研究者
J-GLOBAL ID:201801006814291665   更新日: 2020年10月07日

吉川 圭介

Yoshikawa Keisuke
所属機関・部署:
職名: 専任講師
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2021 社会的行動に障害をきたす認知症の発症メカニズムの解明
  • 2018 - 2021 消化管の脂質センサーを起点とした腸脳相関と作用点とした神経疾患治療への応用
  • 2019 - 2020 多発性硬化症治療への生理活性脂質の応用
  • 2016 - 2018 環状ホスファチジン酸類縁体による多発性硬化症治療薬の開発
  • 2016 - 2018 口腔内最近が産生する炎症物質の脳血液関門・神経疾患への影響
全件表示
論文 (33件):
  • Shimizu Y, Fukasawa K, Yamamoto S, Shibaike Y, Tsukahara R, Ishikawa M, Iwasa K, Yoshikawa K, Gotoh M, Murakami-Murofushi K. Evaluation of the pharmacokinetics of 2-carba-cyclic phosphatidic acid by liquid chromatography-triple quadrupole mass spectrometry. Prostaglandins & other lipid mediators. 2020. 150. 106450
  • Shibaike Y, Gotoh M, Ogawa C, Nagajima S, Yoshikawa K, Kobayashi T, Murakami-Murofushi K. 2-Carba cyclic phosphatidic acid inhibits lipopolysaccharide-induced prostaglandin E2 production in a human macrophage cell line. Biochemistry and Biophysics Reports. 2019. 19. 10068
  • Tsukahara R, Yamamoto S, Yoshikawa K, Gotoh M, Tsukahara T, Neyama H, Ishii S, Akahoshi N, Yanagida K, Sumida H, et al. LPA5 Signaling is involved in Multiple Sclerosis-mediated Neuropathic Pain in the Cuprizone Mouse Model. Journal of pharmacological sciences. 2018. 136. 3. 93-96
  • Shimizu Y, Ishikawa M, Gotoh M, Fukasawa K, Yamamoto S, Iwasa K, Yoshikawa K, Murakami-Murofushi K. Quantitative determination of cyclic phosphatidic acid and its carba analog in mouse organs and plasma using LC-MS/MS. J Chromatogr B. 2018. 1076. 15-21
  • Miho Hashimoto, Shinji Yamamoto, Kensuke Iwasa, Kota Yamashina, Masaki Ishikawa, Kei Maruyama, Francesca Bosetti, Keisuke Yoshikawa. The flavonoid Baicalein attenuates cuprizone-induced demyelination via suppression of neuroinflammation. BRAIN RESEARCH BULLETIN. 2017. 135. 47-52
もっと見る
特許 (3件):
  • タウタンパク質のリン酸化が亢進された非ヒトモデル動物の製造方法
  • 脱髄疾患治療薬
  • 樹木成分由来の抗癌剤
講演・口頭発表等 (48件):
  • 記憶学習およびアミロイドβタンパク質に対する森林由来天然資源の効果
    (第29回神経行動薬理若手の集い 2020)
  • ウルソール酸の脱髄抑制効果
    (第29回神経行動薬理若手の集い 2020)
  • 環状ホスファチジン酸のミエリン再生促進メカニズム解析
    (第28回神経行動薬理若手の集い 2019)
  • 食事性肥満が神経炎症、海馬発達に及ぼす影響
    (第28回神経行動薬理若手の集い 2019)
  • 然発症アルツハイマー病モデル・デグーの疾患関連遺伝子解析
    (第28回神経行動薬理若手の集い 2019)
もっと見る
学位 (3件):
  • 農学学士 (九州大学)
  • 森林資源科学修士 (九州大学大学院生物資源環境科学府)
  • 医学博士 (東京大学大学院医学系研究科)
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 日本薬理学会 評議員
  • 神経行動薬理若手の会 世話人
受賞 (1件):
  • 2019/08/04 - 7th China-Japan joint meeting of basic and clinical pharmacology Excellent Oral Presentation Award of Young Scientist
所属学会 (6件):
ECTRIMS (European committee for treatment and research in Multiple Sclerosis) ,  Society for Neuroscience ,  日本神経化学会 ,  日本薬理学会 ,  日本脂質生化学会 ,  神経行動薬理若手の会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る