研究者
J-GLOBAL ID:201801005698132132   更新日: 2021年04月13日

滝澤 恵美

タキザワ メグミ | Megumi Takizawa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (4件): 運動機能 ,  運動学 ,  バイオメカニクス ,  骨格筋
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2015 - 2018 脳卒中片麻痺者が立ち上がる際に股関節内転筋は有効に利用されているのか?
  • 2016 - 2017 チンパンジーの比較解剖学-乳様突起部と股関節を中心に-
  • 2014 - 2017 アクティブラーニングを促進するIPE(inter-professional education)プログラムの開発
  • 2015 - 2016 児童におけるしゃがみの困難性と身体的要因
  • 2015 - 2016 チンパンジーの比較解剖学-乳様突起部と股関節を中心に-
全件表示
論文 (16件):
もっと見る
MISC (1件):
  • Yuta Suzuki, Yasuto Kobayashi, Munenori Murata, Megumi Takizawa. Muscle contributions to body mass center velocity during vertical and forward jumping. Proceedings of the 35th International Conference on Biomechanics in Sports 2017. 2017. 280-283
講演・口頭発表等 (17件):
  • Adductor Magnus is Just as Much an Antigravity Muscle around Hip Joint as Gluteus Maximus
    (International Society of Physical and Rehabilitation Medicine 2018)
  • 要支援・要介護者に対する集団体操が自己効力感に与える影響 健康管理、在宅運動に着目して
    (日本理学療法学術大会 2017)
  • Difference in work output of lower limb muscles during horizontal and vertical jumps
    (Annual Meeting Orthopaedic Research Society. 2017)
  • Issue of Thigh Splints Triggered by Squatting Exercise: Focus on the Adductor Magnus
    (Annual Meeting Orthopaedic Research Society. 2017)
  • 抗重力動作に対する大殿筋の関与-スクワットにおける大殿筋の推定筋張力と筋活動の特徴から-
    (日本解剖学総会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2012 札幌医科大学大学院 理学療法学・作業療法学専攻
  • 1999 - 2001 筑波大学大学院 スポーツ健康科学専攻
  • 1992 - 1995 東京都立医療技術短期大学 理学療法学科
学位 (2件):
  • 博士(理学療法学) (札幌医科大学)
  • 修士(体育学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 茨城県立医療大学 保健医療学部 教授
  • 2014/04 - 現在 札幌医科大学 解剖学第二講座 訪問研究員
  • 2014/04 - 2021/03 茨城県立医療大学保健医療学部 理学療法学科 准教授
  • 2006/08 - 2014/03 茨城県立医療大学保健医療学部 理学療法学科 講師
  • 2000/04 - 2006/08 茨城県立医療大学保健医療学部 理学療法学科 助手
所属学会 (2件):
日本解剖学会 ,  日本基礎理学療法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る