研究者
J-GLOBAL ID:201801005321451624   更新日: 2021年09月05日

神津 悠

コウヅ ユタカ | Kozu Yutaka
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 呼吸器内科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 当科における肥満低換気症候群の臨床的検討
論文 (21件):
もっと見る
MISC (6件):
  • Yutaka Kozu, Yusuhiro Gon, Yuki Takano, Takao Noguchi, Shinichi Hayashi, Fumio Kumasawa, Kenji Mizumura, Shuichiro Maruoka, Shu Hashimoto. Time-course of Serum Pro-inflammatory Cytokines and Chemokines Levels Observed in Granulomatosis with Polyangiitis: A Case Report. Sarcoidosis, vasculitis, and diffuse lung diseases : official journal of WASOG. 2016. 33. 4. 407-412
  • M. Hikichi, Y. Gon, S. Maruoka, T. Morisawa, K. Mizumura, T. Ooki, R. Ito, H. Hiranuma, F. Kumasawa, Y. Kozu, et al. Identification Of A New Specific Auto-Antibody Of Idiopathic Pulmonary Fibrosis. AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2016. 193
  • 神津 悠, 権 寧博, 橋本 修. 気道のレジデント細胞による炎症調節Up-To-Date. 喘息. 2014. 27. 1. 36-40
  • Y. Gon, Y. Kozu, S. Maruoka, A. Sekiyama, M. Terakado, E. Tsuboi, I. Takeshita, S. Hashimoto. Pcdh1, An Ahr Susceptibility Gene, Promotes Epithelial Barrier Integrity And Is Induced By Glucocorticoids In The Human Airway. AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2013. 187
  • Y. Shintani, S. Maruoka, D. Koyama, Y. Kozu, H. Hiranuma, T. Sekiyama, Y. Gon, S. Hashimoto. Steroid-Inducible Genes Regulate Airway Epithelial Barrier Function. AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2013. 187
もっと見る
書籍 (11件):
  • 呼吸器疾患 最新の治療2021-2022
    南江堂 2021
  • 新ガイドラインに基づく 呼吸器疾患診療指針 2021-‘22特集
    総合医学社 2020
  • 最新ガイドラインに基づく 呼吸器疾患 診療指針
    総合医学社 2020
  • 特集「耳鼻咽喉科医が知っておくべき睡眠学」
    JOHNS 2020
  • 特集「耳鼻咽喉科医が知っておくべき睡眠学」 肥満低換気症候群への対応
    JOHNS 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断後に Platypnea-Orthodeoxia Syndrome(POS)を発症し,心房中隔 欠損症に対する手術が無呼吸低呼吸指数(AHI)の改善に影響を及ぼした一例
    (日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2021)
  • Study on the Relationship Between CPAP and Leptin Level Using Cluster Analysis.
    (The 24th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology 2020)
  • Study on the Relationship Between CPAP and Leptin Level Using Cluster Analysis
    (American Thoracic Society International Conference 2020)
  • CPAPアドヒアランスに影響を及ぼすPSG指標 クラスター解析による検討
    (日本呼吸器学会学術講演会 2020)
  • CPAP治療がレプチンの変化に与える影響についてクラスター分析を用いた検討
    (日本睡眠学会第44回定期学術集会 2019)
もっと見る
所属学会 (7件):
日本呼吸療法医学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本睡眠学会 ,  日本内科学会 ,  日本ケア・リハビリテーション学会 ,  日本気管食道科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る