研究者
J-GLOBAL ID:201801005264059232   更新日: 2022年03月23日

村上 任尚

ムラカミ タカヒサ | Murakami Takahisa
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (4件): 補綴系歯学 ,  社会系歯学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (5件): エコチル調査 ,  家庭血圧 ,  BOSHI研究 ,  鶴ケ谷研究 ,  大迫研究
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2025 口腔保健はフレイル予防の勘所となりえるか?-縦断疫学研究に基づく検討-
  • 2016 - 2019 歯周病の病態変化が動脈硬化性疾患の発症・進展に与える影響の解明
  • 2015 - 2018 高齢者の咬合・咀嚼と精神保健の相互連関に関するコホートスタディ
  • 2013 - 2016 大迫コホートを用いた前向き研究による咀嚼機能と食物摂取・栄養状態との関連の検証
  • 2013 - 2016 前向きコホート研究に基づく歯周病と動脈硬化との関連の解明
全件表示
論文 (40件):
  • Tomoko Muroya, Michihiro Satoh, Takahisa Murakami, Shingo Nakayama, Kei Asayama, Takuo Hirose, Yukako Tatsumi, Ryusuke Inoue, Megumi Tsubota-Utsugi, Azusa Hara, et al. Association between urinary sodium-to-potassium ratio and home blood pressure and ambulatory blood pressure: the Ohasama study. Journal of hypertension. 2022
  • Satomi Sasaki, Hirohito Metoki, Michihiro Satoh, Takahisa Murakami, Kaou Tanoue, Kosuke Tanaka, Noriyuki Iwama, Zen Watanabe, Satoshi Okamoto, Masatoshi Saito, et al. Association of subjective health and abnormal cervical cytology in Japanese pregnant women: An adjunct study of the Japan Environment and Children's Study. Preventive medicine reports. 2021. 24. 101525-101525
  • Michihiro Satoh, Hirohito Metoki, Kei Asayama, Masahiro Kikuya, Takahisa Murakami, Yukako Tatsumi, Azusa Hara, Megumi Tsubota-Utsugi, Takuo Hirose, Ryusuke Inoue, et al. Prediction models for the 5- and 10-year incidence of home morning hypertension: The Ohasama Study. American journal of hypertension. 2021
  • Shingo Nakayama, Michihiro Satoh, Yukako Tatsumi, Takahisa Murakami, Tomoko Muroya, Takuo Hirose, Takayoshi Ohkubo, Takefumi Mori, Atsushi Hozawa, Hirohito Metoki. Detailed association between serum uric acid levels and the incidence of chronic kidney disease stratified by sex in middle-aged adults. Atherosclerosis. 2021. 330. 107-113
  • Takashi Ohi, Takahisa Murakami, Takamasa Komiyama, Yoshitada Miyoshi, Kosei Endo, Takako Hiratsuka, Michihiro Satoh, Kei Asayama, Ryusuke Inoue, Masahiro Kikuya, et al. Oral health-related quality of life is associated with the prevalence and development of depressive symptoms in older Japanese individuals: The Ohasama Study. Gerodontology. 2021
もっと見る
MISC (53件):
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 東北大学大学院 歯科学専攻
  • 1997 - 2003 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 東北医科薬科大学 医学部 助教
  • 2013/05 - 2016/03 東北大学病院 高齢者歯科治療部 助教
  • 2011/04 - 2012/03 東北大学病院 高齢者歯科治療部 医員
  • 2009/10 - 2010/03 東北大学病院附属 歯科医療センター 医員
  • 2008/04 - 2009/03 東北大学大学院 薬学研究科 東北大学21世紀COEプログラム フェロー
全件表示
所属学会 (9件):
日本公衆衛生学会 ,  日本衛生学会 ,  日本疫学会 ,  日本循環器病予防学会 ,  日本高血圧学会 ,  宮城県公衆衛生学会 ,  日本顎口腔機能学会 ,  日本老年歯科医学会 ,  日本補綴歯科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る