研究者
J-GLOBAL ID:201801005488264877   更新日: 2019年12月07日

達川 伸行

タツカワ ノブユキ | TATSUKAWA NOBUYUKI
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2018 小児におけるサリバテストの有用性の研究
論文 (3件):
  • 達川 伸行、岩本 優子、 入江 泰正、 角 奈央、櫻井 薫、 光畑 智恵子、香西 克之. 歯と口の健康週間に当科が実施する親子への啓発活動の実態. 日本歯科医療福祉学会雑誌. 2015. 20巻. 1号. 20-27
  • Inhibitory effects of antibiofilm compound 1 against Staphylococcus aureus biofilms. 2016. 60. 3. 148-159
  • A Novel Repressor of the ica Locus Discovered in Clinically Isolated Super-Biofilm-Elaborating Staphylococcus aureus. 2017. 8. 1. e02282-16
講演・口頭発表等 (7件):
  • 小児におけるサリバテストの有用性
    (日本歯科医療福祉学会 2017)
  • 先天性好中球減少症患児におけるサリバリーマルチテストの有用性
    (第36回中四国地方会大会および総会 2017)
  • 多因子唾液検査の小児の実測値について
    (第56回日本小児歯科学会大会 2018)
  • 小児におけるSalivary Multi Test®の有用性に関する他検査法との比較検討
    (第56回日本小児歯科学会大会 2018)
  • 高IgE症候群により乳歯晩期残存が見られた1例
    (第37回中四国地方会大会および総会 2018)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2014/10/04 - 日本細菌学会 中国・四国支部 学生優秀発表症 黄色ブドウ球菌の表層タンパク質 Skip の発現制御機構の解析
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る