研究者
J-GLOBAL ID:201801005555966946   更新日: 2019年03月27日

永井 正志

ナガイ マサシ | Nagai Masashi
所属機関・部署:
職名: 助教
講演・口頭発表等 (16件):
  • CGMが診断・治療に有用であったダンピング症候群の乳児例
    (第27回臨床内分泌代謝Update 2017)
  • 症候性PKDを呈した偽性副甲状腺機能低下症の8歳女児例
    (日本小児神経学会近畿地方会 2017)
  • カルニチンのみで良好な経過をたどる慢性進行型メチルマロン酸血症同胞例
    (第59回日本先天代謝異常学会 2017)
  • FreeStyle Libreの1型糖尿病患者での測定精度に関する検討
    (第17回日本先進糖尿病治療研究会 2017)
  • 不明熱の精査中にRadiologically Isolated Syndromeが疑われた1例
    (第272回日本小児科学会兵庫県地方会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2016 神戸大学 大学院医学研究科博士課程医科学専攻入学
学位 (1件):
  • 学士 (岐阜大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る