研究者
J-GLOBAL ID:201801006717263681   更新日: 2021年04月18日

鈴木 大

スズキ ダイ | Suzuki Dai
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 多様性生物学、分類学
研究キーワード (3件): 爬虫両棲類学 ,  分類学 ,  系統学
論文 (23件):
もっと見る
MISC (21件):
  • 徳田龍弘, 鈴木大. エゾアカガエルによるアズマヒキガエルへの抱接. 北海道爬虫両棲類研究報告. 2021. 8. 16-16
  • 鈴木大. 札幌市における4月初旬のニホンカナヘビの交尾. 北海道爬虫両棲類研究報告. 2021. 8. 15-15
  • 細谷忠嗣, 田中求, 藤原敬大, 布施健吾, 太田徹志, 鈴木大, 御田成顕, 百村帝彦, 荒谷邦雄, 岩永史子, et al. 九州大学「持続可能な社会を拓く決断科学大学院プログラム」環境モジュールにおける屋久島実習の活動成果と今後の課題 ~6年間を振り返って~. 屋久島学. 2020. 7. 114-120
  • 鈴木大. クサガメにおける系統分類学的研究の紹介. 亀楽. 2020. 20. 12-18
  • 岡本卓, 竹内寛彦, 鈴木大. 2013年以降の日本産爬虫類の分類の変更および関連する話題について (特集 日本産爬虫両生類の分類に関する最近の動向). 爬虫両棲類学会報. 2019. 2019. 2. 202-217
もっと見る
書籍 (3件):
  • 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類: カエルやヘビのことをもっと知ろう
    東海大学出版部 2019
  • 学研の図鑑LIVE 爬虫類・両生類
    学研プラス 2016
  • アゴヒゲトカゲ百科事典
    スタジオタッククリエイティブ
講演・口頭発表等 (48件):
  • 日本産カメ類の未来
    (北海道爬虫両棲類研究会第7回大会 2019)
  • Phylogeographic studies about the freshwater turtles in the Japanese main islands
    (6th Turtle Evolution Symposium 2018)
  • 日本のカメ類の起源と遺伝子
    (科研プロジェクト(JSPS科研15K07233)報告会. シンポジウム 岡山の陸水の生き物を考える カメ類を中心に. 2018)
  • は虫類両生類がお仕事な人たちの話
    (2018年度東海大学公開講座 2018)
  • Interspecific hybridization between Mauremys japonica and M. sinensis inferred from molecular approach.
    (The 8th World Congress of Herpetology 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 京都大学大学院 生物科学専攻 博士後期課程
  • 2006 - 2008 京都大学大学院 生物科学専攻 博士前期課程
  • 2001 - 2005 東京水産大学 資源育成学科
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 東海大学 生物学部 生物学科 講師
  • 2017/04 - 2020/03 東海大学 生物学部生物学科 特任講師
  • 2014/02 - 2017/03 九州大学 持続可能な社会のための決断科学センター 助教
  • 2012/10 - 2014/01 九州大学大学院 比較社会文化研究院 学術研究院(特任助教)
  • 2011/04 - 2012/09 東京海洋大学 海洋科学部 学術研究員
委員歴 (1件):
  • 2019/01 - 現在 日本爬虫両棲類学会 英文編集委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る