研究者
J-GLOBAL ID:201801006356133184   更新日: 2021年10月20日

立山 耕平

タテヤマコウヘイ | TATEYAMA Kohei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 防災工学 ,  構造材料、機能材料 ,  材料力学、機械材料
研究キーワード (3件): 衝撃工学 ,  材料力学 ,  セル構造体
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2022 繊維状磁性体を用いることでマグネトレオロジー効果を強化した繊維強化磁気粘性流体の開発
  • 2020 - 2022 固液可変セル構造流体を用いたフレキシブルな衝撃吸収メカニズムの創成
  • 2020 - 2021 突発的噴火において飛散する噴石の衝撃変形 ・破壊特性の解明と耐噴石シェルタ ー設計の数値シミュレーションヘの応用
  • 2020 - 2020 セル構造体の高速圧縮に伴う内部流体流出挙動の可視化および定量化
  • 2019 - 2020 飛散防止シートの開発とその評価手法に関する研究
全件表示
論文 (18件):
  • 立山耕平, 小濱直樹, 渡辺圭子. マグネット・コイル法を利用した直進移動物体の位置および姿勢計測. 材料. 2021. 70. 11. in press
  • 立山耕平, 三谷祐哉, 渡辺圭子. 磁気粘性流体における衝突誘起圧力波の伝播特性. 材料. 2021. 70. 11. in press
  • 山田浩之, 鵜飼悠帆, 樋口理宏, 立山耕平, 佐々木寿, 保科祐一郎, 和田野加恵, 小笠原永久. 模擬火山れきに対する登山用ヘルメットの耐衝撃特性. 材料. 2021. 70. 11. in press
  • H. Yamada, K. Tateyama, M. Yoshimoto, S. Torigata, S. Naruke, S. Sasaki, T. Fujii. Impact Resistance of Steel Materials to Ballistic Ejecta and Shelter Development using Steel Deck plates. Journal of Applied Volcanology. 2021. 10. 5. 1-15
  • Yuya Hanaoka, Taku Itoh, Kohei Tateyama, Susumu Nakata, Keiko Watanabe. Shape Modelling of Metal Foams of Open/Closed States and their Intermediates by Implicit Function. Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering. 2021. 8. 1. 143-153
もっと見る
MISC (5件):
講演・口頭発表等 (64件):
  • 磁気粘性流体中の圧力波伝播挙動に及ぼす微視的構造の影響
    (日本機械学会 M&M2021カンファレンス 2021)
  • ガラスビーズを通過する応力波の伝播挙動の評価
    (日本機械学会 M&M2021カンファレンス 2021)
  • 傾きを保ちつつ直進移動する物体のサブコイルを用いた3次元挙動同定
    (日本材料学会 第70期学術講演会 2021)
  • 木造建築物屋根の噴石衝突安全に関する実験的検討
    (日本地球惑星科学連合2021年大会 2021)
  • 陰関数を用いたopen-cellの発泡金属の形状モデリング及び電磁シールドへの応用
    (【非線形問題の解法と可視化に関する研究会】 2020年度第1回研究会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2018 防衛大学校理工学研究科後期課程 装備生産工学
  • 2013 - 2015 防衛大学校理工学研究科前期課程 機械工学科
  • 2005 - 2009 山形大学 物質化学工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (独立行政法人大学改革支援・学位授与機構)
経歴 (3件):
  • 2018/09 - 現在 立命館大学 理工学部 助教
  • 2018/04 - 2018/09 防衛省陸上自衛隊 開発実験団評価科 1等陸尉
  • 2009/04 - 2013/03 防衛省陸上自衛隊 第8後方支援連隊第1整備大隊 2等陸尉
委員歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 日本材料学会関西支部 第70期常議員
  • 2020/02 - 現在 日本高圧力技術協会 衝撃荷重を受ける構造物の構造健全性評価基準に関する研究(フェーズ3)
  • 2019/10 - 現在 建築研究開発コンソーシアム 中高層建築物のガラス・サッシの安全性に関する研究 (快適性との両立)
  • 2018/12 - 現在 日本材料学会 衝撃部門委員会
  • 2018/10 - 現在 日本機械学会 材料力学部門 材料力学における異分野融合に関する研究会
受賞 (4件):
  • 2015/05 - 日本材料学会 第64期優秀講演発表賞
  • 2015/03 - 日本機械学会 三浦賞
  • 2015/03 - 防衛大学校学術・教育振興会 山崎学生奨励賞
  • 2014/09 - 日本機械学会 部門一般表彰 奨励講演論文部門
所属学会 (6件):
日本建築学会 ,  日本火山学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本材料学会 ,  日本機械学会 ,  建築研究開発コンソーシアム
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る