研究者
J-GLOBAL ID:201801006548306643   更新日: 2020年11月30日

島田 健太郎

シマダ ケンタロウ | Shimada Kentaro
所属機関・部署:
職名: 助手
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 京都大学  学際融合教育研究推進センター(地域連携教育研究推進ユニット) 
研究分野 (3件): 教育学 ,  地域研究 ,  教育社会学
研究キーワード (4件): 教育の不平等問題の国際比較 ,  比較教育学 ,  国際教育開発 ,  教育経済学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2023 教育分権の国際的な比較研究-階層的・財政的分析と多様な効果の混合的な検証を通して
  • 2016 - 2019 階層構造および教育制度の変化が世代間移動に与えた影響ーインドネシアを事例に
  • 2011 - 2012 ケニアの初等教育における学校間格差の研究-地域・文化間の就学動機の違いに注目して
論文 (6件):
  • 島田健太郎. 学校の自律性と義務教育制度の実態ー日・英・米の国際比較. 地域連携教育研究. 2020. 5. 53-65
  • 島田健太郎. インドネシアにおける自律的学校運営が学力に与える影響ーPISAを用いたマルチレベル分析. 京都大学大学院教育学研究科紀要. 2018. 64. 15-27
  • Kentaro Shimada, Zeba Khan, Suguru Mizunoya, Ayako Wakano. An Update of the Returns to Education in Kenya: Accounting both endogeneity and sample selection biases. Discussion Papers in Economics and Business from Osaka University, Graduate School of Economics. 2016. 16-18. 1-16
  • 島田健太郎. ケニアの教育の世代間持続性と教育収益率. 神戸大学. 2016
  • 島田健太郎. Student Achievement and Social Stratification: A Case of Primary Education in Kenya. アフリカ教育研究. 2010. 1. 91-109
もっと見る
MISC (6件):
  • 島田健太郎. 留年率. 国際協力用語集 第4版 国際開発ジャーナル. 2014. 293-294
  • 島田健太郎. 教育復興支援. 国際協力用語集 第4版 国際開発ジャーナル. 2014. 71
  • 島田健太郎. 効果的学校研究. 国際協力用語集 第4版 国際開発ジャーナル. 2014. 293-294
  • Kentaro Shimada. School Grant. Guidebook of Analytical Tools for Education Finance and Administration, Kobe University. 2014. 101-102
  • 島田健太郎. Schloarship. Guidebook of Analytical Tools for Education Finance and Administration, Kobe University. 2014. 99-100
もっと見る
書籍 (2件):
  • Comparative analysis on universal primary education policy and practice in Sub-Saharan Africa : the cases of Ghana, Kenya, Malawi and Uganda
    Pittsburgh Studies in Comparative and International Education Book Series (PSCIE) 2015
  • ケニアの教育と開発 : アフリカ教育研究のダイナミズム
    明石書店 2012 ISBN:9784750337081
講演・口頭発表等 (15件):
  • インドネシアにおける学校効果と学業達成ーPISA調査を用いて
    (第15回 国際教育開発フォーラム(神戸、日本) 2018)
  • International Trends in School Autonomy Using OECD-PISA Surveys: How Much Is the Decision-Making in Education Decentralized?
    (1st International Conference on Ikeda/Soka Studies in Education Uniting, Defining, and Advancing the Field: Perspectives, Practices and Possibilities 2018)
  • インドネシアの中等教育における学力格差の実態
    (第54回日本比較教育学会全国大会 広島大学 2018)
  • School Autonomy and Student's Performance in Secondary Education in Indonesia: Using PISA Surveys
    (International Symposium on Education Finance and Administration: Focused on Basic Education Quality, Internal Efficiency, and Equity, Kobe, Japan 2017)
  • インドネシアの中等教育における学業成績の規定要因分析ーPISAを事例に
    (第53回日本比較教育学会全国大会 東京大学 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2016 神戸大学大学院
  • 2008 - 2010 神戸大学大学院
  • 2002 - 2007 創価大学 教育学科
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 2020/03 神戸親和女子大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/03 京都大学 学際融合教育研究推進センター 研究員
  • 2017/09 - 2020/03 立命館大学 国際関係学部 授業担当講師(非常勤)
  • 2016/04 - 2019/03 京都大学 教育学研究科 特別研究員
  • 2013/06 - 2016/03 神戸大学 大学院国際協力研究科 地域協力政策専攻 研究助手
全件表示
受賞 (2件):
  • 2013/06 - 神戸大学六甲台後援会 凌霜賞(神戸大学六甲台後援会創立50周年記念 社会科学特別奨励賞)
  • 2011/03 - Comparative and International Education Society, 58th Annual Conference New Scholars Awards (Dissertation Workshop)
所属学会 (3件):
Comparative and International Education Society ,  日本比較教育学会 ,  国際開発学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る