研究者
J-GLOBAL ID:201801005462238525   更新日: 2024年06月06日

田口 歩

Taguchi Ayumu
所属機関・部署:
職名: 分野長
研究分野 (4件): 腫瘍診断、治療学 ,  腫瘍生物学 ,  消化器内科学 ,  分子生物学
研究キーワード (23件): 消化器がん ,  プロテオミクス ,  分子プロファイリング ,  PDXモデル ,  バイオマーカー ,  早期診断 ,  マルチオミクス解析 ,  サーフェスオーム ,  セクレトーム ,  HLAリガンドーム ,  リン酸化プロテオーム ,  血液バイオマーカー ,  自己抗体 ,  マイクロRNA ,  長鎖ノンコーディングRNA ,  大腸癌 ,  直腸癌 ,  膵癌 ,  食道癌 ,  胃癌 ,  肺癌 ,  骨軟部肉腫 ,  がん
競争的資金等の研究課題 (35件):
  • 2023 - 2026 ピリミジン塩基合成経路を標的としたLKB1不活化肺癌に対する新規治療法の開発
  • 2021 - 2026 低侵襲ハイスループット光濃縮システムの開発
  • 2022 - 2025 腹腔洗浄液および末梢血を用いた特異的腹膜再発予測バイオマーカーの確立
  • 2022 - 2025 肝臓癌PDXモデルのリン酸化プロテオーム解析による革新的分子治療標的薬の同定
  • 2022 - 2025 プロテオーム解析によるクローン病小腸病変の血液バイオマーカーの探索的研究
全件表示
論文 (47件):
もっと見る
MISC (66件):
  • Robert S. Bresalier, James C. Byrd, Dean E. Brenner, Hans J. Nielsen, Ziding Feng, Suyu Liu, Samir Hanash, Ayumu Taguchi, John A. Baron, Sapna Syngal, et al. A BLOOD-BASED MARKER PANEL FOR DETECTION OF COLORECTAL NEOPLASIA. GASTROENTEROLOGY. 2017. 152. 5. S1316-S1316
  • Mattias A. Johansson, Ayumu Taguchi, David Muller, Samir Hanash, Paul Brennan. Comprehensive evaluation of promising biomarkers for lung cancer risk prediction. CANCER RESEARCH. 2016. 76
  • Michela Capello, Leonidas E. Bantis, Ghislaine Scelo, Yang Zhao, Dilsher S. Dhillon, Hong Wang, James L. Abbruzzese, Anirban Maitra, Margaret A. Tempera, Randall Brand, et al. Sequential validation of blood-based protein biomarker candidates for early-stage pancreatic cancer. CANCER RESEARCH. 2016. 76
  • Johannes F. Fahrmann, Jennifer Dennison, Eunice Murage, Hong Wang, Edwin J. Ostrin, Ayumu Taguchi, Samir Hanash. Elevated kynureninase protein expression is associated with KEAP1 mutant non-small cell lung cancer and is predictive of poor overall survival. CANCER RESEARCH. 2016. 76
  • Roxana S Redis, Luz E Vela, Weiqin Lu, Juliana Ferreira de Oliveira, Cristina Ivan, Cristian Rodriguez-Aguayo, Douglas Adamoski, Barbara Pasculli, Ayumu Taguchi, Yunyun Chen, et al. Allele-Specific Reprogramming of Cancer Metabolism by the Long Non-coding RNA CCAT2. Molecular cell. 2016. 61. 4. 640-640
もっと見る
特許 (2件):
  • Methods for the Detection and Treatment of Pancreatic Cancer
  • Methods for the Detection and Treatment of Lung Cancer.
書籍 (1件):
  • Molecular Oncology: Causes of Cancer and Targets for Treatment.
    Cambridge University Press. 2013
講演・口頭発表等 (18件):
  • クリニカルプロテオミクスが拓くがん研究の近未来
    (第53回藤田医科大学医学会シンポジウム 2021)
  • 血液は何を語るのか:光濃縮によるがん早期診断への挑戦
    (LAC-SYS 研究所第3回シンポジウム 2021)
  • クリニカルプロテオミクスとそのがん免疫治療への応用
    (第1回Oncology Crosstalk Symposium 2020)
  • 肺がんに迫る分子プロファイリングの今
    (とよあけ肺がんセミナー 2019)
  • 血液は何を語るのか~がん早期発見への挑戦~
    (瑞穂区医師会学術講演会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器内科学
  • 1991 - 1997 名古屋大学医学部
  • 1988 - 1991 東海高校
経歴 (10件):
  • 2018/11 - 現在 名古屋大学大学院医学系研究科 がん先端診断・治療開発学講座 先端がん診断学分野 連携教授
  • 2018/09 - 現在 愛知県がんセンター 分子診断トランスレーショナルリサーチ分野 分野長
  • 2018/04 - 2018/08 テキサス大学大学院 Graduate School of Biomedical Sciences Assistant Professor
  • 2013/11 - 2018/08 MDアンダーソンがんセンター Department of Translational Molecular Pathology Assistant Professor (tenure track)
  • 2012/08 - 2013/10 MDアンダーソンがんセンター Dr. Sam Hanash's Lab ポストドクトラルフェロー
全件表示
受賞 (3件):
  • 2018 - American Cancer Society Research Scholar Award
  • 2015 - U.S. Department of Defence Lung Cancer Research Program Career Development Award
  • 2008 - 米国がん学会 Scholar-in-Training Award
所属学会 (7件):
日本消化器がん検診学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  米国臨床腫瘍学会 ,  米国癌学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る