研究者
J-GLOBAL ID:201801005584067195   更新日: 2020年10月06日

大橋 隆治

Ohashi Ryuji
所属機関・部署:
職名: 大学院教授
ホームページURL (1件): https://pathology2-nms.com/
研究分野 (1件): 人体病理学
研究キーワード (4件): 人体病理 ,  甲状腺癌 ,  乳癌 ,  血管炎
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 好酸球性副鼻腔炎病態への腸内フローラ、カンジダ増殖関与についての予備的研究
  • 2016 - 2019 川崎病におけるエクソソームmicroRNAの研究:新たな診断法、治療に向けて
  • 2014 - 2016 川崎病発症機序の解明
論文 (90件):
  • Yuki Minagawa, Kousuke Ishino, Ryuichi Wada, Mitsuhiro Kudo, Zenya Naito, Toshiyuki Takeshita, Ryuji Ohashi. High Expression of p21 as a Potential Therapeutic Target in Ovarian Clear-cell Carcinoma. Anticancer research. 2020. 40. 10. 5631-5639
  • Kohei Odajima, Ryo Togashi, Yoshikazu Nemoto, Yuto Hayama, Shinichiro Asakawa, Michito Nagura, Shigeyuki Arai, Osamu Yamazaki, Yoshifuru Tamura, Makoto Mochizuki, et al. Pyuria without Casts and Bilateral Kidney Enlargement are Probable Hallmarks of Severe Acute Kidney Injury Induced by Acute Pyelonephritis - A Case Report and Literature Review. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020
  • Norio Motoda, Ryuji Ohashi, Takahiro Makino, Eriko Manabe, Masujiro Makita, Zenya Naito. Utility of duct-washing cytology for detection of early breast cancer in patients with pathological nipple discharge: A comparative study with fine-needle aspiration cytology. Diagnostic cytopathology. 2020
  • Kumiko Sekiguchi, Takeshi Matsutani, Tsutomu Nomura, Nobutoshi Hagiwara, Akihisa Matsuda, Hidetsugu Hanawa, Keisuke Mishima, Nobuhiko Taniai, Ryuji Ohashi, Hiroshi Yoshida. Pulmonary metastasectomy for esophageal basaloid squamous cell carcinoma component at 66 months after esophagectomy. Surgical case reports. 2020. 6. 1. 199-199
  • Toshiyuki Irie, Takeshi Matsutani, Nobutoshi Hagiwara, Ryuji Ohashi, Tsutomu Nomura, Hidetsugu Hanawa, Keisuke Mishima, Nobuhiko Taniai, Hiroshi Yoshida. Sarcoid-like reaction in lymphadenopathy associated with superficial esophageal squamous cell carcinoma. Clinical journal of gastroenterology. 2020
もっと見る
MISC (104件):
  • 蒔田 益次郎, 眞鍋 恵理子, 許田 典男, 大橋 隆治. 乳癌の乳房部分切除術で断端陰性率を向上させる因子について. 乳癌の臨床. 2020. 35. 1. 81-89
  • 吉村 祐亮, 阿川 周平, 牧田 智彦, 田邊 智英, 山脇 博士, 小高 康裕, 植木 信江, 大橋 隆治, 二神 生爾. 腹水を伴った好酸球性胃腸炎に対して、ステロイド内服が著効した一例. 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集. 2020. 358回. 25-25
  • 大橋 隆治. 甲状腺腫瘍における境界悪性病変 その背景と問題点. 日本医科大学医学会雑誌. 2020. 16. 1. 31-32
  • 大橋 隆治. 【内科医が押さえておくべき-検査の考えかたと落とし穴】誤った解釈をされやすい検査 非腫瘍性疾患における病理診断のピットフォール. Medicina. 2019. 56. 12. 2026-2030
  • 窪倉 浩俊, 岡本 淳一, 許田 典男, 大橋 隆治, 臼田 実男. 気胸切除ブラ内に肺癌を認めたが追加切除を行うことなく、長期無再発生存した2症例. 肺癌. 2019. 59. 6. 831-831
もっと見る
書籍 (5件):
  • Thyroid FNA cytology: differential diagnosis & pitfalls
    Springer 2019
  • 腎生検病理取り扱い規約
    金原出版 2018
  • 腎生検病理アトラス
    東京医学社 2017
  • 小児腎臓病学
    日本小児腎臓病学会 2017
  • カラーイラストで学ぶ集中講義病理学
    メジカルビュー社 2016
講演・口頭発表等 (15件):
  • 甲状腺腫瘍の細胞組織診断:最近の話題を中心に
    (第78回細胞検査士ワークショップ 2019)
  • 悪性腫瘍に関連した腎障害の病理
    (第62回日本腎臓学会学術総会 2019)
  • 肺腫瘤性病変の診断と鑑別:病理医の立場から
    (第12回呼吸器連携セミナー 2019)
  • Cytopathological features of breast carcinoma with osteoclast-like giant cells: an overlooked entity of breast cancer
    (26th Thailand-Japan Diagnostic Cytology Workshop 2019)
  • Mesangiolysis: histopathological features and clinical implications
    (7th Japan-China Renal Pathology 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 1999 日本医科大学大学院
  • 1986 - 1992 日本医科大学
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 日本医科大学大学院 統御機構診断病理学 大学院教授
  • 2018/04 - 現在 日本医科大学武蔵小杉病院 病理診断科 部長、准教授
  • 2018/01 - 現在 帝京大学医学部附属病院 病理診断科 非常勤講師
  • 2011/01 - 2018/03 日本医科大学付属病院 病理部 准教授
  • 2009/08 - 2010/10 Weil Cornell Medical College Dept of Pathology Assistant Professor
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 日本臨床細胞学会 評議委員
  • 2017/01 - 現在 雑誌 Pathology International 常任刊行委員
  • 2015/04 - 現在 日本移植腎病理研究会 幹事
  • 2015/04 - 現在 日本腎病理協会 世話人
  • 2014/04 - 現在 日本病理学会 学術評議委員
受賞 (5件):
  • 2018/08 - 日本医科大学医学会 優秀演題賞
  • 2018/06 - 日本臨床細胞学会 最優秀論文賞
  • 2018/05 - 日本医科大学准講会 研究奨励賞
  • 2018/01 - Thai-Japan Diagnostic Cytology Workshop Best poster presentation
  • 2001/04 - 日本医科大学 ハイインパクトファクター賞
所属学会 (7件):
日本腎臓学会 ,  日本小児科学会 ,  日本頭頸部腫瘍学会 ,  日本内分泌外科外科学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る