研究者
J-GLOBAL ID:201801006161219718   更新日: 2024年02月01日

レメイン ジェラード

Remijn Gerard
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~remijn/japan/
研究分野 (1件): 実験心理学
研究キーワード (5件): 聴覚心理学 ,  知覚心理学 ,  視聴覚統合 ,  脳科学 ,  視覚心理学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2023 多言語音声知覚における脳内リズムと意味理解
  • 2020 - 2022 Solving the Midas Touch problem in object selection with eye tracking
  • 2021 - 一般財団法人曽田豊二記念財団 / Investigating emotion in sound by using pupillometry
  • 2017 - 2019 Eye-gaze based visual passwords for universal use in public places
  • 2017 - 2019 音声知覚のトップダウンとボトムアップ:脳はいかに欠けた情報を埋め合わせるか.
全件表示
論文 (82件):
  • Gerard B. Remijn, Masaki Teramachi, Kazuo Ueda. Auditory Ensemble Perception (Summary Statistics) for Music Scale Tones by Listeners with and without Absolute Pitch. Auditory Perception & Cognition. 2024
  • Yoshitaka Nakajima, Gerard Bastiaan Remijn. At what level is the gap transfer illusion illusory?. i-Perception. 2023. 4. 14. 1-3
  • Hikaru Eguchi, Kazuo Ueda, Gerard B. Remijn, Yoshitaka Nakajima, Hiroshige Takeichi. The common limitations in auditory temporal processing for Mandarin Chinese and Japanese. Scientific Reports. 2022. 12. 1
  • Yoshitaka Nakajima, Gerard B. Remijn, Yuki Kamimura, Kyoko Kanafuka. Roles of temporal proximity between sound edges in the perceptual organization of veridical and illusory auditory events. Hearing Research. 2022. 422. 108546-108546
  • João P. Cabral, Gerard B. Remijn. The Duration of an Auditory Icon Can Affect How the Listener Interprets Its Meaning. ACM Transactions on Applied Perception. 2022. 19. 2. 1-16
もっと見る
MISC (3件):
  • 下道 喜代美, 菊知 充, 上野 沙奈絵, 吉村 優子, Remijn Gerard, Bastiaan, 長尾 紀久子, 東田 陽博, 三邉 義雄. 脳磁図(MEG)で知覚の共感性を幼児から捉えることができるか? 幼児専用MEGを用いた定量化の試み. 子どものこころと脳の発達. 2011. 2. 1. 54-63
  • 光藤 崇子, 中島 祥好, Remijn Gerard, 後藤 純信, 飛松 省三. 聴覚における時間的同化現象の脳内メカニズム. 臨床神経生理学. 2008. 36. 5. 530-530
  • 齊藤 崇子, 中島 祥好, Remijn Gerard B, 後藤 純信, 飛松 省三. 認知神経科学における最前線 時間縮小錯覚による聴覚時間知覚機構. 臨床神経生理学. 2007. 35. 5. 328-329
書籍 (1件):
  • 聴覚の文法 (音響サイエンスシリーズ 8)
    コロナ社 2014
講演・口頭発表等 (147件):
  • 音の周波数変化が聴覚の数的判断に与える影響. The effect of sound frequency on auditory numerosity judgements.
    (Presented at the Auditory Research Meeting of the Acoustical Society of Japan 2023)
  • Summary statistics for music scale tones: the influence of the interstimulus interval between the stimulus set and the comparison tone.
    (Presented at the Auditory Research Meeting of the Acoustical Society of Japan 2023)
  • Selective listening in checkerboard and interrupted speech stimuli with two talkers.
    (Presented at Acoustics 2023 2023)
  • Effects of angles and motion lines in pictograms on perceived presentation duration.
    (Presented at Fechner Day 2023 2023)
  • Temporal proximity between sound edges is vital for the gap transfer illusion.
    (Presented at Fechner Day 2023 2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2000 - 2003 九州芸術工科大学 芸術工学研究科 博士後期課程 (芸術工学)
  • 1990 - 1994 Leiden大学 大学院心理学研究科 (実験心理学)
  • 1988 - 1990 Leiden大学 人間社会学部 (心理学)
経歴 (6件):
  • 2014/04 - 現在 九州大学 芸術工学府 准教授
  • 2010/04 - 2014/03 九州大学 国際教育センター 准教授
  • 2009/01 - 2010/03 金沢大学 医薬保健研究域 脳情報病態学 博士研究員
  • 2007/10 - 2008/12 金沢大学 21世紀COEプログラム「発達・学習・記憶と障害の革新脳科学の創成」 博士研究員
  • 2005/10 - 2007/09 九州大学 日本学術振興会 外国人特別研究員
全件表示
所属学会 (2件):
International Society for Psychophysics ,  日本音響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る