研究者
J-GLOBAL ID:201801005489695642   更新日: 2022年07月03日

酒井 克也

Katsuya Sakai
所属機関・部署:
職名: 医員
研究分野 (1件): 神経内科学
論文 (14件):
  • Md Nurul Islam, Weidong Zhang, Katsuya Sakai, Yuki Nakazato, Ryota Tanida, Hideyuki Sakoda, Toshiki Takei, Toshifumi Takao, Masamitsu Nakazato. Liver-expressed antimicrobial peptide 2 functions independently of growth hormone secretagogue receptor in calorie-restricted mice. Peptides. 2022. 151. 170763-170763
  • Katsuya Sakai, Kazutaka Shiomi, Hitoshi Mochizuki, Md Nurul Islam, Hiroki Nabekura, Ryota Tanida, Hideyuki Sakoda, Masamitsu Nakazato. Human liver-expressed antimicrobial peptide 2 elevation in the cerebrospinal fluid in bacterial meningitis. Brain and behavior. 2021. 11. 5. e02111
  • Nobuyuki Ishii, Katsuya Sakai, Hitoshi Mochizuki, Kazutaka Shiomi. Reversible Parkinsonism Due to Diabetic Uremic Syndrome. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020. 59. 24. 3251-3252
  • 田村 充, 齋藤 清貴, 入佐 剛, 大田 元, 横上 聖貴, 酒井 克也, 竹島 秀雄. Arterial spin-labeling imagingが診断に有用であったてんかん発症の前頭蓋窩硬膜動静脈瘻の1例. Neurological Surgery. 2020. 48. 6. 547-552
  • 後田 眞樹, 酒井 克也, 石井 信之, 海老原 由佳, 外山 晶子, 宮本 美由貴, 鈴木 あい, 小川 剛, 望月 仁志, 塩見 一剛, et al. fingolimod投与中にtumefactive demyelinating lesionで再発した抗MOG抗体関連疾患の1例. 臨床神経学. 2020. 60. 4. 306-306
もっと見る
MISC (23件):
  • 酒井 克也, 中里 雅光. グレリンとLEAP2. BIO Clinica. 2022. 37. 4. 16 (326)-20 (330)
  • 酒井 克也, 石井 信之, 望月 仁志. 本年の動向 振戦の定量解析. Annual Review神経. 2021. 2021. 109-115
  • 武田 紘昌, 杉山 崇史, 宮本 美由貴, 金丸 和樹, 酒井 克也, 中里 祐毅, 望月 仁志, 中里 雅光, 塩見 一剛. ギラン・バレー症候群治療中に判明したツツガムシ病の1例. 臨床神経学. 2021. 61. 6. 430-430
  • 酒井克也, 望月仁志, 塩見一剛, 中里雅光. 細菌性髄膜炎における髄液中Liver-expressed microbial peptide 2 (LEAP2)の上昇. 第62回日本神経学会学術大会. 2021
  • 東雲 崇之, 杉山 崇史, 中里 祐毅, 酒井 克也, 望月 仁志, 中里 雅光, 塩見 一剛, 高橋 利幸. 抗MOG抗体陽性視神経炎に増強効果を伴う硬膜肥厚を合併した一例. 臨床神経学. 2021. 61. 1. 72-72
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る