研究者
J-GLOBAL ID:201801006807633194   更新日: 2021年09月16日

大我 政敏

オオガ マサトシ | Masatoshi Ohga
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 動物生理化学、生理学、行動学 ,  実験動物学 ,  動物生命科学
研究キーワード (3件): 円形精子細胞注入胚 ,  個体形成能 ,  円形精子細胞注入(ROSI)胚
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2022 着床前初期胚発生期に生じた代謝記憶の生殖系列への継承
  • 2019 - 2021 生きたまま胚を解析する新技術zFRAPによるROSI胚の低産仔率の原因究明と改善
  • 2020 - 生きたまま胚を解析する新技術zFRAPによるROSI胚の低産仔率の原因究明と改善
  • 2019 - 2020 zFRAP 法による生きたマウス1細胞期胚の個体形成能評価法の確立
  • 2019 - 2020 生きたまま胚を解析する新技術zFRAPによるROSI胚の低産仔率の原因究明と改善
全件表示
論文 (21件):
  • Masatoshi Ooga, Rei Inoue, Sayaka Wakayama, Satoshi Kamimura, Teruhiko Wakayama. Parental Conflicting Role Mediates Regulation of The Chromatin Structure in The Mouse Zygote. 2021
  • Daiyu Ito, Sayaka Wakayma, Rina Emura, Masatoshi Ooga, Teruhiko Wakayama. Mailing viable mouse freeze-dried spermatozoa on postcards. iScience. 2021
  • Sayaka Wakayama, Daiyu Ito, Yuko Kamada, Toru Shimazu, Tomomi Suzuki, Aiko Nagamatsu, Ryoko Araki, Takahiro Ishikawa, Satoshi Kamimura, Naoki Hirose, et al. Evaluating the long-term effect of space radiation on the reproductive normality of mammalian sperm preserved on the International Space Station. Science Advances. 2021. 7. 24. eabg5554-eabg5554
  • Shunsuke Konno, Sayaka Wakayama, Daiyu Ito, Kousuke Kazama, Naoki Hirose, Masatoshi Ooga, Teruhiko Wakayama. Removal of remodeling/reprogramming factors from oocytes and the impact on the full-term development of cloned embryos. Development. 2020. 147. 15. dev190777-dev190777
  • Naoki Hirose, Sayaka Wakayama, Rei Inoue, Junya Ito, Masatoshi Ooga, Teruhiko Wakayama. Birth of offspring from spermatid or somatic cell by co-injection of PLCζ-cRNA. Reproduction. 2020. 160. 2. 319-330
もっと見る
MISC (8件):
講演・口頭発表等 (8件):
  • 円形精子細胞由来雄性前核に異常なヒストン 修飾を引き起こすヒストン変異体の探索
    (日本生殖発生医学会 第15回学術集会 2020)
  • マウス1細胞期胚のクロマチン構造の"緩み"におけるParental asymmetryの形成機構について
    (日本生殖発生医学会 第15回学術集会 2020)
  • マウスROSI胚の雄性前核におけるエピジェネティックな異常とTSA処理が及ぼす影響
    (日本生殖発生医学会 第15回学術集会 2020)
  • Mechanisms of the establishment for parental asymmetric chromatin structure in mouse zygotes
    (The second international conference on cell reprogramming and reproductive biotechnology 2019)
  • Identification and correction of epigenetic abnormalities in male pronuclei of mouse ROSI-zygote
    (The second international conference on cell reprogrammingand reproductive biotechnology 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • Doctor of Philosophy (The University of Tokyo)
  • 博士(生命科学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2021/07 - 現在 カリフォルニア大学 デービス校 College of Bioscience (Namekawa Lab.) 訪問研究員
  • 2021/04 - 2022/03 東北大学 東北大学加齢医学研究所 共同研究員
  • 2017/01/01 - 2019/03/31 山梨大学 大学院 総合研究部 生命環境学域 生命農学系(生命工学) 特任助教
  • 2016/02/01 - 2016/12/31 山梨大学 大学院 発生工学研究センター 特任助教
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 株式会社 ヤクルト本社 開発部 研究員
受賞 (5件):
  • 2020/03 - 日本生殖発生医学会 学術奨励賞 マウス1細胞期胚のクロマチン構造の"緩み”におけるParental asymmetryの形成機構について
  • 2016/09 - 日本繁殖生物学会 Journal of Reproduction and Development Outstanding Paper Award 2015 Japan
  • 2016/02 - 第一回核移植研究会 John Gurdon Poster Award
  • 2014/08 - 日本繁殖生物学会 優秀発表賞(口頭発表部門 ) Japan
  • 2011/05 - 日本哺乳類卵子学会 学術奨励賞 3D-FISH法による卵及び初期胚の遺伝子局在解析
所属学会 (1件):
日本繁殖生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る