研究者
J-GLOBAL ID:201801005667645549   更新日: 2021年04月11日

徳田 和央

Kazuhiro Tokuda
所属機関・部署:
職名: 学内併任講師
研究分野 (3件): 神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  眼科学
研究キーワード (5件): 細胞制御学 ,  神経分子生物学 ,  神経毒性 ,  神経再生 ,  網膜
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2021 血液網膜バリアに着目したVEGFを標的としない加齢黄斑変性の治療法の開発
  • 2018 - 2019 不飽和脂肪酸複合剤服用による炎症抑制および内在性網膜幹細胞誘導を併用した高齢者の悪性糖尿病網膜症に対する新規治療の開発
  • 2016 - 2019 失明疾患モデルにおけるグルタミン酸を用いた内在性幹細胞誘導による網膜再生法の確立
  • 2017 - 2017 加齢黄斑変性に対する免疫制御及び内在性幹細胞誘導を融合した次世代治療法の確立
論文 (44件):
  • Makiko Wakuta, Nanami Nomi, Tadahiko Ogata, Manami Ota, Chiemi Yamashiro, Makoto Hatano, Ryoji Yanai, Kazuhiro Tokuda, Kazuhiro Kimura. A Trinity regimen with aflibercept for treatment-naïve neovascular age-related macular degeneration: 2-year outcomes. Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie. 2020. 258. 8. 1663-1670
  • Sho-Hei Uchi, Ryoji Yanai, Masaaki Kobayashi, Makoto Hatano, Yuka Kobayashi, Chiemi Yamashiro, Tomohiko Nagai, Kazuhiro Tokuda, Kip M Connor, Koh-Hei Sonoda, et al. Correction: Dendritic cells mediate the anti-inflammatory action of omega-3 long-chain polyunsaturated fatty acids in experimental autoimmune uveitis. PloS one. 2020. 15. 3. e0231277
  • Tokuda K, Baron B, Yamashiro C, Kuramitsu Y, Kitagawa T, Kobayashi M, Sonoda KH, Kimura K. Up-regulation of the pentose phosphate pathway and HIF-1α expression during neural progenitor cell induction following glutamate treatment in rat ex vivo retina. Cell biology international. 2019
  • Masaaki Kobayashi, Kazuhiro Tokuda, Yuka Kobayashi, Chiemi Yamashiro, Sho-Hei Uchi, Makoto Hatano, Kazuhiro Kimura. Suppression of Epithelial-Mesenchymal Transition in Retinal Pigment Epithelial Cells by an MRTF-A Inhibitor. Investigative ophthalmology & visual science. 2019. 60. 2. 528-537
  • Sho-Hei Uchi, Ryoji Yanai, Masaaki Kobayashi, Makoto Hatano, Yuka Kobayashi, Chiemi Yamashiro, Tomohiko Nagai, Kazuo Tokuda, Kip M Connor, Koh-Hei Sonoda, et al. Dendritic cells mediate the anti-inflammatory action of omega-3 long-chain polyunsaturated fatty acids in experimental autoimmune uveitis. PloS one. 2019. 14. 7. e0219405
もっと見る
MISC (59件):
  • 徳田和央, 山城知恵美, 小林由佳, 波多野誠, 小林正明, 寺西慎一郎, 山田直之, 柳井亮二, 藏滿保宏, 木村和博. 網膜前駆細胞活性化におけるピルビン酸キナーゼM2アイソフォームの機能. 日本眼科学会雑誌. 2020. 124. 臨増. 188-188
  • 波多野誠, 徳田和央, 小林由佳, 山城知恵美, 内翔平, 小林正明, 柳井亮二, 木村和博. 光誘因性の網膜細胞死におけるHSF1の役割. 日本眼科学会雑誌. 2020. 124. 臨増. 189-189
  • 山城知恵美, 徳田和央, 小林由佳, 小林正明, 波多野誠, 永井智彦, 寺西慎一郎, 徳田信子, 木村和博. 点眼防腐剤によるテノン嚢線維芽細胞の形態変化に対する角膜上皮細胞の抑制作用と機序. 日本眼科学会雑誌. 2020. 124. 臨増. 221-221
  • 小林由佳, 山城知恵美, 小林正明, 波多野誠, 徳田和央, 柳井亮二, 木村和博. RAR-α agonistによるsubretinal fibrosisの抑制作用. 日本眼科学会雑誌. 2020. 124. 臨増. 299-299
  • 小林 由佳, 佐久間 彩乃, 太田 真実, 山城 知恵美, 内 翔平, 小林 正明, 波多野 誠, 湧田 真紀子, 徳田 和央, 柳井 亮二, et al. 網膜色素上皮細胞によるコラーゲンゲル収縮に対するRAR-αアゴニストの抑制作用. 眼科臨床紀要. 2019. 12. 11. 850-850
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • 滲出型加齢黄斑変性の再発と脈絡膜血管透過性亢進の関連性
    (第73回日本臨床眼科学会 2019)
  • Co-culture with corneal epithelial cells decreases transformation of Tenon`s capsule fibroblasts into myofibroblast by benzalkonium chloride.
    (ARVO 2019 2019)
  • Suppression of TGF-β2-induced RPE cells contraction by RAR-α agonist
    (ARVO 2019 2019)
  • Vascular endothelial growth factor secretion induced by endogenous danger signals in retinal pigment epithelial cells.
    (ARVO 2019 2019)
  • グルタミン酸を用いた神経前駆細胞誘導時における、ラットex vivo網膜内の代謝系タンパク質の動態変化
    (第132回山口県眼科医会秋季総会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (山口大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 山口大学医学部附属病院 眼科 学内併任講師
  • 2015 - 山口大学医学部附属病院 眼科 助教
  • 2010 - 米国ミズーリ州ワシントン大学医学部 Research Instructor
  • 2009 - 米国ミズーリ州ワシントン大学医学部 Staff Scientist
  • 2005 - 米国ミズーリ州ワシントン大学医学部 Research Scientist
受賞 (2件):
  • 2018/11 - 第14回山口県眼科医会賞
  • 2018/04 - 第7回向月会学術奨励賞
所属学会 (3件):
日本眼科医会 ,  日本眼科学会 ,  北米神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る