研究者
J-GLOBAL ID:201801005360739058   更新日: 2020年09月07日

加藤 雅紀

カトウ マサキ | Kato Masaki
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
研究分野 (2件): ゲノム生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (2件): エピジェネティクス ,  ノンコーディングRNA
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 RNAとクロマチンの相互作用を網羅的に検出する系を応用した新生鎖RNAの解析
論文 (1件):
  • Yuko Hayashi, Masaki Kato, Hirokazu Seto, Masamitsu Yamaguchi. Drosophila distal-less negatively regulates dDREF by inhibiting its DNA binding activity. BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION. 2006. 1759. 7. 359-366
MISC (3件):
  • 竹本 経緯子, 加藤 雅紀, 眞貝 洋一. 内在性レトロウイルスの活性化機構と自然免疫反応. 第41回日本分子生物学会年会. 2018
  • 竹本 経緯子, 加藤, 雅紀, 眞貝 洋一. Setdb1 による内在性レトロウイルスの制御は体細胞でも続いている. 日本分子生物学会年会. 2017
  • 竹本 経緯子. Silencing of endogenous retroviruses (ERVs) mediated by SetDB/Eset. RIKEN EPIGENETICS in KOBE. 2014
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る