研究者
J-GLOBAL ID:201801005584067195   更新日: 2022年04月20日

大橋 隆治

Ohashi Ryuji
所属機関・部署:
職名: 大学院教授
ホームページURL (1件): https://pathology2-nms.com/
研究分野 (1件): 人体病理学
研究キーワード (4件): 人体病理 ,  甲状腺癌 ,  乳癌 ,  血管炎
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2024 川崎病冠動脈瘤に対する脂肪由来間葉系幹細胞(ADSC)を用いた細胞療法の開発
  • 2021 - 2024 成人川崎病既往者の早期動脈硬化発症リスクの解明
  • 2019 - 2022 好酸球性副鼻腔炎病態への腸内フローラ、カンジダ増殖関与についての予備的研究
  • 2016 - 2019 川崎病におけるエクソソームmicroRNAの研究:新たな診断法、治療に向けて
  • 2014 - 2016 川崎病発症機序の解明
論文 (121件):
  • Masaki Ueno, Sawako Kobayashi, Shinichiro Asakawa, Shigeyuki Arai, Michito Nagura, Osamu Yamazaki, Yoshifuru Tamura, Ryuji Ohashi, Shigeru Shibata, Yoshihide Fujigaki. Emergence of proteinase 3-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis with mesangial immune deposition during the clinical course of IgG λ monoclonal gammopathy of uncertain significance. CEN case reports. 2022
  • Shuhei Agawa, Seiji Futagami, Hiroshi Yamawaki, Katya Gudis, Kazutoshi Higuchi, Keiko Kaneko, Mayu Habiro, Yasuhiro Kodaka, Nobue Ueki, Yoshiyuki Watanabe, et al. State of anxiety may be associated with exocrine pancreatic insufficiency in functional dyspepsia patients with pancreatic enzyme abnormalities. Journal of clinical biochemistry and nutrition. 2022. 70. 2. 175-181
  • Seiichi Shinji, Yuuki Shichi, Takeshi Yamada, Goro Takahashi, Ryo Ohta, Hiromichi Sonoda, Akihisa Matsuda, Kazuhide Yonaga, Takuma Iwai, Kohki Takeda, et al. Establishment and characterization of a novel anorectal melanoma cell line derived from primary human rectal tumor. Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi. 2022
  • Shoko Kure, Tomohiro Chiba, Aya Ebina, Kazuhisa Toda, Tomoo Jikuzono, Norio Motoda, Hiroki Mitani, Iwao Sugitani, Kengo Takeuchi, Ryuji Ohashi. Correlation between low expression of protein disulfide isomerase A3 and lymph node metastasis in papillary thyroid carcinoma and poor prognosis: a clinicopathological study of 1,139 cases with long-term follow-up. Endocrine journal. 2021
  • Yukako Shintani-Domoto, Kousuke Ishino, Hironobu Naiki, Takashi Sakatani, Ryuji Ohashi. Autopsy case with concurrent transthyretin and immunoglobulin amyloidosis. Pathology international. 2021
もっと見る
MISC (165件):
  • 野田 啓人, 貝瀬 満, 大橋 隆治, 岩切 勝彦. 【H. pylori除菌後発見胃癌の診断UPDATE】除菌後発見胃癌の内視鏡診断 超拡大観察の見地から. 胃と腸. 2022. 57. 1. 74-83
  • 大橋 隆治. 90分でだいたいわかる甲状腺細胞診の今 甲状腺乳頭癌の細胞診 鑑別と最近の知見. 日本臨床細胞学会雑誌. 2021. 60. Suppl.2. 451-451
  • 矢田 季子, 長尾 元嗣, 鈴木 綾子, 山田 裕士, 小野瀬 裕之, 田原 重志, 福田 いずみ, 大橋 隆治, 杉原 仁. 高Ca血症で発症した続発性副腎不全合併ラトケ嚢胞の一例. 日本内分泌学会雑誌. 2021. 97. 2. 498-498
  • 堂本 裕加子, 坂谷 貴司, 大橋 隆治. 日本医科大学におけるアミロイドーシス剖検症例の検討. 日本医科大学医学会雑誌. 2021. 17. 4. 248-248
  • 石野 孔祐, 工藤 光洋, 大橋 隆治. 膵癌細胞株において2-デオキシグルコースはヘキソサミン合成経路を介して小胞体ストレス関連細胞死を誘発する. 日本医科大学医学会雑誌. 2021. 17. 4. 265-266
もっと見る
書籍 (5件):
  • Thyroid FNA cytology: differential diagnosis & pitfalls
    Springer 2019
  • 腎生検病理取り扱い規約
    金原出版 2018
  • 腎生検病理アトラス
    東京医学社 2017
  • 小児腎臓病学
    日本小児腎臓病学会 2017
  • カラーイラストで学ぶ集中講義病理学
    メジカルビュー社 2016
講演・口頭発表等 (15件):
  • 甲状腺腫瘍の細胞組織診断:最近の話題を中心に
    (第78回細胞検査士ワークショップ 2019)
  • 悪性腫瘍に関連した腎障害の病理
    (第62回日本腎臓学会学術総会 2019)
  • 肺腫瘤性病変の診断と鑑別:病理医の立場から
    (第12回呼吸器連携セミナー 2019)
  • Cytopathological features of breast carcinoma with osteoclast-like giant cells: an overlooked entity of breast cancer
    (26th Thailand-Japan Diagnostic Cytology Workshop 2019)
  • Mesangiolysis: histopathological features and clinical implications
    (7th Japan-China Renal Pathology 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 1999 日本医科大学大学院
  • 1986 - 1992 日本医科大学
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 日本医科大学大学院 統御機構診断病理学 大学院教授
  • 2018/04 - 現在 日本医科大学武蔵小杉病院 病理診断科 部長、准教授
  • 2018/01 - 現在 帝京大学医学部附属病院 病理診断科 非常勤講師
  • 2011/01 - 2018/03 日本医科大学付属病院 病理部 准教授
  • 2009/08 - 2010/10 Weil Cornell Medical College Dept of Pathology Assistant Professor
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 日本臨床細胞学会 評議委員
  • 2017/01 - 現在 雑誌 Pathology International 常任刊行委員
  • 2015/04 - 現在 日本移植腎病理研究会 幹事
  • 2015/04 - 現在 日本腎病理協会 世話人
  • 2014/04 - 現在 日本病理学会 学術評議委員
受賞 (5件):
  • 2018/08 - 日本医科大学医学会 優秀演題賞
  • 2018/06 - 日本臨床細胞学会 最優秀論文賞
  • 2018/05 - 日本医科大学准講会 研究奨励賞
  • 2018/01 - Thai-Japan Diagnostic Cytology Workshop Best poster presentation
  • 2001/04 - 日本医科大学 ハイインパクトファクター賞
所属学会 (7件):
日本腎臓学会 ,  日本小児科学会 ,  日本頭頸部腫瘍学会 ,  日本内分泌外科外科学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る