研究者
J-GLOBAL ID:201801005808189330   更新日: 2021年08月10日

北田 伸一

キタダ シンイチ | Kitada Shin-Ichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 英語学
研究キーワード (1件): 生成文法理論
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 最適なパラメータ理論の構築に向けた研究
  • 2015 - 2018 統語論における修復操作の研究
  • 2013 - 2015 極小主義プログラムにおける項構造決定メカニズムの研究
論文 (21件):
  • Yosuke Sato, Nobu Goto, Shin-Ichi Kitada. On the In-Situ Theory of Sluicing in English: A New Perspective from “Immobile” Elements. English Linguistics. 2018. 35. 1. 96-121
  • Shin-Ichi Kitada. Minimizing Application of Movement: Evidence from Echo Questions in English. Explorations in English Linguistics. 2017. 31. 31-55
  • Shin-Ichi Kitada. Landau, Idan (2013) Control in Generative Grammar: A Research Companion. English Linguistics. 2015. 32. 2. 397-409
  • Naoto Satow, Shin-Ichi Kitada. Clausal Subjects in Japanese. FLC Working Papers in Linguistics. 2015. 12. 27-46
  • Shin-Ichi Kitada. Of-Insertion as a Repair Operation in Syntax. JELS 32: Papers from the Thirty-Second Conference November 8-9, 2014 and from the Seventh International Spring Forum April 19-20, 2014 of The English Linguistic Society of Japan. 2015. 32. 42-48
もっと見る
MISC (9件):
  • 北田伸一、那須川訓也、前田雅子、北原久嗣. 言語の多様性再考:外在化の観点から. JELS 37: Papers from the Thirty-Seventh Conference November 9-10, 2019 and from the Twelfth International Spring Forum May 11-12, 2019 of The English Linguistic Society of Japan. 2020. 37. 168-169
  • Shin-Ichi Kitada. Bracketing Paradoxes and Their Implications for the Syntax-Morphology Interface. 東京理科大学紀要(教養篇). 2018. 50. 13-29
  • 北田 伸一. 併合の自由適用とGotの随意的挿入. 言語学の現在を知る26考. 2016. 106-117
  • Shin-Ichi Kitada. PF Intervention Conditions on Covert Pied-Piping. Phonological Externalization. 2016. 1. 63-74
  • Shin-Ichi Kitada. The Ergative Parameter Revisited. 東京理科大学紀要(教養編). 2015. 47. 77-92
もっと見る
書籍 (3件):
  • 英語構文を分析する(上)
    開拓社 2020
  • 増補版 チョムスキー理論辞典
    研究社 2016
  • 言語学の現在を知る26考
    研究社 2016 ISBN:9784327332099
講演・口頭発表等 (24件):
  • 助動詞の内部構造について
    (第83回新潟大学言語研究会 2021)
  • 外在化メカニズムから導出する主語省略パラメータ
    (日本英文学会第92回全国大会(シンポジア「空項(発音されない項)に関する諸問題」(企画者:島越郎、発表者:藏藤健雄、北田伸一、縄田裕幸、島越郎(五十音順))) 2020)
  • 空範疇の探索可能性:探索する空範疇と探索される空範疇
    (日本言語学会第160回大会 2020)
  • 代名詞主語省略の再考
    (日本英語学会第37回大会(ワークショップ題目:「言語の多様性再考:外在化の観点から」(企画者:北田伸一、発表者:那須川訓也、北田伸一、前田雅子、北原久嗣(発表順))) 2019)
  • 言語間変異とパラメータ
    (新潟大学人文学部英語学講演会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2011 東北大学 文化科学専攻
学位 (2件):
  • 修士(文学) (東北大学)
  • 博士(文学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 新潟大学 人文学部 人文学科 准教授
  • 2021/04 - 現在 新潟大学 教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 准教授
  • 2020/04 - 2021/03 東京理科大学 理学部第一部教養学科 准教授
  • 2013/04 - 2020/03 東京理科大学 理学部第一部教養学科 講師
  • 2018/04 - 2019/03 アリゾナ大学 言語学科 客員研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 日本英語学会 財務・学会賞委員会・理事会書記
  • 2017/04 - 現在 日本英語学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2013/11/09 - 第10回(2013年度)日本英語学会新人賞
  • 2013/03/11 - EL研究奨励賞
所属学会 (3件):
日本言語学会 ,  日本英文学会 ,  日本英語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る