研究者
J-GLOBAL ID:201801006538368071   更新日: 2024年05月24日

山田 苑子

ヤマダ ソノコ | Yasui-Yamada Sonoko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 栄養学、健康科学
研究キーワード (3件): 癌患者の栄養管理 ,  栄養評価 ,  臨床栄養
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 癌患者の栄養指標としてのBIA-位相角の可能性 ~赤血球膜脂肪酸との関連性探索~
  • 2018 - 2022 腸内細菌叢の活性で調節される食物由来の概日リズム振動化合物の同定及びヒトへの応用
  • 2018 - 2020 生体内・外の代謝情報を統合したハイブリッド栄養学の創出
  • 2016 - 2020 がん患者のエネルギー消費量の検討およびメタボローム解析による栄養素代謝変化の解明
  • 2014 - 2016 頭頸部癌の化学放射線療法において低栄養を引き起こす危険因子の解明
論文 (23件):
  • Miyu Kubo, Sonoko Yasui-Yamada, Haruka Hayashi, Midori Kitao, Kyoko Wada, Ayaka Yamanaka, Nao Ohmae, Momoyo Matsuoka, Seiichiro Kamimura, Aki Shimada, et al. Development and validation of equations for predicting appendicular skeletal muscle mass in male patients with head and neck cancer and normal hydration status. Nutrition. 2023. 116. 112184-112184
  • Yu Saito, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shinichiro Yamada, Hiroki Teraoku, Sonoko Yasui-Yamada, Maki Nishi, Hiroshi Sakaue, Motomu Kamada, Tetsuya Matsuura, et al. Preoperative Weight Loss Program for Hepatocellular Carcinoma Patients with High Body Mass Index in Hepatectomy. World journal of surgery. 2023
  • Nao Ohmae, Sonoko Yasui-Yamada, Taiki Furumoto, Kyoko Wada, Haruka Hayashi, Midori Kitao, Ayaka Yamanaka, Miyu Kubo, Momoyo Matsuoka, Seiichiro Kamimura, et al. Muscle mass, quality, and strength; physical function and activity; and metabolic status in cachectic patients with head and neck cancer. Clinical nutrition ESPEN. 2023. 53. 113-119
  • Mami Takimoto, Sonoko Yasui-Yamada, Nanami Nasu, Natsumi Kagiya, Nozomi Aotani, Yumiko Kurokawa, Yoshiko Tani-Suzuki, Hideya Kashihara, Yu Saito, Masaaki Nishi, et al. Development and Validation of Cutoff Value for Reduced Muscle Mass for GLIM Criteria in Patients with Gastrointestinal and Hepatobiliary-Pancreatic Cancers. Nutrients. 2022. 14. 5
  • Ayaka Yamanaka, Sonoko Yasui-Yamada, Taiki Furumoto, Miyu Kubo, Haruka Hayashi, Midori Kitao, Kyoko Wada, Nao Ohmae, Seiichiro Kamimura, Aki Shimada, et al. Association of phase angle with muscle function and prognosis in patients with head and neck cancer undergoing chemoradiotherapy. Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.). 2022. 103-104. 111798-111798
もっと見る
MISC (16件):
もっと見る
書籍 (9件):
  • ナースが行う栄養指導のポイント
    株式会社 医学出版 2017
  • がん患者さんの栄養管理を支える栄養サポートチーム(特集 がんに対するチーム医療最前線)
    四国医学会 2017
  • 児童生徒の食と病気 (2) 小児腎疾患の食事と生活
    全国学校栄養士協議会 2017
  • 悪性腫瘍
    2016
  • 根拠に基づいた経腸栄養剤の選択 腎疾患
    フジメディカル出版 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (137件):
  • 簡便に得られるデータから作成した四肢骨格筋量を予測する回帰式の妥当性検証
    (第27回 日本病態栄養学会年次学術集会 2024)
  • 肥満を有する肝細胞癌患者に対する術前栄養運動介入の有用性 - ERAS導入による手術成績の向上 -
    (第78回日本消化器外科学会総会 2023)
  • 肥満を有する肝細胞癌患者に対する術前栄養運動介入の有用性-ERAS導入による手術成績の向上 -
    (日本外科代謝栄養学会第60回学術集会 2023)
  • 肝細胞癌における肥満患者への術前栄養運動介入の有用性
    (第123回日本外科学会定期学術集会 2023)
  • 頭頸部癌化学放射線療法中の体組成変化と化学療法中断・生存率との関連
    (第26回日本病態栄養学会年次学術集会 2023)
もっと見る
委員歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 日本静脈経腸栄養学会 四国支部会 世話人
  • 2016/02 - 現在 日本静脈経腸栄養学会 学術評議員
  • 2015/01/11 - 現在 日本病態栄養学会 学術評議員
  • 2017/05 - 2017/09 日本栄養改善学会 第64回日本栄養改善学会学術集会 広報委員
  • 2015/07 - 2016/06 第4回日本腎不全栄養研究会 プログラム委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2022/01/30 - 第24・25回日本病態栄養学会年次学術集会 若手研究独創賞 消化器癌患者において低筋量と低筋力のいずれが予後予測に有用か
  • 2022/01/30 - 第24・25回日本病態栄養学会年次学術集会 一般演題座長賞 消化器癌患者において低筋量と低筋力のいずれが予後予測に有用か
  • 2022/01 - 第24・25回日本病態栄養学会年次学術集会 若手研究独創賞 消化器癌患者において低筋量と低筋力のいずれが予後予測に有用か
  • 2018/03/07 - 徳島大学 医学部長 Best Teacher of the Year 2017 Best Teacher of the Year 2017
  • 2016/02/25 - 日本静脈経腸栄養学会 NUTRI YOUNG INVESTIGATOR AWARD 頭頸部癌化学放射線療法において治療開始時のクレアチニン身長係数が有害事象や治療中断にあたえる影響
所属学会 (5件):
欧州静脈経腸栄養学会 ,  日本栄養改善学会 ,  日本静脈経腸栄養学会 ,  日本病態栄養学会 ,  日本リハビリテーション栄養学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る