研究者
J-GLOBAL ID:201801005712331852   更新日: 2024年06月14日

佐々木 蘭貞

ササキ ランディ | SASAKI Randy
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 考古学
研究キーワード (4件): 水中考古学 ,  アジア ,  水中文化遺産 ,  考古学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2024 - 2028 海からみなとを探る:水中考古学と海洋科学の融合
  • 2022 - 2026 桧原湖水中遺跡と水没をもたらした火山災害の全容解明
論文 (2件):
  • Jun Kimura, Mark Staniforth, Le Thi Lien, Randall Sasaki. Naval Battlefield Archaeology of the Lost Kublai Khan Fleets. INTERNATIONAL JOURNAL OF NAUTICAL ARCHAEOLOGY. 2014. 43. 1. 76-86
  • Jun Kimura, Randall Sasaki, Vu The Long. Historical Development of Asian Anchors, as Evidenced by Two Wooden Anchors Found in Northern Vietnam. INTERNATIONAL JOURNAL OF NAUTICAL ARCHAEOLOGY. 2011. 40. 2. 361-373
MISC (9件):
  • 佐々木 蘭貞. アラブ諸国の水中文化遺産保護体制-Underwater Cultural Heritage Protection Regimes in Arab Countries. 西アジア考古学 = Journal of West Asian archaeology / 『西アジア考古学』編集委員会 編. 2024. 25. 93-102
  • 中川 永, 山崎 新太郎, 谷川 亘, 木村 淳, 佐々木 蘭貞, 島田 章広. サイドスキャンソーナーを用いた水中遺跡調査の実践的取り組み : 桧原宿跡を事例に. 貝塚 / 物質文化研究会 編. 2023. 79. 1-10
  • 櫛原 功一, 佐々木 蘭貞. 本栖湖底遺跡と丸木舟. 帝京大学文化財研究所研究報告 = Bulletin of Research Institute of Cultural Properties, Teikyo University / 帝京大学文化財研究所 編. 2023. 22. 183-197
  • 佐々木 蘭貞. 東南アジアの沈没船遺跡に見られるゴング資料の考え方-Approaches to the Study of Gongs Found on Shipwrecks in Southeast Asia-共同研究の可能性 : 東南アジアの金属楽器『ゴング』に関する体系的研究. 筑紫女学園大学人間文化研究所年報 = Annual report of the Humanities Research Institute, Chikushi Jogakuen University. 2022. 33. 203-221
  • 佐々木, 蘭貞. [論文] 水中文化遺産研究の可能性 : 鷹島海底遺跡の検証を中心に. 国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History. 2021. 223. 179-205
もっと見る
書籍 (3件):
  • 水中考古学 : 地球最後のフロンティア : 海に眠る遺跡が塗り替える世界と日本の歴史
    エクスナレッジ 2022 ISBN:9784767829272
  • The origins of the lost fleet of the Mongol Empire
    Texas A&M University Press 2015 ISBN:9781623491949
  • 沈没船が教える世界史 (メディアファクトリー新書)
    メディアファクトリー 2010 ISBN:4840136645
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る