研究者
J-GLOBAL ID:201801006736637320   更新日: 2023年01月19日

角 啓佑

Sumi Keisuke
研究分野 (1件): その他
論文 (91件):
  • 阿武 茉利, 藤岡 洋平, 高橋 雅子, 伊藤 祐一, 庄司 恭子, 角 啓佑, 松澤 和彦, 伊澤 正一郎, 谷口 晋一, 山本 一博. Dulaglutide導入後の悪心に関連する因子についての検討. 糖尿病. 2022. 65. 11. 626-626
  • 阿武 茉利, 藤岡 洋平, 高橋 雅子, 伊藤 祐一, 庄司 恭子, 角 啓佑, 松澤 和彦, 伊澤 正一郎, 大倉 毅, 谷口 晋一, et al. GLP-1受容体作動薬導入後の悪心に関連する因子についての検討. 糖尿病. 2021. 64. Suppl.1. P-3
  • 伊藤 祐一, 阿武 茉利, 北尾 苑子, 松本 和久, 角 啓佑, 藤岡 洋平, 伊澤 正一郎, 大倉 毅, 谷口 晋一, 山本 一博. 糖尿病患者においてiCGMの測定値はTBRによって影響をうける. 糖尿病. 2021. 64. Suppl.1. P-6
  • 種田 夏香, 北尾 苑子, 伊藤 祐一, 松本 和久, 角 啓佑, 中村 理沙, 藤岡 洋平, 伊澤 正一郎, 大倉 毅, 谷口 晋一. 混合製剤からアナログ製剤へ変更後インスリン抗体陽性となり血糖管理に難渋した1例. 糖尿病. 2020. 63. 9. 653-653
  • 庄司 恭子, 藤岡 洋平, 石井 有李子, 太田 友樹, 木原 さくら, 深谷 健二, 末田 光, 門脇 佳名子, 阿武 茉利, 北尾 苑子, et al. 糖尿病合併症と東大式エゴグラムの関連についての検討. 糖尿病. 2020. 63. Suppl.1. S-124
もっと見る
MISC (15件):
  • 庄司 恭子, 大倉 毅, 太田 友樹, 小倉 有李子, 阿武 茉利, 有馬 那帆, 北尾 苑子, 伊藤 祐一, 松本 和久, 中村 理沙, et al. 糖尿病治療自己中断歴と東大式エゴグラムの関連についての検討. 糖尿病. 2018. 61. Suppl.1. S-167
  • Tsuyoshi Okura, Kei Teramoto, Rie Koshitani, Sonoko Kawamoto, Yuichi Ito, Yohei Fujioka, Keisuke Sumi, Kyoko Shoji, Risa Nakamura, Kazuhisa Matsumoto, et al. The Glucose Monitoring System Reduces the Incidents of Glucose Measurement. DIABETES. 2017. 66. A237-A237
  • Tsuyoshi Okura, Youhei Fujioka, Risa Nakanishi, Hideki Shiochi, Keisuke Sumi, Kyoko Shoji, Ayumi Murawaki, Kazuhiko Matsuzawa, Schoichiro Izawa, Chieko Sakai, et al. 20/(Fasting C-Peptide x Fasting Plasma Glucose) Is a Novel Index of Insulin Resistance with Small Effect of Hepatic Insulin Clearance. DIABETES. 2015. 64. A496-A496
  • Y. Fujioka, T. Ohkura, K. Shoji, K. Sumi, H. Shiochi, N. Yamamoto, K. Matsuzawa, A. Murawaki, S. Izawa, H. Ohkura, et al. Normal meal tolerance test is more valuable than glucagon stimulation test in type 2 diabetes. DIABETOLOGIA. 2014. 57. S210-S210
  • Shoichiro Izawa, Kazuhiko Matsuzawa, Keisuke Sumi, Youhei Fujioka, Naoya Yamamoto, Hideki Shiochi, Risa Nakanishi, Tsuyoshi Ohkura, Hiroko Ohkura, Masahiko Kato, et al. Preoperative Management of I-123-Metaiodobenzylguanidine Positive Tumors Mimicking Pheochromocytoma. ENDOCRINE REVIEWS. 2014. 35. 3
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2009 - 現在 鳥取大学医学部附属病院病態情報内科学
所属学会 (3件):
日本内分泌 ,  日本糖尿病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る