研究者
J-GLOBAL ID:201801006245491154   更新日: 2020年01月17日

藤田 浩二

フジタ コウジ | FUJITA Koji
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 整形外科学
研究キーワード (1件): 手外科 骨粗鬆症 骨代謝
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • ヒト成熟骨芽細胞を用いた新規骨折治療法の開発
  • 2017 - 2018 成熟骨芽細胞移植による骨折治癒促進機序の解明と新規治療法開発への応用
  • 2015 - 2016 ヒト成熟骨芽細胞を用いた新規骨折治療法の開発
論文 (100件):
  • Koji Fujita, Makiko Iwasaki, Hiroki Ochi, Toru Fukuda, Chengshan Ma, Takeshi Miyamoto, Kimitaka Takitani, Takako Negishi-Koga, Satoko Sunamura, Tatsuhiko Kodama, Hiroshi Takayanagi, Hiroshi Tamai, Shigeaki Kato, Hiroyuki Arai, Kenichi Shinomiya, Hiroshi Itoh, Atsushi Okawa, Shu Takeda. Vitamin E decreases bone mass by stimulating osteoclast fusion. Nat. Med. 2012. 18. 4. 589-594
  • Toru Fukuda, Shu Takeda, Ren Xu, Hiroki Ochi, Satoko Sunamura, Tsuyoshi Sato, Shinsuke Shibata, Yutaka Yoshida, Zirong Gu, Ayako Kimura, Chengshan Ma, Cheng Xu, Waka Bando, Koji Fujita, Kenichi Shinomiya, Takashi Hirai, Yoshinori Asou, Mitsuhiro Enomoto, Hideyuki Okano, Atsushi Okawa, Hiroshi Itoh. Sema3A regulates bone-mass accrual through sensory innervations. Nature. 2013. 497. 7450. 490-493
  • Fujita Koji, Watanabe Takuro, Kuroiwa Tomoyuki, Sasaki Toni, Nimura Akimoto, Sugiura Yuta. A Tablet-Based App for Carpal Tunnel Syndrome Screening: Diagnostic Case-Control Study. JMIR MHEALTH AND UHEALTH. 2019. 7. 9. e14172
  • Tano A, Oh Y, Fukushima K, Kurosa Y, Wakabayashi Y, Fujita K, Yoshii T, Okawa A. Potential bone fragility of mid-shaft atypical femoral fracture: Biomechanical analysis by a CT-based nonlinear finite element method. Injury. 2019
  • Tomoyuki Kuroiwa, Megumi Matsumoto, Ryuji Kato, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Koji Fujita. Activation of cancer-related and mitogen-activated protein kinase signaling pathways in human mature osteoblasts isolated from patients with type 2 diabetes. Bone Rep. 2019. 10. 100199-100199
もっと見る
MISC (6件):
  • 藤田 浩二. 【超音波診断CONTENTS 2019 BOOK】臨床 整形外科 整形外科領域の超音波活用. 映像情報Medical. 2019. 51. 6. 112-115
  • 藤田浩二, 竹田秀. ビタミンの過剰症. ファルマシア. 2015. 51. 3. 216-219
  • 藤田浩二, 竹田秀. ビタミンEによる骨代謝調節の分子機構. 腎と骨代謝. 2014. 27. 3. 241-246
  • 藤田浩二, 竹田秀. ビタミンEは破骨細胞融合を刺激し、骨量減少をひき起こす. リウマチ科. 2013. 49. 3. 352-357
  • 藤田浩二, 竹田秀. ビタミンと骨代謝. 細胞. 2012. 44. 7. 286-289
もっと見る
講演・口頭発表等 (130件):
  • 手術治療を行った医原性末梢神経損傷の検討
    (第57回日本手外科学会学術集会 2014)
  • 手根管症候群の治療 再建を含む術式の選択 重度手根管症候群に対する木森法による母指対立再建術の治療成績
    (第57回日本手外科学会学術集会 2014)
  • ビタミンEは破骨細胞融合を刺激し、骨量減少を引き起こす
    (第87回日本整形外科学会学術総会 2014)
  • ヒト骨芽細胞抽出法の開発と骨芽細胞における遺伝子発現の解析
    (第34回日本骨形態計測学会 2014)
  • ヒト骨芽細胞抽出法の開発と骨芽細胞における遺伝子発現の解析
    (第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 東京医科歯科大学
  • 東京医科歯科大学
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (7件):
  • 2008/09 - 2011/03/31 Global COE Super Student
  • 2009/10 - 2011/03/31 慶應義塾大学医学部 特任研究員
  • 2011/04 - 2013/10/31 Mayo Clinc 常勤研究員
  • 2014/07/01 - 2015/03/31 広島手の外科微小外科研究所 研究員
  • 2013/11/01 - 2016/06/30 東京医科歯科大学 助教
全件表示
受賞 (11件):
  • 2019/04 - 日本手外科学会 ベストスーパーバイザーアワード
  • 2018/07 - Fragility Fracture Network The 7th Fragility Fracture Network Global Congress 「Top 6 Abstracts 」 (藤田 浩二) Decreased grip strength and dynamic body balancing in women with distal radial fractures
  • 2017/05 - 公益財団法人 整形災害外科学研究助成財団 旭化成ファーマ奨励賞
  • 2017/04 - 第60回日本手外科学会学術集会 最優秀賞 (藤田 浩二) 橈骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している
  • 2017/04 - 日本手外科学会 第60回日本手外科学会 Best paper 橈骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る