研究者
J-GLOBAL ID:201801006483615414   更新日: 2020年08月28日

金 俊延

キム ジュンヨン | Junyeon Kim
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 応用物性
研究キーワード (8件): Surface physics ,  Spintronics ,  Spin conversion ,  Spin physics ,  表面物性 ,  スピントロニクス ,  スピン変換 ,  スピン物性
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 軌道ラシュバ効果や軌道モメント輸送によるスピン操作に関する研究
論文 (16件):
  • Heeman Kim, Shutaro Karube, Juan Borge, Junyeon Kim, Kouta Kondou, YoshiChika Otani. Evidence for spin swapping from modulation of transverse resistance in magnetic heterostructures with Rashba interface. APPLIED PHYSICS LETTERS. 2020. 116. 12
  • Junyeon Kim, Yan-Ting Chen, Shutaro Karube, Saburo Takahashi, Kouta Kondou, Gen Tatara, YoshiChika Otani. Evaluation of bulk-interface contributions to Edelstein magnetoresistance at metal/oxide interfaces. PHYSICAL REVIEW B. 2017. 96. 14. 140409(R)-1-6
  • Jacob Torrejon, Junyeon Kim, Jaivardhan Sinha, Masamitsu Hayashi. Spin-Orbit Effects in CoFeB/MgO Heterostructures with Heavy Metal Underlayers. SPIN. 2016. 6. 2. 1640002-1-14
  • Zhenchao Wen, Junyeon Kim, Hiroaki Sukegawa, Masamitsu Hayashi, Seiji Mitani. Spin-orbit torque in Cr/CoFeAl/MgO and Ru/CoFeAl/MgO epitaxial magnetic heterostructures. AIP ADVANCES. 2016. 6. 5. 056307-1-8
  • Junyeon Kim, Peng Sheng, Saburo Takahashi, Seiji Mitani, Masamitsu Hayashi. Spin Hall Magnetoresistance in Metallic Bilayers. PHYSICAL REVIEW LETTERS. 2016. 116. 9. 097201-1-5
もっと見る
特許 (1件):
  • スピントルク発生素子、その製造方法、及び、磁化制御装置
学歴 (3件):
  • 2006 - 2011 ソウル大学校 物理天文学部 理学博士
  • 2004 - 2006 ソウル大学校 物理天文学部 理学修士
  • 2000 - 2004 ソウル大学校 物理学部 理博士
学位 (3件):
  • 理学博士 (ソウル大学校)
  • 理学修士 (ソウル大学校)
  • 理学士 (ソウル大学校)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 理化学研究所 創発物性科学研究センター量子ナノ磁性研究チーム 研究員
  • 2015/02 - 2019/03 理化学研究所 創発物性科学研究センター量子ナノ磁性研究チーム 特別研究員
  • 2011/09 - 2015/01 物質・材料研究機構 ポスドク研究員
  • 2011/02 - 2011/08 ソウル大学校 基礎科学研究院 博士研究員
受賞 (1件):
  • 2006/09 - ソウル特別市 ソウル科学奨学生
所属学会 (1件):
応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る