演要旨集. 2019. 2019. 0. 175-175
  • 猪股 雄介, Inomata Yusuke. 樹状高分子を鋳型とした酸化スズクラスター群の合成および機能物性のサイズ相関. 2018
  • 猪股 雄介, 秦 慎一, 清永 英嗣, 盛田 啓一郎, 吉田 和広, 春田 正毅, 村山 徹. 低温(200°C以下)での脱硝を目的としたV2O5触媒の開発. 石油学会 年会・秋季大会講演要旨集. 2018. 2018. 0. 184-184
  • 並河 英紀, 猪股 雄介, 山口 大樹, 鵜浦 啓. ポリオキソメタレートによるモデル細胞膜の崩壊機構. 表面科学学術講演会要旨集. 2013. 33. 0. 28-28
講演・口頭発表等 (1件):
  • 150oC以下でNH3-SCR活性を示すバルク酸化バナジウム触媒
    (第125回触媒討論会 2020)
学歴 (3件):
  • 2015 - 2018 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 化学環境学専攻
  • 2013 - 2015 東京工業大学 大学院理工学研究科 物質科学専攻
  • 2009 - 2013 山形大学 理学部 物質生命化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (2件):
  • 2018/05 - 現在 首都大学東京 特任助教
  • 2018/04 - 2018/04 東京工業大学 研究員
受賞 (1件):
  • 2018/04 - 日本化学会 第98春季年会 (2018)学生講演賞
所属学会 (4件):
ナノ学会 ,  応用物理学会 ,  触媒学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る